餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子

「大阪マラソンEXPO」で出会った、催事用(?)ひとくち餃子

今更大阪マラソンEXPOの話かよ! と、自分でも思う。 でも、「現在」の心境でブログを書こうとすると、どうにもネガティブなことを書きそう*1なので、「過去」の思い出に浸って逃避することに決めた。 ということで、時は11月下旬に遡るw 僕は、大阪マラソ…

感銘のふたつの夜

アフターまでが、イベントだ。 「筒井康隆展」記念のトーク&オークションイベントで、僕は、それを心から実感した。 1ヶ月前に行われた初回のイベントでは、史上空前のオークション終了後、「超」ツツイストの皆さんと飲む機会をいただいた。 僕もツツイス…

餃子ローディング@新大阪「点天」

餃子という料理は、通常、皿や鉄鍋の上などに、整然と並べられて提供されるもの、だと思う。 しかし、その焼餃子は、異色の提供方法で、僕の眼前にあらわれた。 山盛りw 餃子が、こんな形で無造作に積み上げられて提供されたのは、僕にとって、初めての経験…

大阪餃子土産の定番「点天」の直営店が、新大阪駅構内にあった!

大阪マラソン前日。 僕は、東京から新幹線で西下した。 今回、旅のお供をしてくれた「iPad Pro」が最強すぎたので、2時間強の移動時間はあっという間に経過。 気がつくと、新大阪駅に到着していた。 さぁ、すぐにEXPOへ…。とも思ったが、到着した時刻がちょ…

MARVELOUS!「GYOZA」PARADISE !

Aewsome! Gyoza: The Ultimate Dumpling Cookbook ネイティブスピーカー気分で、僕はそう叫びたくなった。 この本の素晴らしさは、「Good!」や「Great!」というような、ありきたりの英単語では表現しきれない。 まさに、awesomeであり、fabulousであり、m…

日本一の餃子が帰ってきた!「東亭」復活!!

ここ数ヶ月の間、僕は、ずっと切ない思いを抱いていた。 僕の餃子店ランキング*1において、東京で一番、いや…日本で一番だと思っている、池袋の「東亭」が、突如休業になってしまったからだ。 その理由については、明白。 半年前、僕がこのエントリーで危惧…

くるみ屋dining@八幡山の「水餃子付き焼餃子定食」で、至福の昼下がり

圧巻すぎる筒井康隆展からの帰路。 僕は、芦花公園駅から京王線に乗って…1駅目で下車した。隣駅である八幡山に、寄りたい店があったからだ。 たった1駅くらいの距離だと、普段の僕なら、歩いたり走ったりするのが常なのだけれど、この日は予定が詰まっていた…

シカゴ味?の餃子ローディング

シカゴの名物料理と言えば、いったい何だろう。 ステーキ、シカゴピザ、ホットドッグ…。大抵はこのようなものがイメージされるようだ。 僕は、今回のシカゴ行でこれらのものを食べていない。 食べるチャンスは何度かあったのだけれど、諸般の理由で叶わなか…

「GYOZA」on sale in CHICAGO!

シカゴは、餃子の街だったw というのは流石に語弊があるかもしれないが、少なくとも、餃子…「GYOZA」が、シカゴで一定の認知を得ているということは間違いない。 僕が泊まったホテルのすぐ近くには、アメリカの代表的なスーパーマーケットチェーンであるト…

蒲田の名店を彷彿!「餃子屋」@栢山の焼餃子に大感激

ということで…。 焼餃子が来たーーっ! 僕は、そのビジュアルを見て、痺れた。 そのサイズは、iPhone SEと同じなので、かなり大ぶり。その大きさもさることながら、僕が唸ったのは、焼き色の美しさ。 黄金色に輝く、絶妙の焼き色だ。 一目で、皮のカリカリ感…

「餃子屋」と言う名の餃子屋に行ってみた

ということで、僕は、足柄峠走帰りに、この駅で降り立った。 小田急線新松田駅から、2駅目。栢山駅だ。 この駅名が読めるだろうか。恥ずかしながら、僕は、読み方の想像さえもできなかった。 なんと、これで「かやま」と読むのである。 沿線外の人で、これが…

足柄峠を走ったら、餃子を食べよう!

都内から、足柄峠への道程は、ちょっと遠い。 しかも、その拠点となる「山北駅」が、なかなかの難関。 この駅は、JR御殿場線の中に存在するのだけれど、御殿場線は、とても本数が少ない*1からである。 都内から山北に向かうには、東海道線の国府津で乗り換え…

推奨つけダレで美味しさ倍加!「SAPPORO餃子製造所」の餃子たち

(承前) 焼餃子来たーーーっ! そのビジュアルだけで、僕は、その美味しさを確信した。 こんがりと美しい焼き色。具がぷっくりと詰まったフォルム。流石「SAPPORO餃子製造所」の看板はダテじゃない、と思った。 水餃子も登場! もちもち感が伝わってくる。…

道マラ翌日…緊急帰京前に立ち寄った餃子店

時は8月下旬。北海道マラソンの翌日に遡る。 僕は、札幌の中心部、すすきのに佇んでいた。 前日に僕が駆け抜けた、素晴らしい街並は、活気に溢れていた。 それから2週間後に、まさかの大地震が発生し、この街は、ブラックアウトに陥ってしまうのだけれど、も…

「GYOZA BAR」IN SAPPORO

時は、北海道マラソン当日に遡る。 レース後、僕は、「チームはてブロ」の青空宴会に参加させていただいた。 気がつけば、4時間もの間、飲んで、食べて、夢のような時間を過ごした。 僕にしてはかなり飲み過ぎたので、お腹は少し苦しかった。 いったんホテル…

この「棒ぎょうざ」は餃子じゃない!けれど…。

根岸森林公園でのリフレッシュランを終え、僕はレストハウスに辿り着いた。 ここには、更衣室やシャワーなどが備えられている他…。 ちょっとお洒落なカフェもあった。 テラス席では、犬と一緒にくつろぐ人たちもいて、とってもいいムードを醸し出していた。 …

餃子とは認めない!けれど悪くない、丸嶋(松田)の餃子ラーメン

先週末、山の日。灼熱の足柄峠走を終えて、僕はこの店に立ち寄った。 店の名は丸嶋。 いかにも大衆食堂、といった感じの趣を持った店だった。 この日は祝日ということで、店頭に国旗が掲示されていたのも、昔ながらの店なのだろうなぁという雰囲気を醸し出し…

アレクサの「餃子観」が納得できない!

僕は、餃子をこよなく愛している。 しかし、だからと言って、「餃子」と名がつけば、何でも好きなわけじゃない。 餃子という料理は、「皮と餡」の絶妙なハーモニーがあってこそ成り立つというのが、僕の持論で、そのどちらが欠けてもあり得ない。 だから、巷…

峠走後の身体に沁みた餃ビー

先週末、山の日の夕暮れ。僕は、とにかく疲れていた。 足柄峠走を終え、麓の温泉「さくらの湯」に浸かりながら、僕は、アフターランの計画に頭を巡らせた。 不甲斐ないタイムだったとは言え、一応、山北峠を「完走」できたのだから、自分へのご褒美があって…

都内で「朝から餃子が食べられる店」まとめ

餃子ランナーたち*1の主食は、もちろん餃子だ。 そして僕は、「餃子ランナー」であると同時に、「夜明けランナー」でもある。 基本的に、僕が走るのは朝4時台から。夏は「夜明けラン」だし、冬場だと「夜明け前ラン」になる。 僕は、そんな「餃子&夜明けラ…

不眠不休の「中華タカノ@竹ノ塚」で、焼餃子を食した朝

一瞬、僕は目眩がした。 店内に客の姿はあったものの、暖簾がしっかりかかっておらず、さながら営業時間終了のような雰囲気を醸し出していたからだ。 舎人公園ラン後、約1kmの道程を、胸ときめかせながら走ってきたとというのに、「すわ、臨時休業時間なのか…

東京都新宿区職安通りのニラたっぷり水餃子とキムチ

あぁ…腹が減った。 夜明けの戸山公園ランを終えた僕は、とにかくお腹が空いていた。 ということで、僕は、乾きと飢えを癒やすために、店への足を速めた。 この日、僕が目指していた店は、公園から約1.5kmの職安通り沿いに存在している。 1.5kmというのは、…

朝から激辛水餃子!「中国茶房8」のボリューム&コスパは、やっぱり最高

「中国茶房8」は、夜明け前ランナーの強い味方だ。 24時間営業なので、美味しい水餃子を、いつでもがっつり堪能することができる。 僕は、これまで何度も、この店のお世話になってきた。 だから今回も、代々木公園ランの後には、安定・安心のこの店に行こう…

大久保@ひまわりのモーニング「餃子定食」で、元気をチャージ!

開いてた! 「営業中」の看板を見て、僕は、思わずホッとした。 戸山公園・箱根山ランに向かう前、午前6時から営業という案内を目にしていたから、開店しているのは当たり前。 ただ、僕は、心配性ゆえに、「実際は7時ぐらいまでずれ込むんじゃないか?」とか…

第二特集でも主役級!「dancyu」久しぶりの餃子特集に酔いしれる

危うく見逃すところだった。 SNSで話題に上っていなければ、完全に見逃していたところだ。 コンビニなどで、発売直後に表紙を見かけていたけれど…。 雑誌棚のラックではこんな風に見えたので、まさか、餃子の特集が載っているとは思えないではないか。 僕は…

発作的一句w「50キロ 走ったご褒美 水餃子」(作:餃子ランナー)

「東京ウルトラマラソン2018」ハーフの部、公称56km*1のコースには、フルマラソン距離(42km)までに6つのエイドがあった。 そのどれもこれもが素晴らしく、だからこそ僕は、そこまで楽しく走り切れたと言っていい。 ただ…。そこから先は少し不安が残ってい…

マツコも激賞!東京No.1餃子店「東亭」の過去・現在・未来

僕が、東京No.1だと信じて疑わない餃子店。「東亭」。 この店のエントリーを最初に書いたのは、もう、10年も前に遡る。 初めてこの店の餃子に出会った時の感動は、今でも忘れない。 餃界における、僕の人生を変えてくれた餃子だ。 この店は、営業時間の制限…

「大勝軒next@上野」の朝イチ餃子で元気をチャージ

いったんは、スルーした店だった。 「大勝軒」と言えば、ラーメン業界の超有名ブランド。つけ麺店の元祖。 いくら営業中とは言え、そこで、ラーメンを注文せずに、餃子だけを食べるというのは、ちょっと気が引けたからだ。 「ラーメンも一緒に食べれば良いで…

GW2018最終日。呆然とした夜明け前。

時は1週前。GW(Gyoza Week)最終日に遡る。 母の日を含む先週末は、諸事情で走れないことが決定していたため、僕は、その分も含めて、まとめて走っておきたいと思った。 この日は、ロングランという目的に加えて、僕には、もうひとつ、重要な計画があった。…

ドイツ料理「マウルタッシェン」を焼き餃子風に…って、おい!w

マウルタッシェンは、ドイツ料理だ。 その形状が、餃子に似ていることから「ドイツ風焼餃子」などと称されることもあるけれど、実際は、似て非なるもの。 それを僕は、去年のベルリンで実感している。 僕がベルリンで食べたのは、具が野菜タイプだったけれど…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ