餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

大連餃子基地@横浜モアーズ店でスタミナを補給!

ぐったりと疲れた時には、餃子に限る。

僕は、みなとみらいランの後半から、そう心に決めていたが、どこに行くかは、結構悩ましいところだった。

中華街には何軒か行きたい店があったのだけれど、 連休中で大混雑は必至。行列に並ぶのも嫌だった。

野毛あたりで新規店開拓も考えたが、探す気力がなかったし、外れた時のダメージが大きいので、それも避けたかった。

ということで…。

自宅へ帰る途中、横浜駅に寄って、ここで食べることにした。

f:id:ICHIZO:20170718034053j:plain

大連餃子基地@横浜モアーズ店だ。

この店の中華街店は、いつも混み合っているので、僕は、穴場(?)のこちらを選択。

案の定、この日も行列は全くなく、スムーズに入店できた。

f:id:ICHIZO:20170718034200j:plain

店の一押しは、豪華なホリデーランチセット。

だが、このセットには、なんと餃子がついておらず(大連「餃子」基地なのに!)僕の選択肢としてはあり得なかった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20170718034134j:plain

もちろん、この「大連餃子セット」を注文した。

ランチで食べるのは初めてだったが、680円の焼餃子に、サラダ、ご飯、スープ、漬け物がついて960円なら悪くない。

+100円でライスをミニチャーハンにも変更できるようだったが、僕は、「白いご飯に餃子オン」のパターンが好きなので、デフォルトで注文。

待つこと10分程度…。

f:id:ICHIZO:20170718034239j:plain

 大連餃子セットが来た!

f:id:ICHIZO:20170718034111j:plain

ここの焼餃子の羽根は、「網目チック」なのが売りなのだけれど、今回は結構くっついてしまっていて、ビジュアル的にはちょっと残念w

ただ、まぁ、僕は餃子の羽根にそれほどこだわっているわけじゃないし、むしろ「なくても全く困らない」派なので、実際は問題なかった。f:id:ICHIZO:20170718034332j:plain

一口囓ると、たっぷりの肉汁が溢れ出す。

肉の風味がたっぷり詰まった、実にジューシーな餃子だ。餃子本体にニンニクは入っていないけれど…。

f:id:ICHIZO:20170718034312j:plain

テーブル上には、黒酢ニンニクが用意されていて、これがとっても良い!

今回は写真を撮り損なってしまったが、ザクザクの刻みニンニクで、これをたっぷりつけて食べたら、疲れた身体に元気が漲ってきた。

一通り食べ終わると…。

f:id:ICHIZO:20170718053827j:plain

杏仁豆腐が出てきた。

これは、セットのメニューには載っていなかったので、ちょっとサプライズで、嬉しかった。

優しく甘いミルクの風味。柔らかくて美味しく、僕は、さらに身体が癒やされるのを感じた。

横浜駅直結のビルという立地で、雰囲気も良くて、960円でこのランチが食べられるなら、大いに満足だ。

【おまけ】

横浜駅のジョイナス地下街には、「まん天餃子」という店もあって、餃子の値段で言うなら、この店の方が断然安かった。

f:id:ICHIZO:20170718034526j:plain

 通常でも、5個で230円というリーズナブルな価格な上に…。

f:id:ICHIZO:20170718034542j:plain

連休中は、5個で180円!というセールを行っていて、最高に得だった。

f:id:ICHIZO:20170718034555j:plain

僕は、土曜の夜に持ち帰りで買って食べた。

この店の餃子を食べるのは、5年前の餃子マラニック以来。

餃子本体は野菜中心だけれど、ニンニクがガッツリきいていて、大連餃子基地とは真逆な感じだが、これはこれで悪くない。

店内は狭くて落ち着かない感じだし、行列になっていることも多いので、この店はテイクアウト向き。

なので、今度は冷凍餃子を買って帰ることにしようかと思う。 

うまい餃子

うまい餃子

 

 

BlackBerry KEYoneのカメラで撮った鉄鍋餃子@池袋「蘭蘭」

(承前)

想像以上に綺麗だった。

f:id:ICHIZO:20170715120206j:plain

BlackBerry KEYoneのカメラで撮った写真の画質に、僕は満足した。

昨日のエントリーに掲載した写真は、機動性を重視し、デジカメで撮影したのだけれど、こと、餃子の写真だけは、KEYoneで撮って、残しておきたいと思った。

f:id:ICHIZO:20170715140229j:plain

池袋「蘭蘭」の鉄鍋餃子写真だ。

ちなみに、この看板も、BlackBerry KEYoneで撮影したもの。日は落ちて、暗い時間になっていたが、鮮明に、美しく撮れている。

最近のスマホはカメラ性能が優れているものが多いため、それと比べてどうかと思われる人もいるかもしれないが、こと、「BlackBerryの」カメラと考えると、十分満足。

かつて、僕がこよなく愛した名機、9900は、なんと、オートフォーカスを搭載しておらず*1、料理などのマクロ写真に関しては、実用に耐えなかったからだ。

風景写真などはそれなりに綺麗に撮れたが、ランニング時に使うには、ちょっと使いにくかったし、別途iPhoneもあったので、僕は次第に、BlackBerryのカメラを使わなくなっていた。

僕の場合、料理写真を撮るケースが多く、それをSNSなどにアップすることもままあるため、BlackBerry KEYoneで、十分使えるカメラが搭載されたことは、本当に嬉しい。 

何の補正もせず、このレベルの写真が残せるならば、十分実用的。

BlackBerryで、こんなに素敵な写真が撮れる日が来るなんてなぁ…。僕はちょっと胸が熱くなったほど。

ただ、喜ぶのは少し早かった。

BlackBerry KEYoneと画素数が同じ(12M)であるiPhone SEと、鉄鍋餃子全体の撮影写真を比較してみると…。

f:id:ICHIZO:20170715132946j:plain

BlackBerry KEYone。

f:id:ICHIZO:20170715133014j:plain

 iPhone SE。

うーん、iPhone SEの方が明るくて綺麗だw

ただ、今回は、餃子写真だけしか比較していないので、iPhone SEの方が完全に上だとは断言できない。

使い勝手の面なども含め、カメラについては、あらためて細かくご紹介させていただくことにしようと思う。 

f:id:ICHIZO:20170715133415j:plain

参考までに、BlackBerry Classic(8M)でも撮ってみた。

なんだかちょっとボケたような雰囲気もあるため、これよりは、明らかに鮮明ではあるのだけれど…。

 

BlackBerry KEYone DUAL LAYER SHELL シェル ケース  【日本正規代理店品】 DLB100

BlackBerry KEYone DUAL LAYER SHELL シェル ケース 【日本正規代理店品】 DLB100

 

 

*1:EDoFモジュールを採用しており、これを広義のオートフォーカスと呼ぶ場合もあるが、一般のオートフォーカスとは異なる。

サロマウルトラ2017慰労…会で甦ったあの日の悔恨

楽しい筈の、会だった。

f:id:ICHIZO:20170714044427j:plain

少なくとも、乾杯の時はそう思っていた。

気が置けないラン仲間たち、大好きな中華料理の宴。そのシチュエーションは申し分ない。

ただ、その会の名目が、「サロマ慰労会」となると話は別。

毎年、僕はこの会を楽しみにしてきたが、今年は、そんな心境になれなかったからだ。

いや、もちろん、楽しい会だったのだけれど、それと同時に、ラン仲間と話を進めるたび、あの日の悔しさが、何度も何度も甦ってきて、切なくなった。

昨晩集まったメンバーは14名。うち、あの日のサロマ100kmを走ったメンバーは7名だった。完走者4名と、リタイア3名…。

悲しいことに、泣けてくることに、僕は後者のひとりだった。

僕は、サロマ不出走のラン仲間から、「今年はいったいどうしたの?」という言葉を、何度もかけられた。

そのたび僕は「大雨だったから」「寒かったから」「低体温症の症状が出てしまったから」と繰り返す。

しかし、そんな言い訳をしながら、ちょっと違うとも感じていた。

そうじゃない。単に僕が弱かっただけだ。もう少し頑張ることができた筈なのに、僕は、雨と寒さを言い訳に、自分との戦いに負け、勝手に幕を下ろしていたのだ。

悔しい、悔しい。悔しくてたまらない。

f:id:ICHIZO:20170714051947j:plain

ラン仲間が毎年作成してくれる、サロマ星取り表。

数字は完走回数、黒丸はリタイア、ハイフンは不出走になる。僕は、毎年この表を眺めるのを楽しみにしていたのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20170714052157j:plain

今年は、痛恨の黒星。今後、この星取り表に、永遠に残る黒星だ。

ここまで5年は、いい感じでタイムを出せていたのになぁ…。

と。

見苦しい愚痴はここまで。自分で読んでいてもなんだか嫌になるので、口直しに(?)昨日の料理写真を並べておこう。

どんな気分であっても、写真だけはしっかりとっておくのが、泡沫ブロガーの性なのかもしれないw

f:id:ICHIZO:20170714052948j:plain

前菜四種盛り合わせ。

f:id:ICHIZO:20170714052834j:plain

黒酢酢豚。この店の看板メニューのひとつ。

カリカリ感とジューシーな肉の味わいが絶妙。最高に美味しい。

f:id:ICHIZO:20170714053203j:plain

トマトと卵の炒め。ほんのり甘くて優しい味。

f:id:ICHIZO:20170714053339j:plain

ほうれんそうとピーナッツの炒め。黒酢が効いた、独特の味わい。

f:id:ICHIZO:20170714053523j:plain

麻婆茄子。肉味噌風味の甘めな味付け。箸が止まらなくなる。

f:id:ICHIZO:20170714053749j:plain

締めの焼きそば。具だくさん。特に海老が美味しかった。

この店は中華料理店なので、もちろん餃子もあるし、僕は餃子ランナーなのだから、食べたに決まっている。

f:id:ICHIZO:20170714053940j:plain

そもそも、この店の餃子は、黒酢酢豚と並ぶ看板メニューのひとつなのだ。

では、なぜ、餃子写真がないのか?と言われるかもしれない。

餃子のことだけは、サロマの悔恨を振り払って書きたい気分なのと、ちょっとした趣向(?)もあるので、別エントリーにさせていただこうと思う。

「うまい餃子」に悶々…。

明日のサロマ行の準備がまるで進んでいない。

体調面を考慮すると、今日は早めに眠る必要もある。だから、ブログを書いている場合などではないのだけれど、どうしても、これだけは書き出さずにいられなかった。

今日は、待ちに待っていたこの本の発売日だからだ。

f:id:ICHIZO:20170623213935j:plain

うまい餃子

その名は、「うまい餃子」。

実にシンプルなタイトルだけれど、それが逆に、この本の凄さを際立たせている。

日本一予約のとれない餃子レストラン「蔓餃苑」の苑主である、パラダイス山元さんが書き下ろされた、最新、最強の餃子レシピ集。

そんな本のタイトルに、余計な飾り言葉は、かえって邪魔になる。

パラダイス山元さんの作る餃子は、ただひたすらに、とにかく最高に…。

うまい餃子!

だと言えるからだ。

レシピ集としては、前作の「餃子の創り方」以来、1年ぶり。

あの時のエントリーで、僕は、「餃界騒然、空前絶後」と書いたが、それは誤りだった。

パラダイス山元さんの餃子レシピは、常に「空前」であることは間違いない。

しかし、次から次へと新しい、素晴らしいアイデアの餃子を送り出してくださるので、決して、「絶後」になることはないからだ。

今回の「うまい餃子」には、またしても、あっと驚く餃子レシピが溢れていて、ページをめくるたびに、「えーっ」「おーっ」の連続。

しかし、それは単に奇をてらっているというわけではなく…

間違いなく、うまい餃子!

に決まっているのだ。

僕は、数年前に、蔓餃苑を訪れるという僥倖を得ているけれど、パラダイス山元さんの創り上げる餃子は、その当時からさらに大きく進化している。

だから僕は、いつかまた、あの夢のような餃子を食べたくてたまらない。

この「うまい餃子」は、そんなパラダイス山元さんが開示してくださった珠玉のレシピ。

だから、蔓餃苑に行けない代わりに、自分で餃子を作るための本である筈なのだけれど、読めば読むほど、「パラダイス山元さんが作る」餃子が食べたくてたまらなくなってくる。

とにかく、素晴らしい餃子の数々を眺めているだけで、僕は悶々としてきてしまったし、サロマを走っている間にも、この素晴らしい餃子群が脳裏に浮かんできそうだ。

あぁ、レース前に読むべき本ではなかったかも(汗)

楽しい!美味しい!「80年代酒場 部室」で、感動の貸切餃子ナイト!!(後編)

(承前)

餃子が来たーーーーーーっ!

f:id:ICHIZO:20170521173225j:plain店主の安野さんが、僕らのもとに、焼きたての「肉汁焼きギョーザ」を運んできてくださった。

綺麗に盛りつけられた、惚れ惚れするような焼き色だ。心が躍る。

さらに。

続きを読む

楽しい!美味しい!「80年代酒場 部室」で、感動の貸切餃子ナイト!!(前編)

こんなに飲んだのは、いつ以来だろう。

最近、僕は、歳のせいか、飲み会でも控えめに飲むことが多いのだけれど、昨晩は、我を忘れてしまうほど、飲んだ。

それぐらい楽しい、素晴らしい、夢空間で、僕は酔いしれてしまったのだ。

そんな空間とは…。

f:id:ICHIZO:20170520081200j:plain

「80年代酒場 部室」だ。

この店の素晴らしさについて、僕は、今年1月のエントリーで詳しくご紹介させていただいている。

続きを読む

いざ、江ノ島へ!感動のG.W.71kmラン!!(その4:北鎌倉「大陸」で、ニンニク最強餃子を補給!)

(承前)

東京から、60km超。

品川駅過ぎの餃子エイド以降、水分以外の補給をせずに、5時間以上走り続けてきたので、僕は、流石に疲れていた。精神も身体も限界に近い。

思っていたほど暑くはなっていなかったが、猛烈な風が吹いていて、心が折れそうになる。

そんな時に、こんな情景を見たら、我慢できるわけがなかったのだ。

f:id:ICHIZO:20170518033541j:plain

「中華料理 大陸」。

続きを読む

マラソン・ジョギング ブログランキングへ