餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Garmin「7月の100マイルランニング」バッジ獲得!

スポンサーリンク

村上春樹先生のロングインタビューには、金言が詰まっている。

このエントリーで紹介させていただいたものの他に、こんな言葉も印象に残った。

僕は自分のペースでやりたい。走ればひとりになれる。ひとりになれるというのも走る動機のひとつです。

村上先生の言葉に対し、インタビュアーは、「だったら部屋にひとりでいればいいんじゃないですか?」と問いかけるが…。

それは違います。部屋にいると何かしらしちゃうじゃないですか。携帯を見たり、レコードを触ったり、ものを書いたりして。走る時は走るしかないでしょ。

うん。わかる。わかるなぁ。僕も、自分のペースで、ひとり無心に走るのが好きだからだ。

ただ最近は、少し悩ましいこともある。マスクやバフの存在だ。

こんなものを装着しながら走っていると、それがストレスになって、心が乱れる。無心になれない。

だから僕は、もっぱら誰も人がいない夜明けの時刻に走るのが常。

昨日の東京は、久しぶりに晴れて、日中は暑い1日になったけれど、午前4時台ならば、全く問題なかった。

f:id:ICHIZO:20200720033527j:plain

日中は、人や車で賑わう道も、こんな感じ。

昨日は、街なかを16km走ったのだけれど、すれ違った人はたった数人だった。

だからやっぱり、夜明けのランは素晴らしい。

走り終えて、Garmin connectでラン記録を保存すると、GarminアプリからiPhoneに通知が届いた。

f:id:ICHIZO:20200720034813j:plain

f:id:ICHIZO:20200720034053j:plain

「7月の100マイルバッジ」獲得だ!

これは、7月1日~7月31日で、100マイル(160km)以上のランニングアクティビティを達成するとゲットできる。

僕は、このチャレンジに参加したことを忘れていたので、バッジが届いて嬉しかった。

最近は、目標とするレースもなく、ひとりで淡々と走っているだけだから、こういったプレゼントは望外で、とても励みになる。

また、毎日走っているだけで、JALのマイルがザクザク貯まるというのも魅力。

さぁ、今日も、夜明けの街へ走りに出よう。


マラソン・ジョギングランキングへ