餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子

カリッ、サクッ、ジュワー!「祥雲@神戸三宮」の軽ウマ餃子に惚れた!

これぞまさに、餃子専門店の趣だ。 赤一色に彩られた店頭。輝く餃子の文字。 店名である「祥雲」と「餃子」以外には、殆ど情報がない。しかし、それがこの店の矜持なのだろう。 餃子に対する、並々ならぬ自信を感じさせる店だ。 僕にとっては、念願の訪店だ…

秘伝レシピ、超変わり種、究極のフライパン!まさに「餃子マニア」必読本が出た!!

久しぶりに、ビビッときた餃子本が登場した。 餃子マニア/エイ出版社 その名も「餃子マニア」だ。 都内には、「ギョウザマニア」という餃子専門店があるのだけれど、その店と、直接の関係はない(その店を紹介したコラムページはある。)ようだ。 なんと言…

ジュネーブで餃ビー!(焼餃子&韭菜盒子)

その店は、ジュネーブ中央駅のすぐ近くにあった。 店名などはよくわからなかったが、この色彩は、間違いなく中華料理店だ。 近づいてみると、「京宴 Pékin Palace」という名前であることが判明。 そして、正面のガラスに貼られていた、中国語のメニューの一…

Genève「Wasabi Sushi Bento Bar」 潜入(?)レポート

ジュネーブのスーパーで、市場調査を終えた僕は、そのまま街に繰り出した。 ただ、ちょっと難航。 僕は、「焼餃子で餃ビー!」という気分になっていたのだけれど、あいにく、 これといった店がすぐに見つからなかった。 ジュネーブで中華、さらに焼餃子があ…

Gyoza’s situation in Genève

ジュネーブは、もちろんスイスの都市だけれど、フランスだ。 そう感じてしまうほど、街なかではフランス語が溢れていた。 ジュネーブと言えば、世界に名だたる国際都市だから、英語も普通に通じるだろう…と思ったが、甘かった。 これはあとで知ったことなの…

「紅葉園@神戸三宮」のニラ玉餃子が最強すぎた!

GW(Gyoza Week)も、いよいよ今日で終わってしまう。 今年のGWは、残念ながらどこにも旅行に行けなかったので、せめて、ブログの中だけでも旅をしよう。 ということで、今回は、神戸三宮の店をご紹介させていただく。 …って、単に紹介を忘れていただけなの…

餃子よりも外せない「粥菜坊@武蔵小杉」の個性派料理たち

時は、横浜駅伝(4/29)後に遡る。 まだ平成の話が続くのかよ、と言われそうだけれど、GW(Gyoza Week)としては繋がっているので問題ないw それに、今のうちに書いておかなければ、GWが終わってしまうではないか。 ということで、今回は、この店の話をさせ…

平成の餃ビー納め!にふさわしかった「三組の焼餃子」

来たーーーーっ! 僕は、心の中で快哉した。 豪快な羽根を纏った「三組の焼餃子」登場だ。 三組と言っても、餃子が3セット出てくるわけじゃない。これは、店名(餃子のさんくみ)に由来している。 なぜ店名が「さんくみ=三組」なのかについてはよくわからな…

餃子のさんくみ@立川で、クイーンライブの余韻に浸る

一夜明けたら、令和一色。 昨日は、テレビでも、SNSでも、令和の話題で溢れていた。まるで新年を迎えたような雰囲気。 ということで、《令和初》のネタを書きたいのだけれど、僕には、《平成の積み残し》が多数残っているので、それを先に書かせていただくこ…

「GW(Gyoza Week)スタンプラリー」のハードルが高すぎる件

今日の夜明け前。 都内のロードを走っていたら、こんなポスターが目についた。 それは、首都圏で勢力を伸ばしつつあるチェーン店「ダンダダン酒場(肉汁餃子製作所)」のポスターだった。 そこでは、餃界用語であるGyoza Weekが大々的にPRされており、僕は、…

「五十番」@立川で、ひたすら餃子を食べ続けた昼下がり

「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ明けの昼下がり。 僕は、立川の「五十番」で、その余韻に酔いしれていた。 思えば、朝の峠走から、たいしたものを食べていなかったので、五臓六腑にビールが染み渡った。 僕は、普段、それほど大食ではないのだけれど、この…

《技あり!dancyu ギョーザ》で、家餃子が10倍美味しくなる?!

それは、近所のコンビニ雑誌コーナーで、ふと僕の目に留まった。 最近僕は、コンビニで雑誌を買うことが少なくなり、コーナーをスルーしてしまうことも多かったので、ほんの偶然だった。 そこには、《技あり!dancyu》シリーズがずらずらと並んでいたが、カ…

どストライク!「太陸@川崎」のザクザク野菜餃子に惚れた!

10回目の「ボヘミアン・ラプソディ」鑑賞後。 イタリアの街並みを模した、「ラ チッタデッラ」の華やかなイルミネーションに目もくれず、僕は、一目散に、大陸へと向かった。 いや。大陸じゃない。 「太陸」だ。 店頭にはためく、真っ赤な暖簾の競演。強烈な…

成田ウェンブリーから沖縄へトリップ!?「しんゆう GUSUKU」の餃ビー&ゴーヤチャンプル

成田ウェンブリーからの帰り道。 「あきら」に振られた僕は、傷心で夜の成田を彷徨っていた。 あぁ、早く代わりの餃子店を見つけなければ…。 僕は、あくまで餃子ランナーである以上、餃子難民になることだけは避ける必要がある。 最近、ランナーの肩書きはち…

「あきら」にふられて…成田で餃子難民になりかけた夜

成田ウェンブリーの余韻は、最高の餃ビーで味わおう。 あの日。僕は、出かける前からそう決めていた。 成田「HUMAX」ウエンブリーは、日本三大ウェンブリーの一角。 残りの2つとなる、立川「シネマシティ」ウェンブリーと、川崎「チネチッタ」ウェンブリーで…

池袋「楊2号店」で、圧巻の餃ビー締め #キン肉マンスタンプラリー

「スタンプラリー」×「ラン」×「餃子」コラボエントリー、第三弾。 ただ、ここ2回のエントリーを読み直すと、果たしてコラボになっているのかどうかは甚だ疑問。 キン肉マンもスタンプラリーも、関係ないんじゃないか? 単に餃子のことが書きたいだけなんじ…

コスパ最高餃子@アメ横「八仙宮」 で、待望のカーボ補給! #キン肉マンスタンプラリー 

ということで、途方に暮れていた僕たちを救ってくれたのは、この店だった。 今回、一緒に走っていた友人が、アメ横の路地で偶然見つけたのである。 ただ、店に入る前は、少しだけ躊躇った。 僕らは、美味しい餃子を食べるために、ランを続けてきた筈だ。 そ…

餃子エイド「昇龍」に入れなかった痛恨 #キン肉マンスタンプラリー

とにかく寒かった。 この日は、冷たい北風が強く吹いており、非常に厳しい寒さだったのだ。 僕らは、快調にスタンプラリーランを続けてきたものの、エネルギー不足に伴い、身体が冷え切ってきた。 この時点で、時刻は午後1時を過ぎていたが、僕らは、まだ昼…

皮×具×辣油の圧巻ハーモニー。「三鶴」@川崎の自家製餃子がウマすぎた!

さぁ、クライマックスの始まりだ。 川崎チネチッタで、「ボヘミアン・ラプソディ」の応援上映を堪能した後、僕は、裏通りへ繰り出した。 「三鶴」という名の中国料理店に入店。 カウンターに座って、ひとしきりライブの余韻に酔いしれていた頃、それが、つい…

イタリアムードの「ラ チッタデッラ」裏通りで、中国料理を味わう幸せ

ビールに最強のお供が餃子であるということは、昨日決定した。 ただ、単に理屈をこねるだけじゃなく、実践的に証明することも必要。 僕は餃子ランナーだから、ランニングとセットで述べるべきなのだろうけれど、最近、残念ながら、アフターランの餃子とはご…

ビールに最強のお供は、餃子だと断言できる理由

今日も美味しい、ビールと餃子。 卓上ミニのぼり「ビールと餃子」 最近のマラソンレースで、僕は、こんな《ミニのぼり》を装着して走っている。 昨年出場した、東京、シカゴ、大阪の大会では、皆、これと一緒に走った。 背中には、こんなのぼりをつけて、お…

「りん屋 はなれ@立川」のこだわり餃子に舌鼓

ということで…。 餃子来たーっ! こだわり餃子、6種12個の盛り合わせだ。 僕は、主役の登場に合わせて、3杯目のプレモルも注文した。 何杯飲んでも、やっぱりこのビールは美味しいし、そしてもちろん、餃子と合うに決まっているからだ。 iPhone SEとのサイズ…

クイーンライブ帰りの立川で、こだわりのギョウザバーに出会った!

時は先月中旬。 6回目の「ボヘミアン・ラプソディ」を見た日に遡る。 昨日、7回目鑑賞時のレポートを上げたばかりなので、「時系列がメチャメチャじゃないか!」と突っ込まれそうだ。 しかしそれは、ちょっと時空が歪んだだけの話で、SFの世界ではよくある現…

これも餃子、あれも餃子、たぶん餃子、きっと餃子@神田「餃子酒場 大田屋」

タイトルの元ネタがすぐにわかった人は、僕と同世代かもしれないw 「なんだこれ?」と思った人は、エントリーの最後にネタばらしをしているので、参照していただければと思う。 と…そんなことはどうでもいい。餃子の話だ。 先日、餃子好きのラン仲間を誘っ…

峠帰りの餃ビー初め(逆襲の氷花餃子/編)

ということで、僕は、Garapago Racingを出た。 料理もビールも美味しく、居心地の良い店ではあったけれど、やっぱり、ラム餃子の不在があまりに大きく、僕の心は、その穴を求めていた。 閑静な住宅街を後戻りして、駅へと向かう。 迷いは、全くなかった。も…

峠帰りの餃ビー初め(ラム餃子の涙/編)

2019年初の足柄峠走を終え、僕はかなりお腹が空いていた。 それはそうだろう。早朝からの30km走、しかも、激しい峠を登って下ってきたのだ。当然の生理欲求と言っていい。 しかもこの日は…。 久しぶりに、峠の麓で温泉を堪能。喉もカラカラに渇いてしまった…

神戸三宮餃子・駆け足レポート(その2:さんプラザ「好再来」の焼餃子)

僕は、意気揚々と「唐子」を出て、次の店へと向かった。 約束の商談時間までは、まだ1時間以上ある。もう1軒は行ける筈だ。 ただ、問題は、ノープランだったこと。今回の出張は突然決定したため、僕は、神戸の餃子店探しをしている時間がとれなかったのであ…

神戸三宮餃子・駆け足レポート(その1:「唐子」の「餃子」)

5年ぶりの神戸訪問だった。 前回僕は、日帰り出張で訪れて、商談の前後に3軒の餃子店をハシゴ。 それでも飽き足らず、羽田に戻ってきてからも、1軒の餃子屋を訪れた。 あれから、もう5年も経つのか…。 月日の経つのは本当に早い。 今回も、日帰りでの出張訪…

「理想のコンビ」クリスマス・ディナー編?w

書きたいことは沢山あるのだけれど、今日は、どうにもこうにも時間がない。 ということで、はてなブログが実施している、特別お題キャンペーンに乗ってみることにした。 ディズニー映画である「シュガー・ラッシュ:オンライン」とのタイアップキャンペーン…

「大阪マラソンEXPO」で出会った、催事用(?)ひとくち餃子

今更大阪マラソンEXPOの話かよ! と、自分でも思う。 でも、「現在」の心境でブログを書こうとすると、どうにもネガティブなことを書きそう*1なので、「過去」の思い出に浸って逃避することに決めた。 ということで、時は11月下旬に遡るw 僕は、大阪マラソ…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ