餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

Travel

興奮と感動の「フライング」ゲット!『パラダイス山元の飛行機のある暮らし』

明日、4月8日発売。 しかし、一般的な書籍の場合、都内の大手書店では、発売日前に入荷、そして販売されるのが通例。 念のため、夕方、ジュンク堂書店池袋店に問い合わせたところ、「はい。さきほど入荷しました。沢山並んでおります。」という嬉しい回答を…

「ワンワールドサファイア」カードが来た!

昨晩、帰宅したら届いていた。 この時期にこういったものが届くとは思っていなかったので、一瞬躊躇ったが、すぐに納得。 僕がJAL修行をしたのは、一昨年のこと。苦労の甲斐あって、何とか、憧れだった「JGCプレミア」会員になることができた。しかし、その…

「JAL国内線 機内インテリア刷新&機内インターネット導入」に思うこと

昨晩。 修行を解脱した感慨に酔いながら、JALのWebサイトをつらつらと見ていたら、新しいニュースが告知されていた。 JAL国内線 - 〜"Welcome ! New Sky"国内線においても「JALの新しい空 」が始まります〜: 国内線において、機内のインテリアが変わるようだ…

JGCプレミアカードが来たーっ!

日本航空から、遂にJGCプレミアカードが届いた。 9月の宮崎行で、JGCプレミアの資格は得ていたのだけれど、カードが届くのは達成日の翌月下旬、有効になるのは翌々月からなので、この日をずっと待ち侘びていた。 いざ受け取ってみると、さまざまな感慨がこみ…

甘美で完璧。極上の飛行機愛に痺れる「飛行機の乗り方」ゲット!

いやはや、面白い。面白すぎてたまらない。 パラダイス山元の飛行機の乗り方 購入後すぐ、パラパラと読み始めたら、指が止まらなくなってしまった。この本には、「修行僧」*1 にとって、宝の山のような情報が溢れている。そのテクニックを、作者のパラダイス…

餃子探しの旅・大阪編(その4:李家風餃子房)

(承前) 双龍居を出ると、雨が降り始めてきた。 夕方からは、再度の但馬修行が控えている。そのため、大阪市街に滞在できるのはあと約数時間。 だんだんと強くなってきた雨の状況を踏まえれば、双龍居の感動を胸に、素直に空港へ戻ってゆっくりするのが無難…

餃子探しの旅・大阪編(その3:超・絶品!「双龍居」のジャンボ餃子×2種)

(承前) 大阪に行くのならば、この店だけは、絶対に外せない。 Meets Regionalの餃子愛特集を入手した瞬間から、僕はそう願っていた。 双龍居。 名だたる関西圏モバイラーの方々が、挙って絶賛されている中華の名店だ。この店の餃子は、関西オフ開催時のツ…

餃子探しの旅・大阪編(その2:神戸餃子の店 イチロー)

(承前) 次の目的地に向かう道程で、絶え間なく続く客引きの嵐。 いやはや壮絶だった。流石土曜夜の歓楽街だなぁ、という感。途中で「店、決まってる?」と何回も聞かれた。あぁ、決まってるさ。餃子屋だけど。 ちょっとした脇道の、しかも雑居ビルの中にあ…

餃子探しの旅・大阪編(その1:餃子のだんちゃん)

大阪を訪れた主目的は、修行だった。 しかし、修行といっても、端的に言えば「但馬に行って帰ってくる*1」だけのことだから、それ以外は僕の自由時間だ。 そして、但馬修行は、宮古修行や宮崎修行に比べると、修行回数が少ない分、フリータイムが長い。とり…

夜明けランの幸せ(大阪編)

ちょっと出遅れてしまった。 本当は未明から走るつもりが、前夜ちょっと夜更かししてしまったせいで、寝坊してしまったのだ。走り始めたのは、5時台ではあったけれど、それでも今は夜明けが早い。 ということで、走ったのはたった5kmあまり。 ホテルを出てか…

なにわなうw

唐突だけれど、大阪に来ている。 朝は地元で18km走ったし、午前中は、目一杯デスクワークをしていたので、なんだかめまぐるしい一日だ。 いやはや、日本は狭いなぁと思う。 今回も、例によって修行で訪れているので、すでに但馬まで行って、帰ってきたところ…

博多@餃子祭り(後編:モバイル談義と餃子で至福の夜)

(承前) 5月5日。 僕は、ワクワクしながらその店に向かった。 博多餃子舎603。 僕が九州に住んでいた頃にはなかった店だが、今は博多のみならず東京にも進出しており、東京の店は何度か行ったことがあった。 馴染みの味で安心できたし、そして何より、博多…

博多@餃子祭り(前編:鉄なべの借りは…。)

時は5月3日の夜、22時に遡る。 その日の修行を終えた僕は、お腹が空きまくっていた。しかし僕にはひとつの大きな目的があったから、空腹も苦ではなかった。その目的を果たすために、ずっと空腹を耐えていたのだ。そう、博多鉄鍋餃子の店、その名も「鉄なべ」…

懐かしの家と、懐かしの店へ

絶対に、行く。 福岡への修行計画が固まった瞬間から、僕はそう決心していた。 旅程中、昼間はまるまる修行なので、行動時間はかなり限られていたけれど、ただ「行く」だけでいいのだから話は簡単。修行の開始前、空港に向かう前に、行けばいいのだ。 住所も…

雪に翻弄された帰路

昨日のソウルは、大雪だった。 降り始めこそたいしたことはなかったのだけれど、夕方ぐらいから猛烈に雪が強くなり、夜中まで降り積もった。ここは雪国か、と思ったぐらい。 厳寒のソウルでは雪は珍しいことではないのだけれど、それにしても、昨日の雪は桁…


マラソン・ジョギング ブログランキングへ