餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ジュネーブで餃ビー!(焼餃子&韭菜盒子)

スポンサーリンク

その店は、ジュネーブ中央駅のすぐ近くにあった。

f:id:ICHIZO:20190516202949j:plain

店名などはよくわからなかったが、この色彩は、間違いなく中華料理店だ。

近づいてみると、「京宴 Pékin Palace」という名前であることが判明。

そして、正面のガラスに貼られていた、中国語のメニューの一覧を眺めてみると…

「鍋貼」があった!

鍋貼とは、中国語で焼餃子のこと。僕は、まさにそれを探し求めていたので、安住の地を見つけた気分。

ということで…。

ジュネーブで餃子難民になりかけていた僕は、もちろん、この店で餃ビーをすることに決定。

店舗は地下にあるようだったので、僕は、階段を下りていく。

入店。

f:id:ICHIZO:20190516222744j:plain

外入口の雰囲気から、コンパクトな感じの店かと思っていたのだけれど、実際は、かなり広かった。

おそらく50人以上は入れるんじゃないかと思う。

f:id:ICHIZO:20190516211826j:plain

店の奥では団体客が入っていて、大いに賑わっていた。

まずは、何はともあれビールを注文。

ASAHIスーパードライの瓶が、5.5CHF(約600円)だったので、「あれ?スイスにしては意外に安い」と思い、それに決めた。 

f:id:ICHIZO:20190513030812j:plain

出てきて、納得。小ビン(334ml)かぁ…。

ただ、一緒に大量のピーナッツ(無料)もついてきたので、それを考えると悪くない。

何しろ、マックのハンバーガーが1,000円近い価格だし、ガリでさえ270円もする国だから、むしろお得なんじゃないかとさえ思った。

地元で人気のようだし、この店は、結構コスパが良いのかもしれない。楽しみだ。

僕は、もちろん鍋貼を注文。

f:id:ICHIZO:20190516215000j:plain

これは、4個で12CHF(約1,300円)もしたので、それなりのものが出てくるだろうと期待していた。

f:id:ICHIZO:20190516213908j:plain

ということで、ピーナッツをアテに、15分程度待っていると…。 

f:id:ICHIZO:20190513032134j:plain

 「鍋貼」が出てきた!

第一印象は、「うわっ、小さい」と思ったのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20190513032228j:plain

 iPhone SEと比べてみても、やっぱり小さかったw

メニュー上では4個の筈が、5個あったのは、店側のミスなのか、観光客用のサービス(?)なのかはよくわからないけれど、それにしても、1個あたり260円。

これは、じっくりゆっくり味わう必要があるなぁと思った(^^;

f:id:ICHIZO:20190513032327j:plain

囓ってみる。

うん、悪くない。肉の味わいがしっかりするし、皮のカリカリ感ともちもち感もあって、中国の、手作りのしっかりとした餃子という印象。

これでもう少しサイズが大きければなぁ…。

f:id:ICHIZO:20190516222822j:plain
そんなことを思いながら、皿の隅に目をやると、胡麻ダレ風のタレがついていた。

水餃子に胡麻ダレというのはよくあるが、焼餃子では珍しいのではなかろうか。

果たしてこの餃子に合うのかなぁ、と思いながら、つけてみると、これは胡麻ダレではなく…。

f:id:ICHIZO:20190513032939j:plain

マヨネーズだった!

正確に言うと、「マヨネーズそのもの」ではなく、「マヨネーズ風のタレ」という感じだが、少なくとも、胡麻ダレよりは、完全にマヨネーズ寄り。

そしてそれが、この餃子には最高にマッチしていた。

僕は、格段に美味しくなった餃子に舌鼓を打ちながら、気をよくしてビールを追加注文。

今度は生ビールを選択し、加えて、料理も追加。

f:id:ICHIZO:20190516220457j:plain

次に僕が選んだのは、韭菜盒子。僕の大好きな中国料理だ。

ニラ玉入りお焼きのことなのだけれど、ちょっと大きな焼餃子と考えてもらってもいいと思う。

値段も値段だし、今度はそれなりのサイズで出てくることを期待して待っていると…。 

f:id:ICHIZO:20190516221131j:plain

韭菜盒子、登場!

f:id:ICHIZO:20190516221236j:plain

再びiPhone SEと比較。

1個の大きさは、iPhone SEと変わらない感じなので、今度はなかなかボリュームのある餃子(類)だ。

こちらは、マヨネーズタレがついていなかった。

この料理は、具がニラ玉だから、味はしっかりついている筈で、だから、タレは不要なのだと思う。

f:id:ICHIZO:20190516221538j:plain

ぎっしり詰まったニラ玉と、カリカリ皮の相性が抜群。

皮にもしっかり味がついていて、噛みしめるたびに嬉しくなる、そして、ビールに最高に合う料理だと思った。

ジュネーブマラソンの余韻に浸りながら味わう、至福の餃ビータイム。

あまりに嬉しかったので、僕は、さらにビールを追加してしまったほどだ。

値段のことを考えなければ…いや、スイスはどこで食べても高いので、値段を考えても、素晴らしい店だったと思う。

この店に出会えて、本当に良かった。


マラソン・ジョギングランキングへ