読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

春だ!餃子マラニックしよう!「ランニングマガジン クリール」読後の誓い

今月号は、「ランニングマガジン クリール」も面白かった。 ランニングマガジンクリール 2017年 05 月号 「ランナーズ」同様、僕は、2010年の12月から定期購読中で、本棚の中には、読み切れなかったバックナンバーが揃っている。

「餃子の丸満@古河」で餃子尽くしのアフターラン!(後編)

(承前) 焼餃子が来た! 黄金色のフォルムが美しい。 ただ、いわゆる普通の餃子とは、ビジュアルが全く異なっていて、ホワイト餃子に近い。…というか、ホワイト餃子そのものという感じもする。

「餃子の丸満@古河」で餃子尽くしのアフターラン!(前編)

レース前から、決めていた。 折角古河まで遠征するのだから、アフターランには、現地の名物餃子を食べたいのが心情。 それが、美酒に酔いしれながら…なのか、憂さ晴らしになるのかはわからなかったけれど、いずれにしても、迷いはなかった。 僕にとって、ラ…

「餃子とワイン屋@大森」で、ランナーだらけの貸切餃子ナイト!(後編)

(承前) 焼餃子が来たーーーーーーっ! 小ぶりながら、こんがりと、ぷっくりとした、魅惑的な餃子だ。 コース料理の一環として出てきたものだが、それでも、ひとりあたり10個もあるということだったので、十分に堪能することができた。

「餃子とワイン屋@大森」で、ランナーだらけの貸切餃子ナイト!(前編)

大森駅東口から、徒歩5分。 ちょっとわかりにくい場所にあるビルの地下に、その店は、ひっそりと存在していた。 2月にオープンしたばかりの新店。 餃子とワイン屋、だ。 生ビール200円!ハイボール180円!ハウスワイン250円! 実に安い。 その上に、餃子が売…

ラン疲れに効く、御徒町「珍満」の《手のし》健康餃子

御徒町駅北口から、徒歩1分。 ちょっと脇道に入ったところにあるが、いつも賑わっている人気店だ。 「手のし餃子 湯麺」の派手な赤い看板が目印の「珍満」。 昭和25年創業の老舗。昭和の香りのする店で、僕は、学生時代から贔屓にしている。

「ぎょ~天丼」を食べるためだけに行きたい、てんや@浜松天王町

まさに、仰天、だ。 餃子の天丼! いやぁ、これは食べたい。本当に食べたい。美味しいに決まっているからだ。 僕は、基本的に、餃子のまがい物は否定する立場で、手羽餃子などは断じて認めない。 その大きな理由は、10日前のエントリーで詳しく書いたが、ひ…

餃子味は、餃子の味じゃない!と思う、たったひとつの理由

僕は、餃子をこよなく愛している。 だから、友人などから、餃子的なものなら、何でも好きなんじゃないかと思われることがあるのだけれど、それは誤解だ。 むしろ、逆。餃子が好きだからこそ、餃子の名を騙る《紛い物》には反発を覚える。 以前のエントリーで…

「湖月」の餃子&隠し調味料に癒された、4年目の別府

ということで、今年も僕は別府に来ている。 メインの目的は、もちろん…。 この大会である筈…なのだけれど、僕にとっては、もうひとつ、大きな目的があった。

みなとみらいラン帰り…最高の餃ビーに酔いしれた週末(後編:今度はみんなで食べたい、「福仙楼」@野毛の焼餃子)

(承前) 焼餃子来たーーーっ! このエントリー3日目となる後編で、ようやく登場だw みなとみらいを走っている時から、脳裏には焼餃子があり、その渇望は、入店後のビールで頂点に達していたため、本当に嬉しかった。 餃子の隣にある、iPhone SEは、サイズ比…

みなとみらいラン帰り…最高の餃ビーに酔いしれた週末(中編:「福仙楼」@野毛、を発見した感激)

(承前) 見つけた! この日、僕が目指した地。 なかなか辿り着けなかった店、「福仙楼」だ。 いざ発見してしまえば、その場所は、「三陽」や「萬里」などの至近だったのだけれど、ちょっとした小道に入っているため、かなりわかりにくい。 果たして、こんな…

みなとみらいラン帰り…最高の餃ビーに酔いしれた週末(前編:「三幸苑」閉店のお知らせ)

とにかく寒い。 今日は、晴れているものの、とにかく北風が凄くて、身体に応える日になっている。寒がりの僕にはつらい1日だ。 気温だけ見れば、先週末の方がもっと低かったのだけれど、先週の僕は、気持ちよく走っていた。 大好きな横浜、みなとみらいコー…

開いてた!「名前のない餃子屋」の、絶品ジューシー餃子に歓喜!!

「名前のない餃子屋」@三田。 めちゃめちゃ美味しい肉餃子。かりっとぷくっとした餃子で、餡がたっぷり詰まっている。

「名前のない餃子屋」に振られ…「りょう華」でリベンジした、三田の昼下がり

先週。 正月出勤の代休をとった日の話。 僕は、とびきりの昼食をとるために、港区の三田まで遠征した。 僕の仕事は基本的に内勤で社食もあるため、平日外でランチを食べることは滅多にない。 だから、こういった機会は非常に貴重だった。 平日休暇の日、僕は…

タイムスリップ空間で極上餃子を!「80年代酒場 部室」に陶酔した夜

神田駅から徒歩1分。 僕は、ついに「部室」へ辿りついた。 昨年秋の「dancyu」餃子特集号を読んで以来、ずっと、行きたいと思っていた店。 なかなかタイミングが合わず、行けずにいたのだけれど、ようやく念願が叶った。

今年は酉年…なので、「赤坂よ志多」で餃子初め!

今年は、酉年。 と言っても、1年間で干支を特に意識するのは、お正月期間だけ…というようなイメージがある。 だから、松の内が明けてしまう前に、どうしても行っておきたい店があった。 赤坂の「よ志多」だ。 僕は、これまでに行ったことがない店だったのだ…

2016年まとめ:餃子系エントリー10選(後編)

(承前) ランと餃子は相性がいい。 餃子店を巡りながらのマラソンについては、前回のエントリーで書いたのだけれど、それだけのタッグではない。 アフターランにおいても、餃子は、実に魅力的。 小麦粉の皮は炭水化物なので、ランで失った糖質を補給でき、…

2016年まとめ:餃子系エントリー10選(中編、あるいは餃子マラソン編)

(承前) あえなく撃沈した東京~宇都宮ひとりマラソン。 一応完走できたとはいえ、餃子を全く食べられないというのでは、わざわざ走った意味が皆無とも言える。 だから僕は、当然リベンジをするべく、ひとり餃子マラソンの企画を練った。 ただ、流石に100km…

2016年まとめ:餃子系エントリー10選(前編)

2017年になってしまった。 個人的には、去年は、あまりいい年ではなかったように思うので、きっぱり振り切って、心機一転、今年に賭けようかとも思った。 しかし、折角毎日ブログを書いているのだから、その記録については、自分なりに整理しておきたい。 と…

足柄峠走打ち上げ! in登戸「よしだ」&「餃子でワッショイ」

足柄峠走は、とにかく素晴らしい。 今回は、最高のラン仲間と一緒に走れたし、前週のリベンジも叶ったので、尚更そう思う。 足柄峠走の基点となる山北は、都内から行くにはちょっと不便な場所だけれど、着いてしまえば楽園だ。

「東亭」の生餃子買い出しで暮れていく1年

都内には、無数の美味しい餃子店がある。 僕は、生粋の餃子好きを自負しているけれど、まだまだ有名店でも未訪問の店が多い。 だから、僕の東京餃子店ベストワンは、あくまで「暫定」になるのだけれど、それでも、もう、8年以上動かない。 東池袋にある、東…

2016.12 ヨコハマ・野毛餃子巡り(その3:あとを引く味よ、永遠に。あぁ、思い出の「三幸苑」が…。)

野毛という町が魅力的なのは、コンパクトな区画に、味わい深い店が集中していること。 店のジャンルは多岐に及んでいるので、どんな料理でも、簡単にハシゴグルメが堪能できる。 餃子においてもそれは同様で、だから僕は、「萬里」を出たあと、すぐに、目的…

2016.12 ヨコハマ・野毛餃子巡り(その2:焼餃子発祥の地「萬里」で懐かしの味に浸る)

「三陽」で、ニンニクがっつり餃子を食した後は…。 斜向かいにある「萬里」に行くことにした。 焼餃子発祥の店らしいのだけれど、店頭などでそれを主張することはなく、至ってオーソドックスな「町の中華店」という佇まいだ。 過激で派手な「三陽」を出たあ…

2016.12 ヨコハマ・野毛餃子巡り(その1:飛びっぷり健在!「三陽」のニンニクがっつり餃子)

横浜港ランの後は、野毛に繰り出した。 久しぶりに、野毛の餃子店を巡りたいなぁと思ったのだ。 この日はひとりだったので、そんなに量は食べられない。ということで、餃子だけに徹してのハシゴランチを計画した。 まずは…何と言っても、この店に行きたかっ…

「帆@馬喰町」で、餃子尽くしの夜!計11種の個性派餃子を堪能(後篇)

(承前) そのビジュアルに驚愕。 果たしてこれは、餃子、なのだろうか…? そう思ってしまうほど、僕は大きな衝撃を受けた。これまで出てきた餃子たちも十分個性的だったが、そのすべてを上回るインパクト。 豆腐餃子。 と、言っても、餃子の中に豆腐が入っ…

「帆@馬喰町」で、餃子尽くしの夜!計11種の個性派餃子を堪能(中篇)

(承前) それからやってきたのは、まさに、驚異の餃子尽くしだった。 餃子は、多種多彩な具を入れることが可能だから、「尽くし」企画には向いた料理なのだけれど、具をすっぽりと包んでしまうため、外からは区別がつきにくい。 だから、例えば、新橋「一味…

「帆@馬喰町」で、餃子尽くしの夜!計11種の個性派餃子を堪能(前篇)

馬喰町。 東京エリアの人以外には、かなりの難読地名なのではなかろうか。 都内在住の人であっても、土地勘が薄いと、「いったいどこ?」と思う人もいそうな気がする。 しかし、この《ばくろちょう》エリアは、実は、人形町や東日本橋などにも近く、決して寂…

板橋「栄児」で水餃子ローディング!できなかった痛恨

つくばマラソン前日。11月19日。 僕は、餃子を食べまくるつもりだった。 レース直前には、スタミナ源となるカーボ(炭水化物)をしっかりとっておくことが必要。 餃子は、小麦粉の皮で包まれているので、もちろん炭水化物は豊富。だから、カーボローディング…

2016.秋の発作的餃子ラン!(その5:ロングランの疲れを癒してくれた、西八王子の発酵餃子定食)

(承前) 国道20号線、日野バイパス。 僕は、しばらくの間、この道を淡々と進んだ。 ジャンボギョーザでスタミナを補給したし、あとは、最終目的地に向かうだけ。楽勝…の筈だった。 しかし。なんだかんだでここまで40km超を走ってきていたため、身体は想定以…

2016.秋の発作的餃子ラン!(その4:谷保「南京亭」のジャンボギョーザでスタミナを補充!)

(承前) 井の頭公園ランでリフレッシュしたあと、僕はひたすら、中央線沿いを走った。 この沿線は、ストレートコースが続く上、歩道も整備されているので、とても走りやすい。

2016.秋の発作的餃子ラン!(その2:【24時間眠らない】吉祥寺「谷記」のニラ水餃子)

(承前) 早朝から餃子を食べられる店は、非常に少ない。 もちろん、ファミリーレストランなどで食べることはできるだろうけれど、折角の餃子ランなのだから、そういった画一的なもので妥協はしたくなかった。 ということで、今回、僕は、目的地までの間、24…

2016.秋の発作的餃子ラン!(その1:夜明け前に駆け込んだ「新宿駆け込み餃子」の焼餃子と水餃子)

時は先月下旬。 ふと、食べに行ってみたい餃子店を見つけた。ただ、僕の家から電車で行くと、結構な距離があり、乗り継ぎも必要なので、ちょっと面倒な気もした。 行くならば週末しかないし、でも、週末はロングランしたいし…と色々思案しているうちに、絶好…

GYOZA Loading in CHICAGO「Three Happiness」

フルマラソンは、大量にカーボ(炭水化物)を消費するスポーツ。 だから、レース直前の時期、身体にカーボを詰め込む「カーボローディング」という栄養摂取法がよく知られている。 パスタなどで行われることが一般的だと思うのだけれど、パスタの原料は、小…

祝!「餃子坊 豚八戒」復活!!歓喜に震えた再開レポート(後編)

(承前) …そして。 看板娘の長女:華餃子 餃子来たーーーーっ!

祝!「餃子坊 豚八戒」復活!!歓喜に震えた再開レポート(前編)

いったいどれだけ、復活を待ち侘びていただろう。 休業直前の2月末、何とか行けてよかったのだけれど、再開日は未定となっていたため、僕は本当に落ち着かなかったのだ。 阿佐ヶ谷「豚八戒」は、僕がこよなく愛する餃子店のひとつ。 5種5様の絶品餃子もさる…

札幌・豊平峡のONSEN食堂で、「餃子の具」入りのナンに出会った!

北海道マラソン翌日の朝。 僕は、ラン仲間の友人とともに、レンタカーで札幌市の郊外へ出かけた。レースの疲れを癒すべく、温泉&美味しい食事を堪能しようと思ったのだ。 僕らが向かった先は、一大温泉地として有名な定山渓温泉の少し先にある…。 豊平峡温…

「dancyu 餃子心酔。」特集号で、2年前の感動が再燃!

すっかり紹介が遅れてしまった。 dancyu、2年ぶりの餃子特集。 いつもの僕なら、発売日の夜明け前ラン中に、コンビニでゲットして、即レビューしていた筈なのに…痛恨だ。 dancyuの発売日は毎月6日なので、あと5日もしたら、もう、次の号が出てしまうではない…

安くて美味しい!「マルエツの生餃子」が気に入った!

我が家の冷蔵庫、冷凍庫には、いつも必ず餃子がある。 その中で、絶対の本命は、池袋「東亭」の餃子で、これを食べない週はない。ただ、とにかく購入の敷居が高いので、食べまくって在庫が尽きてしまう時もある。 そんな時は、王将の生餃子や市販の冷凍餃子…

餃子、新時代!「関西ウォーカー」渾身の餃子特集号が発売!!

いい時代になったものだ。 昨日、8月9日発売の関西タウン誌が、東京にいながらにして、発売日当日に入手できるなんて。 僕は、喜びを隠せなかった。 「関西ウォーカー」は、その名の通り、基本的には、関西地区限定のリージョナル雑誌で、関東圏書店での入手…

「大阪王将餃子ぶらり旅」コンプリートーーっ!

達成感が半端じゃない。 わずか1日にして、ぶらり旅を制覇した喜びは格別だ。 僕らは昨晩、この企画に参加し、全ての餃子をコンプリートすることができた。 今朝は、まだ餃子の余韻が残っていてお腹が苦しいのだけれど、その余韻が消えないうちに、ぶらり旅…

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(後編)

(承前) 餃子「焼き焼き」の会。 しかし、焼かない餃子も、もちろん餃子だ。東亭の餃子が、ちょっと焦げすぎてくどい味になってしまったため、僕らは、僕が箸休め(?)として持参した、水餃子を食べることにした。 これは、どこの餃子かおわかりだろうか。…

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(幕間:東亭餃子三態)

(承前) 僕が、東京一美味しいと思っている東亭の焼餃子。 皮のカリカリ感ともちもち感のバランス、ザクザクの野菜と肉が織りなすハーモニー。何から何まで素晴らしい。 店舗で食べるその餃子は、焼き色までも感動的だ。 見ているだけで喉が鳴る。ただ、前…

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(中編)

(承前) 餃子キターーっ! 僕は、思わず歓声を上げそうになった。 入手困難なため、これまで食べたことのなかったクロワッサン餃子。それが、見事な焼き色で目の前に現れたのだ。歓声を上げたくもなる。 実食。 実に独特な食感。クロワッサン餃子という名の…

「お取り寄せ餃子焼き焼きの会」に酔いしれた1日(前編)

去年の5月。 僕は、都内某所にある友人宅に誘われて、手作り餃子&中華三昧の宴に参加した。 僕は不器用なので、餃子作りには殆ど貢献できなかったのだけれど、本当に楽しい宴だった。 あれから1年2ヶ月。ふたたび僕は、その友人から誘っていただいた。 今年…

福島餃子っぽくない、「麺庄」の小籠包風焼餃子

旅先での大きな楽しみは、夜明けランと餃子。 だから僕は、今年の福島遠征においても、それを堪能するつもりだった。 今回、夜明けランについては、とびきりハードな峠走を堪能することができた。次は、餃子だ。 福島餃子と言えば…。 せっかく福島に来たので…

餃界騒然、空前絶後のレシピ集!「餃子の創り方」(著:パラダイス山元)が遂に発売!!

今日、7月15日発売。 しかし、一般書籍の場合は、その前日、大手書店に並ぶのが慣例なので、僕は、昨日ゲットできると信じ、入荷次第の連絡を書店に頼んでいた。 夜になって、大手書店の担当者から入荷連絡が入った。首都圏地区はゲリラ豪雨の真っ最中だった…

半年経って振り返る2016年の抱負

気がつけば、7月。 ついこの間2016年が明けたと思っていたのに、気がつけば、もう、半年が経過していた。月日の経つのは、本当に早い。僕も歳をとるわけだ…。 半年が経過したので、例によって、年初にたてた抱負を振り返ってみようと思う。 今、あらためて読…

マラソン大会前日の朝だから…「王将の水餃子」が最高!

マラソン大会の前日は、身体に十分なエネルギーを補給する日。 好きなものを、好きなだけ食べていい、最高の1日だ。 レース直前は、体重を増やさないよう、炭水化物、糖質を控えめにしてきたが、前日は、むしろそれを積極的に食べていいというのが素晴らしい…

「モモは、餃子だ!」と、実感した、ネパール家庭料理の宴 in TAAL(駒込)

東京、駒込の閑静な住宅街に、ひっそりとその店は佇んでいた。 店の名は「TAAL」。 僕は、昨晩、同僚とこの店を訪れた。クーポンサイトのGROUPONで、お得なクーポンをゲットしたからだ。

何から何まで素晴らしい!「東京ウルトラマラソン」イベントに酔いしれた1日(後編)

(承前) 40kmを走った後。 「こあしすエイド」と名付けられた、その地に辿り着いて、「それ」を見た時、僕は思わず雄叫びを上げそうになった。 サプライズ!水餃子!! 餃子来たーーーっ! まさかの水餃子登場だ。 走り始めてすぐの頃、常連の方から「エイ…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ