餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Mobile-BBB

さよなら…BlackBerry Bold。一生忘れない8年間の至福。

2009年。 もしもBlackBerry Boldを使い始めていなかったら、僕の人生は、全く違ったものになっていた筈。 僕は、この8年間、BlackBerry Boldとともに生きてきた。しかし、そんな日々とも、もうお別れだ。 この3月末をもって、BlackBerry Boldは、「ほぼ」使…

浅薄な記事に反発。「ならば絶対に買う!」と心に決めたBlackBerry KEYone

実に腹立たしい記事だった。 BlackBerry新端末「KEYone」に関する、ギズモードジャパンの記事だ。

BlackBerryユーザーをバカにしている、docomo「BBサービス終了のお知らせ」DM

いつかは、こんなものが届くと思っていた。 来年、2017年3月31日で、BIS*1関連のネットワークサービスが終了することは既定の事実。 だから、大きく驚いたというわけではないのだけれど、残業疲れの身体でこんなDMを受け取ると、精神的に応える。 ということ…

iPhone&Android etc…同時充電可能な【ジッパー充電ケーブル】が素晴らしい!「日経トレンディ」2016年12月号は、セブン-イレブンで買い!

久しぶりに「日経トレンディ」を買った。 日経TRENDY2016年12月号 僕は、こういったモノ系、トレンディ系雑誌が大好きで、以前は、「DIME」や「モノ・マガジン」なども含め、さまざまな雑誌を定期購読していた。 最近は、あまり雑誌を読む時間がとれないこと…

あぁ、BlackBerryのスマートフォン生産、打ち切り…。

どうにもこうにもやりきれない。 今日も、いつもどおり夜明け前に走ってきたばかりなのだけれど、走っている間じゅう、心の中はモヤモヤしていた。 折角久しぶりに涼しくて、気持ちの良い陽気だったのに、なんだかスッキリしなかった。 起きてすぐ、家を出る…

スマホのカタチはさまざまだ!

最近、どうにも違和感を感じるフレーズがある。 「二つ折りスマートフォン」という用語だ。 二つ折りタイプのスマートフォンを説明する際の記事では、必ずと言っていいほど、見かける。僕は、どうにもこの用語に馴染めない。 僕は、iPhoneやGalaxy Sを「タッ…

BlackBerryの過去・現在・未来

はてなブログから、このようなメールが送られてきた。 1年前のブログ「パーフェクトなキータッチが還ってきた!BBB9900に再び陶…」などを振り返りませんか? 僕が、はてなブログを始めたのは、今年の3月。 だからまだ4ヶ月しか経過していない。しかし、同じ…

SIMフリーiPhone SE&格安SIMでも受け取れた緊急地震速報

怖かった。 昨晩、関東地方で発生した、この地震の恐怖だ。 地震の規模を示すマグニチュードは、5.5。最大震度は5弱なので、熊本の大地震に比べれば、規模は小さい。 僕の住んでいる東京地方は、震度3。決して、怯えるような揺れではない筈なのだけれど…しか…

BlackBerryを持ち歩けなかった1日

昨日は、終日落ち着かなかった。 以前のエントリーでも書いたことがあるのだけれど、僕にとってBBは、身体の一部になっているため、常時携帯していないと、どうにも不安になる。 日中の活用頻度から言うと、併用しているiPhone 5Sの方が断然高い。Web閲覧や…

やっぱりちょっと気になってきたBlackBerry Priv

発表段階では、心が動かなかった。 BlackBerry初のAndroid OS搭載機ということで、もちろん気になる端末ではあった。ただ、今の僕に使いこなせるとは思えなかったからだ。 BlackBerryへの愛は変わらないものの、9900があれば十分という気もしたし、その9900…

札幌で走っていた「ブラックベリー」に抱いた、複雑な感情

先週の土曜日。札幌の地に、ブラックベリーが登場した。 と言っても、僕がこよなく愛する端末の名前ではなく、馬、だ。 ブラックベリーは、札幌5レースの2歳新馬戦(メイクデビュー)に、6番人気の馬として出走していた。 ただ、僕はこの馬が出ていることを…

パーフェクトなキータッチが還ってきた!BBB9900に再び陶酔

(承前) ということで、昨日から「二代目」BlackBerry Bold 9900を使い始めている。そして僕は、その最高最強のキータッチに、あらためて惚れた。時を遡ること3年3ヶ月前、9900を買うしかないと誓ったBlackBerry Nightの感動が甦る。文字を入力するだけで、…

ようやく終わったBBB9900(旧)→BBB9900(新)の乗り換え作業

予備機への移行を決心してから、一ヶ月以上。 例によってズボラな性格ゆえに、乗り換えが面倒で、ずるずると旧機種を使い続けていたが、流石に限界の時が来た。 過敏すぎて、予期せぬ文字変換を発生させてきた「文字」キーに加え、「I(アイ)」のキーもおか…

BIS終了で泣いている、2台の9900

絶句…。 最初にその噂を知った時は、嘘だと思った。嘘だと思いたかった。しかし、嘘ではなかった。 BlackBerry User Group JapanのメーリングリストでBISが終了するらしいという情報が出ました。気になったのでドコモ インフォメーションセンターへ直接電話…

懐かしさと寂しさが交錯する、BlackBerryバッテリドアヒストリー(後編)

(承前) 2012年3月30日。 僕は待ちに待っていたBlackBerry Bold 9900をゲットした。9780を使い出してまだ8ヶ月の時だ。 その頃、僕は9780をとても気に入っていて、9900に乗り換えるには少し躊躇いがあったのだけれど、BlackBerry Nightで、日本発売前の実機…

懐かしさと寂しさが交錯する、BlackBerryバッテリドアヒストリー(中編)

(承前) BBB9000をゲットして、僅か8ヶ月後の2009年12月。 僕は、後継機の9700に乗り換えた。その時点で、docomo版9700は、まだ影も形もなく、いつ発売されるかもわからなかった*1ため、グローバル版をゲットしたのだ。 初代9000よりもスマートな筐体となり…

懐かしさと寂しさが交錯する、BlackBerryバッテリドアヒストリー(前編)

久しぶりに、モバイルグッズ引き出しの整理を行った。 最近は、以前ほど新しいグッズを買うことは少なくなったが、それでも、やっぱり毎月増えていく。だから、たまには片付けておかないと、いざ必要なものを見つけようとするとき、苦労するからだ。 今回は…

BlackBerry Classic 常用体制への道(その3:純正ホルスターの変化に関する雑感)

(承前) BlackBerryには、ホルスターが似合う。 BBB9000の時代には、純正のホルスターが付属品としてついていたぐらいだから、BlackBerryとホルスターの関係は切っても切れないものと言える。 だから、BlackBerry Classicにおいても、純正のホルスターが、…

BlackBerry Classic 常用体制への道(その2:素晴らしき視認性)

(承前) 光の中でも、Classicは素敵だった。 BBB9900以来、受け継がれている視認性の素晴らしさ。 直射日光の下でも、くっきりはっきり見えるのが、BlackBerryの伝統。設定で画面の照度を調節したわけではなく、デフォルトのまま。50%程度の明るさだ。それ…

BlackBerry Classic 常用体制への道(その1:保護グッズ確保!)

喜々として入手したBlackBerry Classic。 しかし、まだ僕は殆どそれを使いこなせていない。 だから、こういった連載エントリーをあげることで、自分へのプレッシャーをかけていくことにした。 常用のためには、いつでも安心して使えるように…ということで、…

9900が拗ねている…?(後編:過敏になって抵抗?する「文字」キー)

(承前) 僕の持っているBlackBerry Bold 9900は、純正の日本版だ。 そのため、右下の角には、文字種の変換ができる「文字」キーがある。 至上のQwertyキーボードに加えて、このキーがあるから、平仮名、カタカナ、英語が入り交じる文章の作成時でも、実にス…

9900が拗ねている…?(前編:突然増えてきた再起動要求)

新しい端末に肩入れすると、それまで使っていた端末が拗ねる。 そんなバカな、と思われるかもしれないが、僕はこれまで何度か経験している。BlackBerry Bold 9900では、かつて、僕がGALAXY Cameraのエントリーばかり上げていたときに、拗ねてしまった経緯が…

大きさも重量も許容できそうな気がするBlackBerry Classic

(承前) BlackBerry Classicを購入する前、一番躊躇っていたのは、そのサイズだった。 現状、僕はiPhone 5SとBBB9900のツートップ体制で、どちらも、掌にすっぽりと収まるサイズ感が、とても気に入っている。 昨秋、iPhone 5の2年縛りが切れた時、ちょうど…

BlackBerry Classic VS 9900 比較インプレッション

(承前) 僕にとっては、9900以来のBlackBerryとなるClassic。 BlackBerryブランドでは、9900以降もさまざまな端末が発売されている。しかし、フルタッチ系は個人的に論外だったし、Qwerty系も、トラックパッドや各種キーの消滅により、購入意欲が沸き上がら…

BlackBerry Classic 開封インプレッション

この週末。 折角、BlackBerry Classicをゲットしたのに、殆ど弄ぶことができなかった。痛恨。 そのため、まだ全く使いこなせていないのだけれど、とりあえず、新端末ゲット時の開封インプレッションだけは行っておくことにしよう。既に各所でアップされてい…

やっぱり我慢できなかったBlackBerry Classic

衝動には逆らえない。 それまでの逡巡が嘘のように、僕は飛びついてしまった。日頃から信頼し、お世話になっているPocketgamesで、BlackBerry Classicの発売が開始されたからだ。 pocketgames PDA秘宝館 » Blog Archive » BlackBerry Classic (UK版 SIMフリ…

一瞬の幻でホッとしたような残念なようなSamsung版BlackBerry

衝撃だった。 [ニューヨーク 14日 ロイター] - 韓国のサムスン電子がカナダのスマートフォンメーカー、ブラックベリーに対し買収を打診していたことが、ロイターが入手した文書や関係筋の話で明らかになった。(ロイター) サムスン BlackBerry買収打診(20…

BlackBerry Classic購入を逡巡している理由

待ちに待っていた…筈だった。 Clove Technologyから、商品入荷の案内メールが届いたのは、今月の7日。その時点ですぐに注文すれば、連休中には届いていたに違いない。しかし、僕はすぐに踏み切らなかった。 久しぶりの海外通販で、オーダー作法?を忘れてい…

「Upgraded」体験できる日が待ち遠しいBlackBerry Classic

おぉぉ、格好いいじゃないか。 BlackBerry® Classic™ – New BlackBerry Classic Smartphone with trackpad and keyboard - EN: Your Power.Upgraded.のキャッチコピーはダテじゃない。 その筐体とスペックは、まさに、9900からの「正当な」アップグレード版…

今も昔も変わらない、My BlackBerryの立ち位置

(承前) ブラックブラザーズ。 今回は、紛うことなき兄弟。愛しき黒苺たち。BlackBerryの競演だ。 思えば5年半以上前の冬。2009年の2月。BlackBerry Bold 9000を初めて触った時は衝撃だった。 いやはや、なんという素晴らしいキータッチ!一瞬で痺れた。 も…


マラソン・ジョギングランキングへ