餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

餃子のさんくみ@立川で、クイーンライブの余韻に浸る

スポンサーリンク

一夜明けたら、令和一色。

昨日は、テレビでも、SNSでも、令和の話題で溢れていた。まるで新年を迎えたような雰囲気。

ということで、《令和初》のネタを書きたいのだけれど、僕には、《平成の積み残し》が多数残っているので、それを先に書かせていただくことにする。

まぁ、令和はこれからずっと続くわけだし、焦らないw

4月30日。平成最後の夜。

僕は、立川のシネマシティで、「ボヘミアン・ラプソディ」を堪能した。

僕にとって5回目となる、スタンディングライブ@立川ウェンブリーだ。

すでにこれは、単なる映画じゃなく、別次元の超絶イベント。

僕は今回も、心ゆくまで酔いしれきった。

この日は、あいにくの雨だったのだけれど、イベントが終わる頃には小降りになっていたので、僕は駆け足で、次の目的地に向かった。

この日、僕が目指したのは、シネマシティから500mほどの距離にある店…。

f:id:ICHIZO:20190502055538j:plain

「餃子のさんくみ」だ。

店の看板は、「餃子酒場 さんくみ」と書かれているが、正式名称は、「餃子のさんくみ」。

いずれにしても、餃子が看板の店ということは間違いない。

立川は、餃子の名店が揃っているということで、餃界注目のエリア。

そしてこの店も、そんな名店のひとつとして知られている。

しかし僕は、これまで未訪問であったため、ライブの機会を利用して、寄ることにしたのだ。

入店。

店内はかなり賑わっていて、ほぼ満員という状態であったが、何とか席を確保することができた。

f:id:ICHIZO:20190502061245j:plain

店内の雰囲気はこんな感じ。

餃子が看板の店ではあるけれど、中華色はない。「酒場」を名乗っているだけあり、典型的なニッポンの居酒屋というムードだ。

僕が座ってメニューを眺めているころ、団体客と思われる人たちが出て行って、いったん落ち着いた雰囲気になったが、その後、またすぐに満員となった。

時刻は9時半を過ぎていたので、ちょうど入れ替わりの時期ということなのだろう。

僕は、何はともあれ、まず、お酒を注文することにした。

f:id:ICHIZO:20190502062157j:plain

酒場であるから、お酒の種類はいろいろあり、ビールだけでも7種類。

しかし、僕は、今回飲むなら「ラガービール」と決めていた。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」冒頭のライブハウスシーンで、スマイルの演奏を眺めながら、フレディ(当時はボルサラ)が、「ラガー」と注文するからだ。

このエントリーを書くにあたって、「フレディはラガービールが好きだったのだろうか?」と思い、色々調べて見たところ、これを発見。

f:id:ICHIZO:20190502064017j:plain

クイーン・ボヘミアン・ラガー 330ml × 24本入り

 クイーン・ボヘミアン・ラガー!

なんと、こんな商品が発売されていたのか!

商品の説明文を読んだら、僕は、さらに興奮してきた。

  • 世界的に有名なクイーン公式ビール!!!
  • ボヘミアンラプソディリリース40周年記念
  • フレディマーキュリー生誕70周年記念
  • 味も本物!ザーツホップが醸し出す芳醇なアロマ。

現状はもう生産されていないのか、入手不能になっているが、それを知ると、尚更飲みたくなってきた。

amazonで売られていた24本入りのものは、そのケースもプレミア。

f:id:ICHIZO:20190502065236j:plain

f:id:ICHIZO:20190502065345j:plain 

いやはやこれはたまらない。

映画も大ヒットしたことだし、再発売してくれないかなぁ…。

と。話がそれた。

「餃子のさんくみ」を訪れた夜、僕は、そんなことを知る由もなかった。

しかし、映画からの流れで、キリンクラシックラガーを注文。

f:id:ICHIZO:20190502063120j:plain

小さなお通しとともに、それはすぐに提供された。

そして、もちろん、餃子も注文。

f:id:ICHIZO:20190502063211j:plain

餃子の種類は沢山あったが、まずはやっぱり、看板メニューである「アベル黒豚 三組の焼餃子」を食べておく必要がある。

全ての餃子の《物差し》になると思うからだ。

ということで、これをシングルで注文。

状況(と胃の具合)を鑑みて追加することに決めた。

店が混んでいたせいもあったのか、餃子が出てくるまでには少し時間がかかった。

小さなお通しはすぐになくなってしまったので…。

f:id:ICHIZO:20190502065820j:plain

もろきゅうも注文。

それをラガービールのアテにして、僕は、しばし、クイーンライブの余韻に浸っていた。

そして。

(以下、続くw)


マラソン・ジョギングランキングへ