餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

BlackBerry KEY2 「Last Edition」First Impression

スポンサーリンク

ということで僕は、BlackBerry KEY2 Last Editionをゲットした。

FOX STORE 阪急メンズ東京から自宅に帰るとすぐに、僕はもちろん、開封の儀式を行った。

僕は、2年前にKEY2のシルバーモデルをゲットしているが、今度はブラックモデルだし、Last Editionならではのポイントもある。

そのため今回は、相違点を中心につらつらとご紹介をさせていただこう。

f:id:ICHIZO:20200706040950j:plain

外箱。従来のKEY2よりも、一回り大きな箱に入っている。

f:id:ICHIZO:20200706041049j:plain

オープン!

ブラックモデルがすぐに現れた。本体の真下には、ヘッドホン、ケーブル、ACアダプタといった付属品と、クイックガイド入りの小箱などが収納されている。

そして、外箱の下部にあるベルト上のものを引っ張ると…。

f:id:ICHIZO:20200706041732j:plain

Last Edition限定、BlackBerry KEY2専用のAramid Case(アラミドケース)がお目見えした。

f:id:ICHIZO:20200706041949j:plain

本体に刻印されている、僕だけのシリアルナンバー。

僕が、FOX STORE 阪急メンズ東京に電話した時点で、一桁の数字は4つ残っていた。

「4,5,8,9」のうち、ひとつを選べる状態だったが、僕は、「9」を選択。

日本ではあまり縁起のいい数字ではないと思われているが、刻印される文字が「9」ではなく「009」であることを重視した。

僕が子供の頃に好きだった、SF漫画と揃えたかったのである。

それは、サイボーグ009。

若い人にはわからないかもしれないけれど…「仮面ライダー」シリーズと並ぶ、石ノ森正太郎先生の代表作だ。

f:id:ICHIZO:20200706042743j:plain

付属のAramid Caseにも、Last Editionの刻印が入っているが、このケースを装着してしまうと、本体シリアルナンバーが隠れてしまうのが残念。

ケースの方にも、揃いでシリアルナンバーを入れて欲しかったなぁ…。

f:id:ICHIZO:20200706043046j:plain

シルバーモデルとも並べてみた。

ただ、Last Editionと言っても、従来のブラックモデルに、シリアルナンバーが刻印されているだけなので、正面から見ると、なんら特別なことはない。

単なる色違いのBlackBerry KEY2だw

僕にとって、今回、Last Edition購入のきっかけとなった大きなポイントは、限定のAramid Caseがついてくること。

僕は、iPhone SEにおいて、まさにそのAramid Caseを使っている。

めちゃめちゃ軽く、とびきり薄くて、とてつもなく強いAramid Caseを、僕は最高に気に入っていたから、そのBlackBerry版、しかも、限定版に大いに惹かれたのだ。

ということで、早速装着し、iPhone SEと一緒に並べてみた。

f:id:ICHIZO:20200706043539j:plain

おぉ!素晴らしい!

なんだか兄弟みたいじゃないか。思っていた通り、軽さも薄さも申し分ない。

僕は、これまでのBlackBerry KEY2(シルバーモデル)では、かなりごついケースを装着していたため、使用感がまるで異なる。

なんだか、全く新しいBlackBerryを入手したようで、新鮮だ。

惜しむらくは、ケース底部の仕上げが異なること。

iPhone用のAramid Caseは、スピーカー部分と端子部分それぞれに穴が開いているため、その間を通してストラップがつけられる。

しかし、KEY2用のAramid Caseは、底部がまるまる大きく開いているから、ストラップをつけることができないのだ。

そのため、落下の心配が残る。Aramid Caseは強靱なので、ケース側から落ちれば、落下しても問題はないが、液晶側から落ちる場合もあり得るし、もちろん、その方がダメージが大きい。

この点だけは、ちょっと対策を考える必要があるが、ゲットできた嬉しい気分は変わらない。

世界でたった1台の、僕だけの、最後のBlackBerry。大切に使っていこうと思う。

f:id:ICHIZO:20200706050047j:plain

サイボーグ009グラフィクス/トレジャーBOX+F9

サイボーグ009グラフィクス/トレジャーBOX+F9

 

マラソン・ジョギングランキングへ