餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ハルキスト必読!無料で読める、ユニクロ「LifeWear」誌の村上春樹インタビュー

スポンサーリンク

先週末。

僕は、ユニクロオンラインストアで注文した「村上春樹 × UT キャンペーン」のTシャツとステッカーを受け取るため、ユニクロ店舗に出かけた。

オンラインストアでの注文は、4,990円未満だと送料(450円)がかかってしまうが、《店舗受け取り》を指定すれば、少額の購入でも送料がかからないからだ。

「だったら最初から店舗で買えばいいじゃないか」と言われそうだけれど、人気が出そうな商品を先に確保しておけるというメリットがある。

ということで僕は、オンラインストアで注文を行ったのだ。

ただ、この点に関しては、ちょっと拍子抜けした。

今回、僕が訪れたユニクロ店舗においては、「村上春樹 × UT キャンペーン」商品が、山ほど陳列されており…。

f:id:ICHIZO:20210317004651j:plain

僕がオンラインで注文したこの商品も、その場で簡単に買うことができた。

まぁ、よく考えてみれば、天下のユニクロが、大々的にコラボを打ち出した商品なのだし、限定商品とも謳われていなかったので、十分な供給があるのは必然。

焦る必要は全くなかったんだなぁ…と思った。

ユニクロの店舗では、「村上春樹コーナー」的な展示がなされており、そこでは、村上春樹先生のインタビューが載った雑誌も掲示されていた。

掲載誌は、ユニクロが定期的に発行している、フリーマガジンの「LifeWear」だった。

f:id:ICHIZO:20210317004733j:plain

ハルキスト(村上主義者)*1ならば、この表紙だけで痺れるだろう。

この表紙画は、村上春樹先生と親交の深い安西水丸画伯のイラストだからだ。

雑誌の内容は、ユニクロ商品の紹介がメインではあるが、読み物も満載。

上質の紙で製本されている上に、表紙も本文も、実にセンスが良い。全ての記事に英文付与されているので、英語の勉強にもなる。

ユニクロは、グローバル展開をしていることもあり、世界各国の記事も満載で、旅をしているような気分にもなれる。

JALやANAの国際線で、機内誌として提供されていても違和感のないレベル。

そんな雑誌に、今回は、この記事が掲載されている。

f:id:ICHIZO:20210317010022j:plain

村上春樹先生へのインタビューだ。

26の質問に対して、春樹先生は、とても真摯に、丁寧に回答されていて、実に読み応えがある。

しかも、最新フォトまで掲載されているので、ハルキストにとっては、絶対に見逃せないインタビューだ。

「ユニクロに望むことは?」という、Q8の質問には、ランナーでもある村上春樹先生らしい回答をされていて、僕は思わず、「そうだそうだ!」と、思ってしまった。

この意見がユニクロ内で検討されて欲しい、是非とも実現して欲しいなぁ…と、思う。

「LifeWear」には、Web版もあるので、このインタビューは、Webでも読むことができる。

ただ、Web版には英文が併記されておらず、オフラインでは読むことができない。

その他の記事もWeb用の体裁になっているので、紙版の「LifeWear」とは、ちょっと色彩が異なる。

これはこれでいいのだけれど、あくまで《雑誌スタイルで読みたい!》という人のためには、電子書籍版も用意されている。

LifeWear magazine Issue 04 Find Your Healthy (2021 Spring & Summer)
 

 このKindle版は、無料で提供されているため、ダウンロードすれば、手持ちのスマホやタブレットのKindleアプリなどで、いつでも好きな時に読むことが可能。

僕ももちろんダウンロードして、iPad Proで読んでみたら、実に快適だった。

超おすすめ。

f:id:ICHIZO:20210317004756j:plain

【蛇足】

村上春樹先生&Kindleと言えば…この本だけは絶対に見逃せない。

村上さんのところ コンプリート版

村上さんのところ コンプリート版

  • 作者:村上 春樹
  • 発売日: 2015/07/24
  • メディア: Kindle版
 

その理由は、こちらのエントリーで詳しく紹介させていただいているので、気になる方は、是非ともご覧いただければと思う。

僕がこのエントリーを書いた去年の6月は878円だったが、今は941円。

じわじわと値上がりしているが、それでも圧倒的に得なのは間違いない。

Kindle以外の電子書籍サイトでは、軒並み2,000円を超えており、突然その価格になってもおかしくないので、気になる方は早めのゲットがオススメだ。 

*1:「ハルキスト」とは、村上春樹先生及びその作品の熱狂的なファンのこと。村上先生は、そのネーミングをあまり好んでおらず「村上主義者」と呼んで欲しいと言っている。


マラソン・ジョギングランキングへ