餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Movie

カンバーバッチの役者魂にシビれた「クーリエ:最高機密の運び屋」ラスト20分の衝撃

先週末に鑑賞。 TVドラマ「シャーロック」にハマって以来ファンになった、ベネディクト・カンバーバッチ主演ということで、期待して見に行った。 映画の舞台は1962年。あの「キューバ危機」が発生した年。 ソ連が、アメリカの隣接国であるキューバに、核ミサ…

原作よりもスッキリした、映画「マスカレード・ナイト」の設定と結末【ネタバレなし】

先週末から、劇場公開が始まった「マスカレード・ナイト」。 2019年に、興行収入46億4000万円を記録した「マスカレード・ホテル」続編だけあって、全国357館にも及ぶ映画館で上映されている。 日本映画としては、この秋最大の話題作と言っていい。 ただ、僕…

「マスカレード・ナイト」まもなく公開!…なので、東野圭吾「マスカレード」シリーズを一気読みしてみた。《ネタバレなし感想》

きっかけは、予告編だった。 最近、映画館へ行くたびに、この映画、「マスカレード・ナイト」の予告編が流れるので、僕は、気になって仕方がなくなってしまったのだ。 僕は普段、あまり日本映画を見ないし、木村拓哉にも長澤まさみにも、それほど興味はなか…

アンジェリーナ・ジョリーが魅力的!なだけじゃない「モンタナの目撃者」の素晴らしさ

アンジェリーナ・ジョリー好きとしては、見逃せない映画だった。 だからもちろん、公開早々に見に行った。 「アンジーが、身体を張って山火事に立ち向かう映画なのだろう」というのが、予告編を見た印象。 確かにそれは、この映画にとって、ひとつのポイント…

30分で1歳老いる!「OLD/オールド」は、シャマラン会心のタイムスリラーだ!

予告編を見た時から、気になっていた映画だった。 あの「シックスセンス」のシャマラン監督最新作、「OLD/オールド」だ。 物語の設定は、実にシンプル。 予告編を見るだけで、この映画のエッセンスはすべて理解できると言ってもいい。 とあるプライベートビ…

これはゲームか現実か?!とびきり素敵な「フリー・ガイ」の人生

ずっと前から楽しみにしていた映画が、遂に公開された。 「フリー・ガイ」だ。 本来は、去年の8月に上映される予定だったのだけれど、コロナ禍に伴い、延期に次ぐ延期。 先週末から、ようやく上映されることになったので、早速見に行った。 この映画の主人公…

ミュージカルサントラとランニングのステキなカンケイ

日常を、歌やダンスで表現するのがミュージカルの大きな特徴。 だから僕は、感動したミュージカル映画のサントラ盤を聞くと、自然に身体が動き出す。 踊りだしたい気分になる。 しかし、家の中ならともかく、路上でそれを実行するのは難しい。 ヘッドホンを…

圧巻ラテンミュージカル!「イン・ザ・ハイツ」の歌とダンスに痺れまくった143分間の至福

個人的には、今年度ベストワン映画。 鑑賞から2晩たった今でも、まだ、あの音楽とダンスの余韻が冷めない。 それぐらい僕は、この映画「イン・ザ・ハイツ」に嵌まってしまった。 冒頭、主人公であるウスナビ(アンソニー・ラモス)のラップから始まって、500…

猫ちゃんのブレスを返せ!「Mr.ノーバディ」の大逆襲!!

職場と自宅を路線バスで往復するだけの、代わり映えのない日常を送る、何者でもない(Nobady)男。 火曜日のゴミ出しには、いつも出遅れて妻に呆れられ、息子や隣人にもナメられている、冴えないオッサン。 そんなオッサン一家を、ある日、強盗が襲うという…

「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」119分のタイムトリップ体験が素敵だった!

久しぶりにロードショーで邦画を見た。 「夏への扉 ―キミのいる未来へ―」だ。 原作は、ロバート・A・ハインラインが1956年に発表したSF小説。 SFファンならば知らない人はいない大傑作で、僕も、子供の頃に読んで感動したことを覚えている。 6月25日から公開…

無心で見れば最高に楽しい「ゴジラvsコング」の壮絶バトル

待ちに待っていたバトル映画。 もともとは、5月14日封切り予定だったのだけれど、新型コロナウイルスの影響で延期となり、ようやく、7月2日から上映が開始された。 映画『ゴジラvsコング』公式サイト 「ゴジラvsコング」だ。 2年前に上映された「ゴジラ キン…

レジェンドたちがやりたい放題。「カムバック・トゥ・ハリウッド!!」104分間のドタバタ劇が楽しい!

先週末。 ようやく東京都の理不尽な映画館規制が解かれたので、僕は、早速この映画を鑑賞に出かけた。 「 カムバック・トゥ・ハリウッド!!」だ。 ロバート・デ・ニーロ × トミー・リー・ジョーンズ ×モーガン・フリーマン。 平均年齢78歳のレジェンドたち…

緊急事態宣言と映画館

またまた緊急事態宣言が延長になる。 毎朝、大混雑の通勤電車に揺られている僕としては、もはや何がどう緊急なんだかよくわからないような状態になっている気がする。 どんなにしっかり感染症対策をしている店でも、酒類はNG。 ひとり静かに酒を飲むことに…

本と映画のない人生なんて。「ブックセラーズ in 新宿シネマカリテ」

先週末。 僕は、新宿駅前の酸素カプセル「フォレスト」に出かけた。 心と体が疲れた時は、たっぷり酸素を取り入れるのが、僕の大事なリフレッシュ習慣だ。 60分の酸素補給で、すっきりとした僕は、駅の周りをぶらぶらと歩いていると…。 新宿シネマカリテが目…

かつてない映像体験!「ファーザー」の演技と演出が超絶圧巻!!

現状、東京のシネコンは、行政による理不尽な自粛要請を受けて、休業に追い込まれている。 だから、東京都民にとって、劇場鑑賞の敷居は非常に高い。 しかし、数少ないミニシアターの上映館を探してでも、見るべき映画に出会った。 「ファーザー」だ。 今年…

東京都の「シネコン潰し」休業要請に感じる理不尽

5月12日からの緊急事態宣言延長に伴い、東京都は、劇場や演芸場への休業要請を緩和した。 劇場や演芸場、イベント会場などは、「人数上限5000人かつ収容率50%、午後9時まで」といった基準を満たせば、営業可能になったのだ。 それに対して、映画館、特に複合…

「ノマドランド」が、米アカデミー賞3冠!…なのに、東京の映画館では鑑賞できなくなった理不尽

昨日。日本時間の4月26日。 米ロサンゼルスで、アカデミー賞(オスカー)が発表された。 アカデミー賞授賞式は、例年2月に実施されていたが、今年は、新型コロナウイルス感染症の映画への影響を考慮し、2ヶ月遅れでの開催。 参加人数を例年の1/10とし、会場…

今日は「クイーンの日」だから…。「ボヘミアン・ラプソディ」地上波初放送について語ろう

今日、4月17日は、「クイーンの日」だ。 2年前の今日、僕は、クイーンの日を記念して行われた「ボヘミアン・ラプソディ」のライブスタイル上映に参加していた。 これは、劇中のライブエイドシーンにおいて…。 「ボヘミアン・ラプソディ」のBlu-rayを買った!…

ありきたりな設定なのに、斬新で楽しい「パーム・スプリングス」のタイムトリップ

これぞSFラブコメディ!と言える映画がやってきた。 タイトルの「パーム・スプリングス」は、アメリカ、カリフォルニア州にある、大リゾート地の名前。 この映画は、そこで開かれた結婚式の日を舞台に描かれる。 映画のストーリーは単純で、ひとくちに言って…

「ノマドランド」の大地で魅せる、フランシス・マクドーマンドの《静》なる演技

フランシス・マクドーマンドと言えば…。 3年前に見た「スリー・ビルボード」の演技が衝撃的。 怒りに満ちあふれた《動》の演技で、自身2度目のオスカーを受賞。 僕は、その圧倒的な強さに痺れたことを思い出す。 だから、そんな彼女が主演を務め、またまたオ…

元気ハツラツ!とにかく楽しい「ノンストップ」100分間の爽快

コロナ禍以降、僕は、なんとなく映画館から足が遠ざかってしまっていた。 しかし、先週末、久しぶりに《非現実》を味わいたくなって劇場へ。 映画好きの友人から「突っ込みどころ満載だけど、めちゃめちゃ面白い」と推薦されたため、この映画を見に行くこと…

沈黙の通勤電車内で読んだ「阪急電車」に胸が熱くなる

ここ東京は、現在、緊急事態宣言が発令中。 しかし、僕の仕事は、テレワーク化ができない種別のものなので、残念ながら出勤せざるを得ない。 それは、昨年の緊急事態宣言時も同様だったが、昨年と今年では明らかに違っている状況がある。 通勤電車内の混雑度…

トム・ハンクス「幸せへのまわり道」109分間の至福。1分間の奇蹟。

鑑賞から数日経った今でも…まだ、映画の余韻が残っている。 いや、むしろ、その感動が増幅している気がする。 それぐらい僕は、この映画に痺れてしまった。 僕にとっては、実に久しぶりのロードショー鑑賞だったが、やっぱり、映画はいい、映画館は素敵だ、…

あぁ、映画館よ!「シネマシティ」復活への祈り…。

今年に入って以降、僕は、映画館に行く機会が殆どとれなかった。 しかし、オスカーの受賞作なども出揃ったため、この春は、そろそろゆったりロードショーでも見ようかと考えていた。 そんな矢先…新型コロナウイルスが発生。事態は一気に暗転した。 映画館ス…

マスクが通貨になった世界! 「MASK」予告編が、元ネタより面白いんじゃないかと思った件

新型コロナウイルスの流行に伴い、現状、マスクは、非常に入手困難な状況になっている。 そして、それにつけこんだ転売屋たちがマスクを買い占め、その値段を大きくつり上げて販売している。 僕は、常々、そういった状況を苦々しく思っているのだけれど、こ…

息もつかせぬ「ホテル・ムンバイ」の脱出劇

2008年に発生したインド・ムンバイ同時多発テロで、テロリストに占拠された、タージマハル・パレス・ホテル。 この映画「ムンバイ・ホテル」は、その時の実話をもとにしている。 インドを代表する五つ星ホテルが舞台だから、当然、ホテルマンたちは超一流だ…

《ウィル・スミス大好き!》ならば必見の「ジェミニマン」

昨日、日曜日に鑑賞。 この映画の内容を、ひとことで言い表すならば…。 「ウィル・スミス&ウィル・スミス」による「ウイル・スミスファン」のための映画と言える。 ストーリー上、ウィル・スミスが演じる主役には、「ヘンリー」という役名がついているのだ…

予備知識ゼロで見た「ジョーカー」の感想(ネタバレもゼロ)

とにかく「凄い作品」だとは思う。 主演であるホアキン・フェニックスの演技は、半端じゃない。 鑑賞後1週間経っても、脳裏にあの笑い声が響いているほど、強烈なインパクト。 流石は評判の作品だし、オスカーの大本命作品だと言われていることも、わかる。 …

『犬生』繋いで君を守る!「僕のワンダフル・ジャーニー」で、やっぱり泣いた…。

この映画は、転生を繰り返す犬の物語だ。 と、ひとことで言ってしまえば簡単なストーリーなのだけれど、全編を通して《犬の視点》から描かれているというのが、大きなポイント。 そしてこれは、2年前に上映された「僕のワンダフル・ライフ」の続編になる。 …

エラー頻発!発売開始2分で瞬殺!!『ボヘミアン・ラプソディ』ライブ場面原則全員タンクトップ上映、何とかチケットゲット…。

いやはや、なんとも壮絶な、過酷すぎるチケット争奪戦だった。 シネマシティNEWS そう。 この『ボヘミアン・ラプソディ』ライブ場面原則全員タンクトップ上映チケットが、いよいよ発売されたのだ。 今日7月9日の午前0時、日付の変わるタイミングがバトルの始…


マラソン・ジョギングランキングへ