餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

2019年上半期「ボヘミアン・ラプソディ」「クイーン」エントリーまとめ

スポンサーリンク

今日7月2日は、一年でちょうど真ん中の日。(だと、アレクサが教えてくれた。)

上半期と下半期の境目。2019年の折り返し地点になる。

上半期ネタは、はてなブログ「今週のお題」にもなっているようだから、今日はそれについて書かせていただこう。

僕にとって、今年の上半期は…間違いなく、「ボヘミアン・ラプソディ」と「クイーン」に明け暮れた時期だった。

 

 僕の人生を変えた、スタンディングライブ上映

今年の上半期、僕にとって一番の衝撃は、なんと言っても、「ボヘミアン・ラプソディ」のスタンディングライブに参加したこと。

いや、今年レベルの話じゃない。僕の人生を変えてしまった超絶体験だ。

【1月12日】立川シネマシティ(初スタンディング)

僕は、深夜0時からの発売開始後、3分で瞬殺になってしまったチケットを獲得。

胸をときめかせて、スタンディング《ライブスタイル》上映に参加した。

僕は、去年までに「ボヘミアン・ラプソディ」を4回も見ていたし、応援上映や《SCREEN X》上映にも参加していた。

だから、期待値のハードルはとてつもなく高かった。

…が、この時の感動は、その期待値をも軽く超える、凄まじいものだった。

f:id:ICHIZO:20190702040322j:plain

まさに夢のような、いや、夢以上の 超絶体験。

スタンディングしながら、一緒に応援し、みんなで歌うことによる一体感、シンクロっぷりは、ハンパじゃない。

タイムスリップ1985@ウェンブリー・スタジアム!「ボヘミアン・ラプソディ」ライブスタイル上映が超絶すぎた!! 

この時に味わった夢見心地を、僕は一生忘れることはないだろう。

【1月19日】立川シネマシティ(追加上映)

その1週間後に実施された、アンコール上映、追加上映は、またしてもプラチナチケットとなったが、もちろん参加。

f:id:ICHIZO:20190702041133j:plain

ライブエイドシーンで、仮想ウェンブリー・スタジアムと化した場内の【一体感】がハンパじゃない。

僕らは今回も、まさに、あの日、あの時の公演に参加していたのだ!と誤解してしまうほど。

追加公演も超絶!「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ上映@立川シネマシティ 

立川シネマシティ上映の素晴らしさは、劇場のスタッフも、観客の皆さんもクイーン音楽の魅力を、ライブエイドの凄さをわかっていること。

だから、心ゆくまで、思いっきり、盛り上がることができるのだ。

僕は、この後、何度も何度も、スタンディング上映を訪れているが、その思いは強まるばかりだった。

【1月27日】川崎チネチッタ(LIVE ZOUND上映)

f:id:ICHIZO:20190702042231j:plain

チネチッタは、LIVE ZOUNDと呼ばれる、首都圏でも有数の音響施設を自慢としている。僕は、以前からこれを体験してみたかった。それが、他ならぬクイーンの音楽で味わえるなら、最高だと思った。

7回目の「ボヘミアン・ラプソディ」は、川崎チネチッタ《LIVE ZOUND》&《スタンディングOK応援上演》で堪能!

立川シネマシティに続いて、川崎のチネチッタでも《スタンディングライブ》が行われていることを知り、参戦。

立川とは、ちょっと違うノリではあったけれど、LIVE ZOUNDの音響は素晴らしく、僕はたっぷり堪能した。

【2月9日】立川シネマシティ(キャンセル枠をゲット!)

f:id:ICHIZO:20190702043237j:plain

立川シネマシティがとりわけ素晴らしいと思うのは、劇場の方と観客の呼吸が、ぴったり合っていると思うこと。

楽しませ方を《わかっている》劇場の人たちに、楽しみ方を《わかっている》観客が応える。まさに、阿吽の呼吸で成り立っている舞台なので、安心して、最高の気分で楽しめるのだ。

極上のキャンセル枠でライブを満喫!8回目の「ボヘミアン・ラプソディ」!!

雪が降りしきる悪天候の日。

しかし僕は、だからこそチャンスだと信じ、ライブイベントでキャンセルが出ることを祈った。

僕の思惑は的中し、極上のキャンセル枠をゲット。雪に感謝だ。

【2月23日】成田HUMAXシネマズ

f:id:ICHIZO:20190702043718j:plain今回のスタンディング応援上映は、立川や川崎のバージョンと異なり、歌詞の英語字幕が流れない。通常の、日本語字幕バージョン上映となっている。
だから、「一緒に歌いにくくて、盛り上がらないのでは…?」と、少しだけ引っかかっていたのだけれど、それは全くの杞憂だった。

日本三大ウェンブリーを制覇! 成田ウェンブリーで、9回目の「ボヘミアン・ラプソディ」を堪能!!

立川、川崎と並ぶ、日本三大ウェンブリー(?)の成田に初訪問。

やっぱりとっても遠かったけれど、遠征した価値はあったと思う。

【3月2日】川崎チネチッタ(「シンクロナイズド・マイアミ・ウェンブリーver.」)

f:id:ICHIZO:20190702044229j:plain

まさにこれは、シンクロナイズド・マイアミ・ウェンブリーver.だ。

僕は、今回も、あの日のウェンブリーにタイムトリップし、マイアミになった気分で、最高の、極上のライブエイドを堪能。

10回目の「ボヘミアン・ラプソディ」は《シンクロナイズド・マイアミ・ウェンブリーver.》で大興奮!

劇中の“マイアミ・ビーチ”の行動に、リアルタイムでシンクロさせた、スペシャル上映。

映画を見てない人には、「マイアミ・ビーチ?何のこっちゃ?」だと思うけれど、1度でもご覧になった人には、きっと納得していただけると思う。

マイアミ、やっぱり最高。

【3月31日】立川シネマシティ(足柄峠走→ライブ直行!)

f:id:ICHIZO:20190702044452j:plain

峠走で、僕をずっと支えてくれたクイーンの音楽を、すぐにライブ体験できる幸せ。たまらない。

天下無双の「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ!立川シネマシティが無敵だと思う5つの理由 

クイーンの音楽をB.G.Mにしながら、峠走を行った日。

下山した直後に、ライブ上映の《キャンセル枠》をゲットすることができたので、足柄峠から立川へ直行。

峠走で聴いた音楽を思い出しながら、スタンディングライブに酔いしれた。

【4月17日】立川シネマシティ(「クイーンの日」記念上映)

f:id:ICHIZO:20190702045008j:plain

「ボヘミアン・ラプソディ」は映画作品として秀抜なので、もちろん、自宅で見ても十分楽しめるだろう。しかし、1度でもご覧になった方ならきっとおわかりいただける筈だ。

あの映画は、劇場で、それも、とびきり音のいい場所で見る方がいい、と。

「ボヘミアン・ラプソディ」のBlu-rayを買った!借りた!感動した!という人に力説したい、ライブスタイル上映の《特別》《別格》

「クイーンの日」記念のライブスタイル上映。

この日は、映画「ボヘミアン・ラプソディ」Blu-rayの発売日でもあったのだけれど、ライブスタイルは全く【別物】なので、もちろん最高に盛り上がって楽しめた。

【4月30日】立川シネマシティ(平成ラストライブ!)

f:id:ICHIZO:20190702045737j:plain

クイーンの来日ツアーは、1985年(昭和60年)が最後なので、フレディは、「平成」という元号を知らなかったかもしれない。

しかし、日本をこよなく愛したフレディ・マーキュリーだから、きっと、「平成最後の日」のウェンブリーライブも、天国から見守ってくれているに違いない。

平成最後の夜に、「ボヘミアン・ラプソディ」ライブを堪能! 

またしても記念ライブスタイル上映に参加。今度は、「平成最後の日」上映だ。

シネマシティでは、この翌日に「令和最初の日」上映というものも企画されていた。

僕は、できれば両日参加したい!と思っていたのだけれど、別件の予定が入り、参加できなかった。ちょっと残念。

【6月22日】立川シネマシティ(To be continued…)

f:id:ICHIZO:20190702204209j:plain

立川シネマシティでの《通常上映》は、今月の27日で終了するが、イレギュラーでのライブスタイル上映は、これからも続いて、しかも…。

ライヴエイドは終わらない!立川&川崎で《記念日上映》も決定!! - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

僕にとって14回目となる「ボヘミアン・ラプソディ」。

何回見てもやっぱり素晴らしいし、今回は、僕にとって約2ヶ月ぶりのスタンディングライブ参加だったので、またしても大興奮した。

上映後、7月13日に《ライブ場面原則全員タンクトップ上映》が行われるというサプライズ発表があった。

秀抜な企画だけに、チケット争奪戦は、これまで以上に熾烈となりそうだ。

Blu-ray&DVDで!クイーンを堪能

ボヘミアン・ラプソディBlu-ray予約特典比較

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は劇場で、それもライブスタイルで見るのが何より最高!

…ではあるのだけれど、Blu-rayにはBlu-rayの良さもある。

いつでも自分の好きな時に堪能できるし、日本語字幕を消して鑑賞すると(ストーリーをすっかり覚えてしまっているので、僕の英語力でも理解できる^^;)、違ったニュアンスも感じられて、面白い。

超大ヒット映画が、満を持してディスク化されたということもあり、各ショップでは、オリジナル予特典をつけての予約バトルになった。

僕は、かなり目移りしてしまったため、比較エントリーを書いてみた。

ボヘミアンBlu-ray&グレイテストヒッツDVDゲット!

「ボヘミアン・ラプソディ」Blu-ray発売!となった、クイーンの日。

僕は、もちろん、歓喜のゲットエントリーを書いている。

この日、僕は、クイーンの「グレイテスト・ヒッツ」シリーズDVDも合わせて確保。

このDVDは、しばらく入手困難な状態になっていたが、今回、めでたく再発売されることとなったものだ。

僕は、ずっと欲しかったDVDだったので、とても嬉しい。

映画が大ヒットしたおかげだ。

クイーンゆかりの地、モントルーを訪問

フレディ・マーキュリー像に出会った!

5月第二週。

ジュネーブマラソンに参加した僕は、レースの翌日、列車でモントルーに向かった。

ジュネーブからモントルーは、スイス特急で約1時間。

モントルーは、スイス屈指のリゾート地であり、僕はその絶景にも痺れたが、なんと言っても…。

f:id:ICHIZO:20190702163743j:plain

全クイーンファン必見!死ぬまでに見ておくべき「フレディ・マーキュリー」像 - 

フレディ・マーキュリー像に出会えたことが、大きな喜びだった。

その時の感動については、エントリーで詳しく書いたけれど、僕は今でも、余韻に酔いしれている。

圧巻!「Queen Studio Experience」

モントルーの地が素晴らしいのは、フレディ像だけじゃない。

「Queen Studio Experience」が、とてつもなく最高。クイーンファンであれば、きっと誰もが痺れる筈だ。

クイーンの展示を心ゆくまで楽しめて、ミキシングコンソールも実体験できて、しかも無料。

f:id:ICHIZO:20190702164001j:plain

僕は今回、ここを訪れて、本当に感動し、その素晴らしさに圧倒された。その名の通り、超絶のクイーン経験、体験ができる記念館だったからだ。
クイーンの全てを実感、体感!何もかもが圧巻!!「Queen Studio Experience」フォト&ムービーレポート 

 


"Made In Heaven" in Queen Studio Experience

僕も、勇んでミキシングコンソールを体験してみたのだけれど…。

動画を見直してみると、あまりにも酷い操作で愕然。これではクイーンの音楽に失礼だ。

ということで、公開を自粛すべきかとも思ったのだけれど、「ダメな操作例」として、誰かの役に立つかもしれないと考えてアップさせていただいた。

ここは、是非またいつか訪れて、今度はもう少しまともな操作ができるようにしたい。

ライブ&餃ビーのステキな関係

立川、川崎、成田。

今年の上半期、僕は、《日本の三大ウェンブリー》で、スタンディングライブを満喫した。

どの劇場でも、僕はそのライブに興奮しまくったので、当然、終了後は、身体も心も火照っていた。

だから、身体の芯まで、心の奥まで、餃ビーが染み渡る。

立川《シネマシティ》ウェンブリー

「りん屋はなれ」のこだわり餃子&プレモル

f:id:ICHIZO:20190702052419j:plainこだわり餃子、6種12個の盛り合わせだ。僕は、主役の登場に合わせて、3杯目のプレモルも注文した。何杯飲んでも、やっぱりこのビールは美味しいし、そしてもちろん、餃子と合うに決まっているからだ。

「りん屋 はなれ@立川」のこだわり餃子に舌鼓 

「五十番」の昼下がり餃ビー三昧

f:id:ICHIZO:20190702204659j:plain

THE GYOZA MUST GO ON!

クイーンの音楽が永遠に続くのと同様に、餃子も、食べ続けなければいけないのだ。僕は、そんな気持ちになって、次の餃子ステージに進んだ。
「五十番」@立川で、ひたすら餃子を食べ続けた昼下がり 

「餃子のさんくみ」で平成の餃子納め!

f:id:ICHIZO:20190702160346j:plain

肉とキャベツが中心のオーソドックスな具材だけれど、しっかりと下味がついており、何もつけなくても十分美味しい。ニンニクも適度に効いており、僕の好みのタイプの餃子だった。

平成の餃ビー納め!にふさわしかった「三組の焼餃子」

「餃子会館丸山」でヒダなし餃子を堪能

f:id:ICHIZO:20190702160854j:plain

その両面をカリカリに焼かれた皮は、とてもクリスピーで、パイを食べているような食感。

その具は、生姜が絶妙に効いていて、いい仕事をしている。肉と野菜のバランスもとれていて、皮のインパクトに負けてない。

ヒダなし「両面焼き餃子」&「プリプリ水餃子」で至福の餃ビー!/餃子会館丸山@立川 」

川崎《チネチッタ》ウェンブリー

「三鶴」の三位一体ハーモニー餃子

f:id:ICHIZO:20190702153224j:plain

なんと言っても、皮が旨い。しっかりと味がついていて、少し甘みを感じる。そして具がこれまた抜群。野菜はしっかりざく切りで、その食感が心地いいし、豚肉とのバランスも絶妙。

噛みしめるたびに、肉汁の旨味が口内に溢れてきて、幸せな気分になる。
皮×具×辣油の圧巻ハーモニー。「三鶴」@川崎の自家製餃子がウマすぎた!

「太陸」のザクザク野菜餃子に痺れた夜

f:id:ICHIZO:20190702153848j:plain

おぉぉ。旨い!旨いぞ!

思わず、そう繰り返して叫びたくなるほどの旨さ。

歯ごたえのいいザク切り野菜と、強烈なニンニクのパンチ。皮も、もちもち&カリカリで、実に味わい深い。
どストライク!「太陸@川崎」のザクザク野菜餃子に惚れた! 

成田《HUMAXシネマズ》ウェンブリー

「しんゆう GUSUKU」で沖縄気分?のシンプル餃子

f:id:ICHIZO:20190702153601j:plain

噛みしめると、ジューシーな旨味が口の中に残る。僕は、ザクザク感のある野菜系の餃子が好きで、それとタイプは違ったけれど、これはこれで悪くない。

そして、確かに、辣油だけつけて食べると美味しい。

成田ウェンブリーから沖縄へトリップ!?「しんゆう GUSUKU」の餃ビー&ゴーヤチャンプル

下半期の行動計画?w

昨年末の時点で、僕は「ボヘミアン・ラプソディ」を、4回劇場鑑賞していた。

その後も見るつもりではいたけれど、まさかここまでハマるとは、自分でも思っていなかった。

やはり、スタンディングライブが、僕の人生を変えてしまったのだ。

 いくらなんでも、下半期には落ち着くと思うのだけれど…

今月早々、このイベントが控えているため、まだ予断を許さない状況だw

f:id:ICHIZO:20190702050414j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ