餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Magazine

関西発、最新最強の餃ビー!焼餃子な気分の「Meets Regional」をゲット!!

またまたMeets Regionalがやってくれた。 Meets Regional 2019年11月号 京阪神エリアの《焼餃子》大特集である。 昔は、こういったリージョナル(地域限定)誌を手に入れたければ、都内の大型書店を巡って探す必要があった。 しかし今は、そういった手間はい…

ル・グィン、エリスン、ヨコジュン…。追悼特集が続いて切ない「SFマガジン」

表紙の写真を見ていたら、やりきれない思いがこみ上げてきた。 SFマガジン 2019年 06 月号 僕が好きだったヨコジュン…横田順彌先生が、もうこの世にいない寂しさを、あらためて感じたからだ。 先生の凄さと、僕の思いについては、以前のエントリーで細かく書…

《技あり!dancyu ギョーザ》で、家餃子が10倍美味しくなる?!

それは、近所のコンビニ雑誌コーナーで、ふと僕の目に留まった。 最近僕は、コンビニで雑誌を買うことが少なくなり、コーナーをスルーしてしまうことも多かったので、ほんの偶然だった。 そこには、《技あり!dancyu》シリーズがずらずらと並んでいたが、カ…

あぁ、ヨコジュン…。横田順彌先生、逝く。

悲しくて、切なくて、泣きたくなる。 僕が子どもの頃から大好きだったSF作家、横田順彌先生の訃報が届いたからだ。 SF作家の横田順彌さんが1月4日、73歳で逝去されました。「ハチャハチャSF」と称された作品のほか、古典SFの研究家としても知られ、小社のSF…

「初音ミク」と「百合」の共通点とは?《SFマガジン》発売前重版!の衝撃

時を遡ること1週間前。 早川書房公式のTwitterアカウントから、緊急アナウンスが発信された。 【速報】SFマガジン次号、予約在庫全滅という異例中の異例に対応するため、緊急の発売前重版を行います。創刊から59年のSFマガジンに、百合による新たな歴史が刻…

筒井康隆先生の「断筆人形」が届いた!

昨晩。ついに僕はそれを受け取った。 箱の外装には、しつこいぐらい沢山のシールが貼付されていた。 「絶対にこの商品を破損させてはならない」という発送元の強い意志が感じられる。 それは、箱を開封したあとも同様だった。 大量の緩衝材、その1。これを取…

竜王は竜王のままで!羽生竜王を全力応援!

昨日は、全将棋ファンにとって、見逃すことのできない大勝負が実施された。 伝統ある「名人戦」と並ぶ、将棋界最大の棋戦、竜王戦。 羽生竜王に対して、気鋭の広瀬八段が挑む七番勝負、その第6局だ。 これまで、羽生竜王の3勝2敗で進んでおり、竜王が勝てば…

壮観!「このミステリーがすごい!」創刊30周年!

ついに創刊30周年、か。 このミステリーがすごい! 2019年版 表紙は、ちょっと「このミス」っぽくないなぁ…と思ったのだけれど、それもその筈。 「このミステリーがすごい!」は、創刊以来、頑なに《イラストひと筋》の表紙だったから、このような形で、大き…

ランナー心をくすぐる!Tarzan「君たちはなぜ走るか」特集が秀逸!!

久しぶりに「Tarzan」を購入。 最近は、ランニング特集であっても買い控えることが多かったのだけれど、今回は、タイトルだけで購入を決定。 その噂は、各種ニュースサイトで明らかになっていたので、今日の発売日を楽しみに待っていたのだ。 ということで、…

大西泰斗先生版「ラジオ英会話」と歩いた6ヶ月

「NHKラジオ英会話」講座が新しくなって、半年が過ぎた。 今年から、講師が交代すると知った時、僕は大いにショックを受けた。遠山顕先生の講義内容に惚れ込んでいたからだ。 遠山先生の講座は、今年から始まった英会話楽習に引き継がれ、ひとまず、ホッとし…

Listen fot it!again!!「遠山顕の英会話楽習」がやっぱり楽しい

「(遠山顕の)ラジオ英会話」から「遠山顕の英会話楽習」へ。 NHKラジオ遠山顕の英会話楽習 2018年 08 月号 番組が変更になっても、顕先生のテイストは、しっかりと引き継がれている。 「英会話楽習」のテキストや番組内において、「ラジオ英会話」のことに…

《スキット》以外が面白い!大西先生版「ラジオ英会話」に掴まれたハート

この春から、大きく変わったNHKの「ラジオ英会話」講座。 ここ10年間、ずっとその看板を背負っていた遠山顕先生の退任が決まった時、僕は目の前が真っ暗になった。 僕は、去年から聴き始めたばかりだったのだけれど、聴講初日から、その素晴らしさに震撼。 …

第二特集でも主役級!「dancyu」久しぶりの餃子特集に酔いしれる

危うく見逃すところだった。 SNSで話題に上っていなければ、完全に見逃していたところだ。 コンビニなどで、発売直後に表紙を見かけていたけれど…。 雑誌棚のラックではこんな風に見えたので、まさか、餃子の特集が載っているとは思えないではないか。 僕は…

サロマまで1ヶ月を切った!…けれど、走れないので、来年に向けての覚書

気がつけば、サロマ湖100kmウルトラマラソンまで、もう1ヶ月を切っていた。 あと30日。これから先は、一日一日が、サロマへのカウントダウンだ。 僕は、毎年この時期になると、サロマのことばかり考えていたし、サロマに向けて練習を重ねていた。 それぐらい…

全日本マラソンランキング発表!で決意したこと

「ランナーズ」7月号が発売になった。 ランナーズ 2018年 07 月号 僕は、2010年から購読しているが、毎年7月号は特別な月。 そう。「全日本マラソンランキング」が発表される月だからだ。 今年も詳細なデータ週が別冊付録についており…。 さまざまな分析や、…

ガジェット好きにはたまらない!本誌も良かった「DIME」2018年7月号

付録目当てで購入した、今月号のDIME。 そのDIME 3WAY USB CHARGE SPINNERは、手慰み玩具(アレクサ談)として、入手後ずっと活躍してくれている。 単に指先でくるくる回るだけなのに、なんとなく気分転換になって、とてもいい。 だから、これをゲットできた…

ゲームもアニメも苦手…でも、最高に楽しめた「レディ・プレイヤー1」

僕は、子供の頃から、ゲームには殆ど興味がなかった。 アニメについては、もっと疎くて、「ガンダム」も「エヴァンゲリオン」も全く見たことがない。 だから。 そういったゲームやアニメの要素が散りばめられ、大評判になっているという映画、「レディ・プレ…

便利で楽しい!「DIME 3WAY USB CHARGE SPINNER」

久しぶりに、「DIME」を買った。 DIME(ダイム) 2018年 07 月号 [雑誌] トレンド系、モノ系マガジンの元祖とも言える存在で、以前は定期購読していたこともあった雑誌だ。 最近はすっかりご無沙汰してしまっていたが、今回は、セブンイレブンの雑誌コーナーで…

プレイバック1979。史上最高のウォーキングマガジン「angle」別冊復刊に胸アツ!

先週末、たまたま立ち寄った書店で発見。 あのころangle1979 渋谷・六本木・銀座・横浜・下町編・新宿・池袋・吉祥寺・中央線沿線編 見た途端に、雄叫びを上げそうになった。 なんと、「angle」ではないか。 それは、僕が子供時代に貪り読んだ雑誌の名前だっ…

祝!「遠山顕の英会話楽習」テキスト発売!で…。現「ラジ英」テキスト(顕先生版)と比較してみた

10年以上続いた「遠山顕先生の」ラジオ英会話講座が、ついに、今月末で終わってしまう。 そんな僕の寂しい気持ちは、以前のエントリーで詳しく書いた。 僕がこの講座をリアルタイムで体験できたのは、この1年間に過ぎなかったけれど、最後の1年に間に合って…

ショック…。遠山顕先生「ラジオ英会話」退任決定。でも、英会話楽習は続く!

2017年度から、一念発起して始めた、遠山顕先生の「ラジオ英会話」講座。 このテキストは、僕にとって、最高の財産になった。 どうして、もっと早く、気がつかなかったんだろう。どうして、もっと早く、取りかかろうと思わなかったんだろう。 そう後悔してし…

赤組、青組、ともに必読!「月刊エアライン」2018年2月号は完全保存版だっ!

圧巻。 AIRLINE 2018年2月号 「流石、エアライン!」と唸ってしまう、渾身の企画だ。 日本航空(JAL:赤組)と全日本空輸(ANA:青組)は、日本を代表する二大フラッグキャリアだから、その比較は、過去さまざまな雑誌で行われている。 また、Webでも、ちょっ…

誕生号をまるごと収録!「このミステリーがすごい!2018年版」がすごい!

今年も、「このミス」の時期がやってきた。 このミステリーがすごい! 2018年版 例年書いているような気がするけれど、僕は、この本が発売されると、「あぁ、今年も終わりだなぁ」という思いが募ってくる。 僕は、ミステリーファンとしては失格で、毎年の話題…

「ラ・シュビドゥンドゥン」(作詞・作曲・歌:筒井康隆 ピアノ演奏:山下洋輔)遂に公開!

脳内リフレインが止まらない。 昨晩から、何回続けて聞いたろう。眠りに落ちるときも、ずっと僕はその旋律と歌声の余韻に酔いしれていた。 今朝もずっと流れ続けているので、夢とうつつの境がつかなくなっているほどだ。 このエントリーを書いて以来、ずっと…

「最後にして最初のアイドル」星雲賞受賞!に感じた未来

いやぁ、時代は変わったものだなぁ…と思った。 SFファンなら誰でも知っている、星雲賞。その、今年の受賞結果を見て、僕は本当に驚いてしまった。 受賞作は以下の通り。 【日本長編部門(小説)】『ウルトラマンF』 小林泰三 【日本短編部門(小説)】「最後…

「ランニングマガジン クリール」の特集で引き締まる、サロマへの思い

いよいよ、サロマ湖100kmウルトラマラソンの日が近づいてきた。 iPhoneのカウントダウンアプリでは、あと30日の表示。 もう、残り1ヶ月を切ってしまったのだ。まだまだ先だと思っていたのに、月日の経つのは本当に早い。 岩本先生の練習帳に基づくスパルタト…

ウルトラの季節!「ランニングマガジン クリール」2017年6月号に、サロマへの刺激をもらった!

シニアランナーにターゲットを向けた今月号の「ランナーズ」。 それに対して、ライバル誌の「ランニングマガジンクリール」は、ウルトラランナーを狙って(?)きた。 ランニングマガジンクリール 2017年 06 月号 ウルトラの季節。

「筒井康隆自作を語る」が「SFマガジン」で連載開始!!!

昨晩、退勤後、書店に駆け込んで購入。手にとった瞬間から、興奮した。 SFマガジン 2017年 06 月号 この日が来るのを、どれだけ待ちわびたことだろう。

シニアランナー必読!「ランナーズ 2017年6月号」

今月号の「ランナーズ」は、シニア向けの特集が満載だった。 ランナーズ 2017年 06 月号 [雑誌] 僕は、もう7年目の読者になるが、ここまでシニアに寄った号は、そんなになかったんじゃないかと思う。

春だ!餃子マラニックしよう!「ランニングマガジン クリール」読後の誓い

今月号は、「ランニングマガジン クリール」も面白かった。 ランニングマガジンクリール 2017年 05 月号 「ランナーズ」同様、僕は、2010年の12月から定期購読中で、本棚の中には、読み切れなかったバックナンバーが揃っている。


マラソン・ジョギングランキングへ