餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランチなし、弁当なし、通販なし…だけど、やっぱり「東亭@東池袋」の餃子が最高!

スポンサーリンク

東京の街は、大きく変わってしまった。

通勤電車こそ、相変わらず混雑している(これが一番問題だと思うのだけれど…。)が、街を歩く人の姿は、明らかに減少。

飲食店においても、休業を掲げて、テイクアウト専門に移行していく店が増加している。

そんな中…僕がこよなく愛する、東池袋の「東亭」はいったいどうなるのだろうと思った。

僕は、この店の餃子があれば生きていけるので、たとえ籠城生活になっても困らない。

東京一、いや、日本一美味しい餃子だと思っているが、難点がひとつ。

訪店ハードルが極めて高いことだ。

僕は、この店を10年以上贔屓にしているが、訪店の条件は年々厳しくなり、昨年には、このような状況となっていた。

f:id:ICHIZO:20200411023934j:plain

ランチ営業も復活したが、火曜の昼だけで、毎週大行列。

持ち帰りの生餃子にしても、週に2回(火曜、金曜)の16時~18時だけの販売で、これも、開店前から行列。しかも、売りきれ次第終了…。

ボクは東亭の餃子で生きていく。 - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

いやはやなんとも厳しいハードル。

しかし、一時期は休業していたこともあったため、僕は、復活してくれただけで幸せだと思っている。

復活後、ランチに行く夢は叶っていなかったけれど、持ち帰りの生餃子は定期的に購入しており、僕の家の冷蔵庫・冷凍庫から、それが消えたことはない。

東亭の餃子は、白飯よりも食べる機会が多い、僕にとっての《主食》だからだ。

新型コロナウイルスの影響に伴い、店舗の営業にも変更が生じる可能性があるかと思ったため、僕は、先週末のロングラン時、確認してみた。

f:id:ICHIZO:20200410200138j:plain

もちろん店は閉まっていたが、店頭には、いつもと違った貼り紙が貼ってあった。

 近寄って確認してみると…。

f:id:ICHIZO:20200410200157j:plain

ランチ休止…か。

まぁ、それも仕方ないかもしれない。ランチ時間は、大行列の上に、店内も超満員で、《密》が必至の状態だからだ。

世間では、「ランチの代わりに弁当を販売」などという店も多くなっているが、それもなかった。

まぁ、もともと、ランチ提供は、火曜日の2時間だけという【超限定】の対応だったから、わざわざ弁当を出す必然性はない。

ただ、東亭の弁当なんてあったら、一度食べてみたかったなぁ…。

火曜、金曜夕方限定の「生餃子お持ち帰り」販売が継続されるということで、とりあえず一安心。

この店は、冷凍餃子の通販も行っていないため、入手するために、店舗に行く必要があるが、僕は今後も、万難を排して買いに出かけるつもりだ。

f:id:ICHIZO:20200410200213j:plain

東亭の生餃子を焼いて、心から堪能する餃ビー。

ちょっと焼きすぎに見えるかもしれないけれど、東亭の餃子は、これぐらいカリカリに焼いた方が断然美味しいのだ。

いやぁ、いつもながら、本当に最高。これほど至福の夕食はない。

やっぱり僕は、この餃子で生きていく。


マラソン・ジョギングランキングへ