餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

激安「Xiaomi Redmi 9T」が、さらに10%オフの15,739円!

スポンサーリンク

Xiaomi Redmi 9Tは、コスパに優れたスマートフォンだ。

発売当時(と言っても、まだ2ヶ月前の話)のエントリーでも書いたが、

  • 6.53インチの大画面
  • 6,000mAhの大容量バッテリ
  • クアッドカメラ

の三要素を備えて、税込17,490円という価格は衝撃的。

画面認証&指紋認証で、マスク必須のコロナ禍においても安心して使えるし、バッテリは18Wの急速充電対応。

しかも、モバイルバッテリとして利用できる有線リバース充電機能も搭載。

更に凄いことには、画面保護フィルムや保護ケースまで同梱されているため、質にこだわらなければ、関連用品を買う必要さえない。

驚くべきコスパを実現したスマートフォンだ。

もちろん、いくつか引っかかる点はある。

CPUの性能はミドルレンジにとどまり、おサイフケータイ機能はなく、防水・防塵非対応といったところだ。

しかし、その価格を考えれば、割り切れる要素ではなかろうか。

サブ機として考えるなら十分だし、用途によってはメイン機でも使えるスマートフォンだろう。

だからもちろん、めちゃめちゃ売れている。

f:id:ICHIZO:20210407004636j:plain

スマートフォン 週間売れ筋ランキング - BCN+R

最新のスマホ売り上げランキングでも、大ヒット機のiPhone SE群に割り込み、堂々3位に入ってきた。*1

そんなXiaomi Redmi 9Tが、今、なんと、さらに10%オフで販売されている。

f:id:ICHIZO:20210407003636j:plain

Xiaomi Redmi 9T 4+64GB SIMフリー スマホ本体 オーシャングリーン 【日本正規代理店品】

いやはや、これは安い。安すぎだ。

黙っていても売れるのに、いったいどうしてさらに値引されるのだろう?…と思ったら、理由があった。

Redmi 9Tの販売元である、Xiaomiが、この4月6日から世界的セール「Miファンフェスティバル2021」を開催しており、それに合わせてのキャンペーン価格ということだった。

f:id:ICHIZO:20210407010414j:plain

セール期間は4月9日までなので、それが終わると、また、定価に戻ってしまう可能性が高い。

気になる人は、この期間のゲットがオススメだ。

*1:MVNO各社が、その契約とセットで、超値引販売し始めたことが大きな原因だと思うが、それを差し引いても、売れていることは間違いないだろう。


マラソン・ジョギングランキングへ