餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

町中華「平和園@広島」で、ワイルドギョウザとビールの昼下がり

スポンサーリンク

【前回のあらすじw】

f:id:ICHIZO:20210405015938j:plain

僕にとっては、9年ぶり3回目の広島訪問。

到着日のランチで行こうと決めていた店「壽ゑ廣餃子」が、臨時休業となっていたため、僕は、餃子難民になりそうだった。

しかし、広島の街をさまよい歩いているうちに、偶然、町中華の店を発見。

店頭の暖簾が、あまりにもいい加減な感じでかかっていたので、「大丈夫か?」と思ったが、食べログの過去写真によると、それがデフォルトであることがわかった。

僕は、細かいことを気にしない店なんだと納得し、ワイルドな暖簾をくぐった。

【広島】「壽ゑ廣餃子」にフラれて、町中華「平和園」に救われた日-

店内は、いかにも昭和の町中華という趣だった。

f:id:ICHIZO:20210405233023j:plain

しかし、そんな店でも、席と席の間にはアクリル板が設置されていた。

席はカウンターのみで、しかも10席程度。

僕が入店した時刻は、13時頃だったので、昼食のピークは過ぎていたと思うが、僕の後にも、何人も入店してきて、店内はほぼ満員だった。

僕は、カウンターに座り、メニューを眺める。

眺めるまでもなく、注文する料理は決まっているのだが、念のための確認だ。

f:id:ICHIZO:20210405233050j:plain

昔ながらのオーソドックスな中華店と思いきや、天ぷら類が充実している。

何だか不思議な感じだった。

ただ、僕が注目したのは、その下に書かれていた一品料理メニューでトップを飾っていた料理だ。

ギョウザ・・・・・・480円

外はパリパリ、中はジューシー心をこめた手づくりです。

その言葉は、僕の感受性を大きく刺激した。

「外はパリパリ」…いいぞ!

「中はジューシー」…それでなくちゃ!

「心をこめた手でくりです。」…やった!

ここまで言われては、注文しないわけにはいかない。

まぁ、言われなくても注文するんだけどw

ということで、僕は、ギョウザと、そして、その最強の伴侶(ビール)も合わせて注文した。

ギョウザとビールは、同時に出して欲しいと依頼し、それが出てくるまでの間、店内をつらつらと眺めながら待っていると…。 

f:id:ICHIZO:20210405233121j:plain

まずは、餃子用のツケダレが目の前に置かれた。

タレの中に、ネギが入っている。これが広島流のタレなのだろうか。

そんなことを思いつつ、厨房を眺めていて、僕は、ちょっと衝撃を受けた。

店主は、炒飯も焼きそばも、そして僕のギョウザも、同じ中華鍋で作っていたからだ。

ギョウザは、丸い中華鍋の中で、まるで炒め物のように調理されていた。

店主は、豪快に中華鍋を振った後、ターナーでギョウザを押さえつけ、油を切って完成。

いやぁ、なんてワイルドな調理方法だろう。

僕は、この店の入店時、暖簾のかけ方があまりにもいい加減でワイルドだと思ったが、そのコンセプトは、調理においても発揮されていたわけだ。

その精神は、盛りつけにも反映。

f:id:ICHIZO:20210405233145j:plain

綺麗に並べようと意思が全く感じられないw

それはそうだろう。

店主は、ギョウザが完成すると、中華鍋から「流し込むように」皿へ乗せていたからだ。

そしてそれを、整えることもなく、そのまま僕に提供した。

人によっては気にするのかもしれないが、僕は、ここまで来ると、豪快でむしろ気持ちいいと感じた。

f:id:ICHIZO:20210405233208j:plain

最強の相棒、ビールとの競演。心が踊る。

見かけなんてどうだっていい。それよりも、ビールとの相性の方が、何倍も重要だ。

囓ってみよう。

f:id:ICHIZO:20210405233235j:plain

美味しいぞ!

かなり小ぶりのギョウザだが、揚げ焼きのような処理をされているため、食べ応えがある。

野菜中心の具とカリカリの皮が、絶妙なバランスを保っていて、後を引く味。

もちろん、ビールとの相性は抜群だ。

僕は、大いに気分がよくなり、あっという間にそれを食べきってしまった。

ということで、追加でもう一皿注文。 

f:id:ICHIZO:20210405233332j:plain

2皿目は、1皿目より、ちょっとだけ行儀良く並んで、僕の目の前に登場。

ただ、厨房を眺める限り、その調理方法も、皿への「流し込み」スタイルも変わっていなかったので、これは単なる偶然だろう。

もちろん、どんな盛りつけだろうと、味には変わりないので、僕は、この2皿目にも大いに満足した。

このサイズであれば、あと数皿ぐらいは余裕でいけそうだったが、この日、僕は、夜にも餃子を食べる予定だったので、グッと我慢。

お腹に余裕を残しておく必要があったからだ。

ということで、僕は、十分満足して、昼下がりの餃ビータイムを終えた。

さぁ、夜のメインイベントに備え、広島の街を観光して、腹ごなしをしよう。

(以下、続く。)

スギちゃん 「ワイルドだろ~」 [DVD]

スギちゃん 「ワイルドだろ~」 [DVD]

  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: DVD
 

マラソン・ジョギングランキングへ