餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

似ているようで大きく違う!BlackBerry KEYOneとKEY2の外観比較

スポンサーリンク

すっかり忘れていた。

そう言えば、BlackBerry KEYOneとKEY2の比較をしていなかったではないか。

本当は…。

このエントリーの翌日に書くつもりだったのだ。

しかし、その日は、iPhoneの新製品発表会があったため、頭がそれでいっぱいになってしまった。

発表会を見ていたら、SEの浸水故障ネタを書いていないことを思い出し、以降は、延々とそのネタを書いてしまったので、すっかり忘れてしまったのである。

が…。

決して、BlackBerry KEY2そのものを忘れていたわけではない。

入手後バリバリ使っていて、KEYOneからの大きな進化もひしひしと感じている。

だから、書きたいことは沢山あるのだけれど、まずはひとまず、外観を比較しておこう。

まずは、正面。

f:id:ICHIZO:20180923033440j:plain

僕がKEYOneを購入した時は、ブラックの中にシルバーが混じったモデルのみの販売だった。*1

最初から2タイプのモデル展開となったKEY2で、僕は、シルバーを選んでいるため、色の組み合わせ的には同じ。

ただ、その印象は結構異なる。

KEYOneでは、筐体上部こそシルバーではあるが、キーボード回りはブラックなため、これまでのBBの流れを汲んでいる。

しかし、KEY2のシルバーモデルは、キーボード回りが銀色になるから、その印象はガラッと変わった。

縦長のスタイルはほぼ同様で、外見的なサイズの違いはあまり感じられないのだけれど、手に持ってみると大きく違う。重量が軽くなっているからである。

180gだったKEYOneに対し、KEY2は168g。

たった12gの軽量化に過ぎないけれど、その違いは結構大きい。

f:id:ICHIZO:20180923033526j:plain

重量のスリム化に成功している大きな理由は薄型化。

KEY2は、KEYOneより1mm程度薄くなっているのだ。

f:id:ICHIZO:20180923033511j:plain

背面。

一目で目につくのは、カメラ部分の違い。KEY2はデュアルなので、この点は、KEYOneからの大きな進化。

他のスマホなどと比べても遜色ない筈…なのだけれど、先行レビューなどでの紹介を読むと、どうもそうではないようだ。

僕はまだKEY2のカメラを使いこなせていないため、この点については、今後、じっくり検証していきたい。

f:id:ICHIZO:20180923033548j:plain

キーボード部。

いやぁ、何と言っても、この違いが大きい。大きすぎる。これだけのために、KEY2に乗り換える価値があると思うほど。

それは単に、サイズが大きくなっただけの違いじゃない。

KEY2搭載のキーボードは、KEYOneのみならず、歴代BBと比べても、最強レベルなのではないかと思う。

この点については、特に力説したいので、新たなエントリーで書かせていただくことにしよう。

 

 

*1:その後、KEYOneのオールブラックモデルが出て、ちょっと悔しくなった。


マラソン・ジョギングランキングへ