餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Mobile-BBB

BlackBerry、《5Gスマホ》にお色直しで再登場!

今年2月。 TCL社の「BlackBerry」ライセンス契約が切れるというニュースを知った時、僕はこんなエントリーを書いた。 もう一度甦ってもらいたい…とは思いつつ、現実的には厳しいだろうと書き連ねたのである。 しかし、そんな僕の予想は、あっけなく外れた。 …

BlackBerryに惚れ直した「KEY2 Last Edition」の格好良さ

いやぁ、購入して良かった。 200台限定で発売された、BlackBerry KEY2 の「Last Edition」に、今、僕はベタ惚れである。 本体そのものは、単なるBlackBerry KEY2 のブラックモデルだから、新しいことは何もない。 僕は、KEY2のシルバーモデルを持っているた…

BlackBerry KEY2 「Last Edition」First Impression

ということで僕は、BlackBerry KEY2 Last Editionをゲットした。 FOX STORE 阪急メンズ東京から自宅に帰るとすぐに、僕はもちろん、開封の儀式を行った。 僕は、2年前にKEY2のシルバーモデルをゲットしているが、今度はブラックモデルだし、Last Editionなら…

「BlackBerry KEY2 Last Edition」が即日ゲットできる!番号が選べる!「FOX STORE 阪急メンズ東京」のサプライズ

【前回までのあらすじw】 BlackBerryをこよなく愛する僕は、先週、記念モデルのKEY2 Last Editionが発売されることを知った。 限定299台で、シリアルナンバーが付与されるということだったが、台数は中途半端だったし、ナンバーも選べないので、それにはあ…

「BlackBerry KEY2 Last Edition」の《付録》にビビッときた!

2020年8月。僕の愛したBlackBerryは、本当に、今度こそ、最後の日を迎える。 そして、もう、二度と甦ることはない。 悲しいけれど、それは事実だ。 僕の思いについては、以前のエントリーで詳しく書いた。 だから、終売を記念した《Last Edition》が出るとい…

BlackBerryは、何度でも甦る!…とは思えない理由

唖然呆然。 僕は昨日、退勤後の電車内でこのニュースを知ったのだけれど、あまりの衝撃で「えっ!」と叫びそうになってしまったほど。 あまりにも突然で、まさに、青天の霹靂。 僕は、ショックでクラクラになって帰宅し、泥のように眠った。 そして、未明に…

Unihertz Titanとの併用で再認識する、BlackBerry&Atomの魅力

Unihertz Titanは、異端のスマートフォンだ。 とにかくゴツくて重い上に、Qwertyキーボードを装備。 最近は、右も左もフルタッチの(デザイン的には)似たようなスマホが多いので、特に目立つ。 だから、その《所有感》《特別感》は半端じゃない。 人と違っ…

BlackBerry KEY2は、Unihertz Titanと違う!ことを思い知った惨事

全ては僕の自業自得だ。 熟したバナナとBlackBerryを、一緒に鞄の中へ放り込んで出勤するなんて、頭がどうかしている。 朝の通勤ラッシュ。すし詰めの満員電車。 僕の鞄は押しつぶされ、暑さもあいまって、熟したバナナはぐちょぐちょに。 その汁は、帯同し…

愛しのBlackBerry KEY2…バナナに泣く。

熟したバナナは、最高のエネルギーフードだ。 皮の表面に、黒い斑点(シュガースポット)が出てから、ラップにくるんで冷蔵庫に入れる。それが、僕のお気に入りの食べ方。 冷蔵すると、その皮は黒くなって、こんな状態になる。 ただ、中身は全然問題なくて、…

BlackBerryライクで、タフネスで、リーズナブル!AtomのUnihertzが、新作「Titan」を発表!!

モバイラーの端くれとして、見逃せないスマートフォンが発表された。 その名は、Titan。 Qwerty物理キーを有した黒い筐体のスマホ…ということで、その外見は、BlackBerryを彷彿させる。 しかし、これは、BlackBerry Titanではない。Unihertz Titanだ。 Unihe…

「BlackBerry KEY2 LE」発売日!!の朝に、揺れる心

とうとうこの日がやってきた。 BlackBerry KEY2 LE 「BlackBerry KEY2 LE」の発売日だ。 僕は、ここ連日、クイーンのことばかり書いてきたが、一応モバイラーの端くれ。BlackBerryの大ファン。この日を忘れるわけがない。 海外版はずっと以前から発売になっ…

2018年に買って良かったガジェットたち

昨日、Galaxy Cameraのことを書いたら、急に思い出した。 そうだ。去年買ったガジェットたちも振り返っておかなければ。 もう、2019年の1月が終わろうとしているので、今更感は満載。 でも、8年も前の端末レビューを書いていることに比べれば、たいしたこと…

BlackBerry KEY2「デュアルSIM」モデルのプラスマイナス

BlackBerry KEY2を使い始めて、1ヶ月になろうとしている。 もはや僕は、この端末なしではいられない。 何よりも素晴らしいのは、キーボードの進化っぷりだが、それとともに、僕にとって大きなポイントとなったのが、デュアルSIMだった。 日本版のKEY2には、…

似ているようで大きく違う!BlackBerry KEYOneとKEY2の外観比較

すっかり忘れていた。 そう言えば、BlackBerry KEYOneとKEY2の比較をしていなかったではないか。 本当は…。 このエントリーの翌日に書くつもりだったのだ。 しかし、その日は、iPhoneの新製品発表会があったため、頭がそれでいっぱいになってしまった。 発表…

BlackBerry「KEY2」と「Boldシリーズ」の外観比較

なんだか、最近BlackBerryのことばかり書いている。 餃子ランナーとしての活動も、それなりに(?)行っているのだけれど、今は、とにかくBlackBerry KEY2が愛おしすぎて、ブログ脳がBB一色に染まっているのだ。 頭の切り替えができるまでは、もう少しかかる…

「KEY2」は追い風に乗って。BlackBerry、おかえり!

2017年、春。 日本におけるBlackBerryは一度死んだ。 当時、BBを一手に扱っていたdocomoが、BlackBerry Boldシリーズを運用するのに不可欠な、BIS*1を終了させ、BBの取り扱いも停止させたからだ。 BB史上永遠の名機と言えるBlackBerry Bold 9900は、その後継…

日本版の安心感満載!「BlackBerry KEY2 」開封インプレッション

新しい端末のパッケージを開ける時は、いつもドキドキする。 それがBlackBerryなら尚更だ。 いよいよ僕は、このパッケージを開けることにした。 ふと、側面を見ると、このような注意書きが貼られている。 BB専用のカスタマーセンター連絡先と、初期不良時の…

ブラックの下位モデル…じゃない!「BlackBerry KEY2 日本版」シルバーモデルの魅力

「BlackBerry KEY2 日本版」には、2つのモデルがある。 BlackBerry(R)KEY2 (BBF 100-8) BlackBerry(R)KEY2 (BBF 100-9) 両モデルで異なる点は4つある。そのうち、3点は以下の通り。 【色】(100-8)Silver/(100-9)Black 【価格】(100-8)税込79,…

「BlackBerry KEY2 日本版」発売から一夜。あれっ?

昨日。9月7日。 ついに、BBファン待望の、「BlackBerry KEY2 日本版」が発売になった。 しかし、僕は華麗にスルーの予定だった。 BlackBerry KEYOneを購入してから、まだ1年しか経っていないし…。 これにビビッときてしまったからだ。 KEY2 LEは、海外で発表…

赤の誘惑。「BlackBerry KEY2 LE」にビビッときた!

今週末。9月7日。 BlackBerryファン待望の「BlackBerry KEY2 日本版」が発売される。 海外市場では6月から発売になっているため、新鮮味はあまりない。とはいえ、なんとauから発売されたり、ビックカメラグループなどでも展示販売されるため、実機を確認でき…

「BlackBerry KEY2」au版!?の微妙な立ち位置

日本で、BlackBerryと言えばdocomo。 今は昔、docomoでは、2009年から8年間、BBを独占して取り扱ってきたからだ。 ただ、その間、docomoにおけるBBの扱いは、あまりに不当なものだった。 このCMを流された時は、あまりの意味不明ぶりに呆れた。正直、「まと…

「BlackBerry KEY2」Simeji騒動に関する安堵と懸念

とりあえず、ホッとした。 BlackBerry KEY2に、「あの」Simejiが搭載されるという驚愕の情報が、誤報という形で幕を引いたからだ。 僕は、そのニュースを知って以来、とても複雑な心境に陥っていたので、その心境から解放されたことは嬉しかった。 悪い冗談…

「BlackBerry KEY2」発表!に抱く複雑な心境

気にならない、と言えば嘘になる。 BlackBerryは、僕が最も愛してきた端末で、その最新機種の発表なのだ。どう考えても心は揺れる。 しかも…。 1年前に購入したBlackBerry KEYoneからの後継、正当な進化版となれば、注目せずにいられるものか。 日本での正式…

BlackBerry KEYoneが、「王道」BB史上最強だと思う5つの理由

BlackBerry KEYoneを使い始めて、1ヶ月以上が経つ。 もう、僕は、この端末なしではいられない。そう思うぐらい気に入っている。 BlackBerry Bold 9900以上の端末には、もう出会えないと思っていたのだけれど、今や、このKEYoneが最強ではないかと考えている…

やっぱり断捨離できない!思い出のBlackBerryバッテリドア

この週末は、久しぶりに、家でまとまった時間がとれたので、断捨離を敢行した。 雑誌や衣類など、定期的にたまっていき、かつ、使わなくなったものについては、折を見て断捨離していくのが僕の習慣。 モバイルグッズなどは、思い入れの強いものが多く、なか…

右腰にiPhone SE。左腰にBlackBerry KEYone。ぴったりフィットのポーチ&リングで快適運用♪

【目次】 僕のモバイルスタイル 「博士の愛したモバイルバッグ」の素晴らしさ BB KEYoneでは、博士バッグが使えない! サプライズ!そして大満足の新KEYoneポーチ リーズナブルだけど最高!iPhone SE+α用ポーチ ポケットリングとの調和も抜群!超快適な併用…

BlackBerry KEYoneに安心と快適を!超オススメの専用ケースが999円!

BlackBerry KEYoneユーザーならば、文句なしに「買い」の一品。 BlackBerry KEYone ケース, Ringke 僕は、使い始めて10日以上経つが、今や、このケースなしでKEYoneを使うことなど考えられないぐらい。 ということで、ちょっとご紹介が遅れてしまったけれど…

BlackBerry KEYoneのカメラで撮った鉄鍋餃子@池袋「蘭蘭」

(承前) 想像以上に綺麗だった。 BlackBerry KEYoneのカメラで撮った写真の画質に、僕は満足した。 昨日のエントリーに掲載した写真は、機動性を重視し、デジカメで撮影したのだけれど、こと、餃子の写真だけは、KEYoneで撮って、残しておきたいと思った。 …

「技ありQwertyキー&魔法のスペースキー」が超気持ちいいBlackBerry KEYoneの使い勝手

物理Qwertyキーは、BlackBerryの代名詞だ。 近年は、フルタッチのBlackBerryも発売されてきているが、僕は、その方針転換が大きな間違いだったと確信している。 以前のエントリーで書いたが、「BlackBerry」と言えば、黒苺を彷彿させる物理Qwertyキーが、そ…

BlackBerry KEYoneに「BBユーザーのための」サポートセンターアプリが追加!

【目次】 システムアップデートが来た! インストール開始! アップデートの新機能 「BlackBerryユーザーのための」サポートセンター! フィードバック機能で、提案や問題などを発信できる! BBのハードウェア診断が簡単にできる! E保証も追加! アップデー…


マラソン・ジョギングランキングへ