餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Running

月と金星の競演…を眺めて楽しむナイトラン!

僕は、超朝型の人間。 若いときからそうだったのだけれど、最近は、歳のせいでさらにその傾向が強くなっている。 仕事の疲れを睡眠でリフレッシュする、という流れにもなっていて、帰宅後すぐ、倒れ込むように眠ってしまうことが多い。 だから自然と、ランも…

季節と身体の変化を感じて走った週末

先週末の土曜日は、夜明け前から走った。 今回僕が選んだコースは、今月1日に、月見&花見を堪能した、石神井川沿いのランニングロードだ。 この時は、満月と桜のコラボレーションが、とても素敵で、癒やされながら走り続けたことを思い出す。 あれから2週間…

川内優輝、ボストン・マラソン優勝!を伝える「ボストン・グローブ」紙

素晴らしいニュースが飛び込んできた。 ランナーの憧れ、ボストン・マラソンで、「あの」川内優輝が優勝したのだ! The Boston Globe ボストンの地元紙である「ボストン・グローブ」紙は、Web版で、ボストン・マラソンの速報を伝え…。 川内の勇姿についても…

東京マラソンの完走者全記録(東京新聞版)に思ったこと

ニューヨークシティ、シカゴ、ベルリン…。 僕がこれまで出場してきたWMM(ワールド・マラソン・メジャーズ)の大会では、どれも翌朝のローカル紙に完走者の全記録集が挟み込まれていた。 ニューヨーク・タイムズ。 シカゴ・トリビューン。 Berliner Morgenpo…

ベルリンマラソンとBerliner Morgenpostの追憶

追憶シリーズ第3弾w 昨年秋。ベルリンマラソンの追憶だ。 とにかく素晴らしいレースで、その感動は、3週間後にブログ記事を書いた時も、全く薄れていなかった。 そして今でも、脳裏には、あの時の鮮明な情景が甦ってくる。 座骨神経に苦しんでいた時期でも…

シカゴマラソンとシカゴ・トリビューンの追憶

WMM(ワールドマラソンメジャーズ)6大会*1のコンプリートは、僕のマラソン人生最大の目標であり、夢。 僕と同じ夢を持ったラン仲間たちにとって、今は、とても重要な時期になっている。 週明けすぐの月曜日*2には、ボストンマラソンが開催されるし、来週末…

ニューヨークシティマラソンとニューヨーク・タイムズの追憶

「ペンタゴン・ペーパーズ」は、アメリカの新聞社を巡る、スクープ合戦の物語。 そのメインとなるのは、「ワシントン・ポスト」紙であるが、「ニューヨーク・タイムズ」紙の存在も非常に重要。 ニューヨーク・タイムズは、地方紙という位置づけではあるが、…

疲労困憊ランを癒やしてくれた、荒川河川敷の情景スナップ

昨日。日曜日。 夜明け前の天体ショーを観察し終わると、僕は、そのまま走り続けた。 ここ数週間は、公私ともに、とても忙しい日々が続いていたため、ロングランができなかった。 だから、久しぶりの週末ロングランをしようと思ったのだ。 今回、僕が目指し…

最高の夜明けランシーズン到来!

僕が走るのは、基本的に午前4時台。 平日の出勤前は、ロングランができないため、冬場などは「夜明け前ラン」で終わってしまうこともある。 しかし、最近は日の出が早くなってきているため、走り始める途中から、空は白み始めてくる。 「夜明け前ラン」が「…

2018年度「NHKラジオ英会話(楽習・タイムトライアル)」3種3様の聞き応え

いよいよ、2018年度がスタートした。 社会人的には、気持ちを切り替えるシーズンだ。 しかし今年は、ごく私的な事情で、先週から色々とバタバタしている。仕事も忙しく、どうにも気持ちが落ち着かない状態。 ランナーとしての大きな目標であり、夢だった、今…

葉桜の季節に月を撮るということ

今日の夜明け前は、絶対に走ろうと思っていた。 月が天空にある時期で、さらに、木星とのコラボレーションが楽しめるタイミング。しかも、天気は快晴の予報だったので、どう考えても走るしかないではないか。 昨晩は、仕事でくたくたになり、這々の体で帰宅…

「月見&花見」+αラン!八景

今日は、満月。 空は曇りがちではあったけれど、月はしっかり確認できる。ならば当然、するべきことは夜明け前ランだ。 夜明け前から走り始めると、空の情景変化が堪能できるので、ランの楽しみは増幅する。しかも満月となれば、尚更。 午前4時台から家を出…

怒濤の週末が、もうすぐ終わる。 今の僕は、公私とも、かなり立て込んだ状況になっているため、大きく疲れた2日間だった。 僕は、通常、平日の疲れやストレスを、週末にリセットする習慣がついているため、それができないまま、月曜を迎えるのは本当に憂鬱だ…

無念…。ロンドンマラソン、断念。

多くの言葉は綴れない。 ただ、無念…という思いだけがこみ上げる。 昨秋、迷いに迷ったあげく、結局申し込んでいた、ロンドンマラソン2018の超弾丸ツアー。 このブログでは、サプライズ的に発表しようと思っていて、ロンドンに着いた朝、エントリーを書く予…

夜明けの銀座ラン&築地市場ウォークの記録

ということで…。 皇居独り占めランを終えた僕は、日比谷公園の脇をすり抜け、次の目的地に向かった。 走っているうちに、夜はどんどん明けていく。 空の色が、青から赤…そして白に変わっていく瞬間。僕の一番好きな情景だ。 夜明けの銀座四丁目交差点。 再び…

追憶の「東京マラソンコース」経由…皇居独り占めラン!

先週の土曜日は、未明から走り始めた。 この週末は、別件で色々と立て込んでいたが、朝までに走り終えてしまえば問題ない。 ということで、僕は、まだ暗いうちから走り出したのだ。 始発待ちでさまよう若者の群れや、千鳥足で歩くおじさんなどを避けながら、…

あれから7年…。横浜港で噛みしめた、走れる喜び

今日は、休足日になる筈だった。 僕は、プライベートな事情で、昨日の夜から自由に動けない状況になっていたからだ。 ただ、今日の午後になって、状況が少し好転し、急遽時間がとれるようになったため、「ならば走ろう!」と決めた。 ちょうど横浜に滞在して…

荒川河川敷&彩湖ロングランの補給食は…。

今日の夜明け前は、ロングランをすることに決めていた。 5週間ぶりに左手の自由を得たし、恒例の休日出勤も逃れた。毎週通っている激痛鍼のおかげで、座骨神経痛も緩和傾向。 そんな休日なのだから、走るしかないではないか。 久しぶりの完全休日なので、午…

5週間ぶりに得た、左手の自由

木曜日は、診療の日。 夜明け前に、悪夢の転倒で骨折をした2月1日以来、僕は、毎週整形外科に通い続けていた。 通うたびに、僕は、怪我が快方に向かっていることを実感。 ただ、先週の木曜日は、仕事が立て込んだため行くことができず、その後も時間がとれな…

灼熱の大地を駆け抜けて、飲む!「北海道マラソン2018」エントリー&イメトレだん!

昨日は、鏑木毅先生の新刊を読んで過ごした。 僕は、昨日、走ることができなかったので、ちょっと「もやもや」していたが、そんな気持ちを払拭してくれる素晴らしい内容。 やっぱり、鏑木先生は素晴らしいなぁ…と、その余韻に浸っていると、iPhoneアプリのリ…

鏑木イズムの神髄!「究極の持久力」を脳内養成(?)させた1日

今日は、終日、外出することができなかった。 日本各地、そして海外のマラソン大会で力走されている皆さんのご報告に感服しながら、練習さえもできない自分がもどかしかった。 あぁ、僕も走りたかったなぁ…。 昨日の20kmランで、復活の手応えを感じていたし…

満月から太陽へ。復活のバトンが渡った!荒川河川敷ラン

時を遡ること1ヶ月前。 僕は、月蝕のスーパームーンが撮りたくて、珍しくナイトランを行った。 この時点までは良かったのだけれど、僕はちょっと調子に乗った。 その翌日。夜明け前。 月蝕のブラッドムーンと比較する写真を撮りたくなり、また撮影に出かけた…

東京マラソン2018「餃子仮装」における感動と今後の課題

レース序盤。 反対車線の歩道から、突然大きな声が聞こえた。 「餃子ランナー!」 いやはや、これには本当に驚いた。 道の向こう側ということで、かなり距離が離れていたし、後ろの方から聞こえたので、僕は、どんな人が声をかけてくれたのか確認できなかっ…

餃子ランナー的「東京マラソン」装備を、いまさら公開w

今回の東京マラソンは、餃子装備で走る、と決めていた。 タイムを狙わず(狙えず)楽しく走ることを目的としていたので、ならば、「餃子ランナーとして走ろう!」と思ったのだ。 最初は、大阪マラソンで使えなかった*1このアイテムを使う予定だった。 餃子の…

大声援に力をもらって…。「東京マラソン2018」完走のご報告。

僕にとって、3年ぶりの夢舞台出場。 スタート直後、猛烈に舞い上がる紙吹雪。心が躍る。 僕は、あらためて、この最高のレースに参加することができた喜びに浸りながら、走り始めた。 気温は低め*1で、風もなく、途中では日差しさえ出た。まさに、絶好すぎる…

「東京マラソン2018」スタート4時間前の心境

いよいよ、東京マラソンの出走時間が迫ってきた。 僕は、基本的に心配性なので、レース前日はよく眠れなかったり、当日朝も不安に駆られたりすることがあるのだけれど、今回は、それが全くない。 ただただ、東京マラソンに出走できる喜びで、胸がいっぱいに…

「東京マラソン2018受付&EXPO」がらがらフォトレポート

木曜日。 僕は、僥倖にも午後休をとることができたので、退社後すぐに、東京マラソンのEXPOへ向かった。 その日は夕方から整形外科の予約があり、そこでは、ギプスを外してもらうという重大なミッションが控えていたため、僕にはあまり時間がなかった。 東京…

ギプス消滅、てぬぐい拝受!で、夢が膨らんだ夜

昨晩は、整形外科に赴いた。 診察までの順番を待っている間、僕は左手を見つめていた。 数週間装着し続けたことで、ギプスは黄ばみ、包帯も薄汚れている。 ちょっと慣れてきたとは言え、やっぱり、色々と不自由を強いられてきた。だから、それを外してもらえ…

東京マラソン5日前…激痛鍼の内田治療院で得た収穫と秘密兵器

昨晩。 僕は、当初の予定通り、退社後、即行でここに向かった。 激痛鍼の内田治療院だ。 前回施術の後、先生に、「かなり良くなってきた気がします」と伝えると、次のような言葉をいただいた。 「東京マラソンの週…。直前は、鍼返しが残りますので、月曜か火…

骨折に効く…筈!3年ぶりの「酸素カプセル」効果に期待

3連休の最終日。 「連休中でのフルマラソン距離走破」という目標を達成できて、僕は大いにホッとした。 2週後の東京マラソンに向けて、スタミナ面については、とりあえず、なんとか、メドがたった。 整形外科医の先生から、「ランニングは、(手首の骨折に)…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ