餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

《マツコの知らない世界》別格枠で、日本一の餃子店「東亭@池袋」が登場!

スポンサーリンク

昨晩放映された「マツコの知らない世界」は、「餃子VSシュウマイ」の世界だった。

「マツコの知らない世界」では、6年前に餃子特集、3年前にシュウマイ特集が行われているが、今回は、その両雄対決という形式になった。

予告編を見る限り、前回企画とは切り離されて、まったく新しい店の紹介ということだったのだけれど…。

番組冒頭で、僕は大きな衝撃を受ける。

f:id:ICHIZO:20211013025106j:plain

f:id:ICHIZO:20211013024809j:plain

うわっ。また東亭が登場だ!

こんな紹介の仕方ってアリなのか。

マツコは、以前の特集で食べた、東亭の餃子とシュウマイを引き合いに出し、「あれが(美味しさの)基準になってますよ私」と言って、プレゼンターにプレッシャーをかけたのだ。

以前の特集を見ていない人に、「東亭って、そんなに凄いんだ!」と思わせるには十分なインパクト。

これは、またしても東亭が注目されるだろうなぁ…。

僕はとても嬉しく思いながら、その一方で、ちょっと心配な気持ちになった。

池袋「東亭」は、間違いなく日本一の餃子店だから、紹介されたのはとても嬉しいのだけれど、前回放送後の反響が頭によぎるからだ。

3年前のシュウマイ特集で、マツコが「東亭」のシュウマイも餃子も大激賞したために、店には、想像を絶するほどの客が訪れ、その結果…。

休業を余儀なくされてしまったからである。

僕は、かれこれ20年以上、東亭の餃子とともに生きており、間違いなく僕の主食。

僕の身体の何パーセントかは、東亭の餃子でできているのではないかと思うほど。

だから、休業中は、本当に悲しくて、切なくて、そして何より心配だった。

休業から4ヶ月が経ち…。

復活してくれた時は、本当に嬉しかったことを思い出す。

その後、東亭は、営業時間の縛りがさらに厳しくなり、また、コロナの影響もあって、ランチ営業は行っていない(生餃子のお持ち帰りのみ)けれど、やっぱり最高だった。

マツコが激賞するまでもなく、東亭の美味しさは唯一無二で、他のどんな店も圧倒している。

そんな「東亭」は、再来年、創業50周年が控えている。

それまで(もちろんそれ以降も)末永く続いて欲しいと思っているから、今回のマツコ効果が本当に気になる。

僕のブログなど、世間に対して何の影響力もないが、マスコミの力、とにかくマツコのインパクトは半端じゃないからだ。

今回のマツコ発言で、「東亭」の素晴らしさが広まるのは嬉しいことだけれど、大きな混乱が生じないことを祈りたい。

緊急事態宣言中、町中華で餃ビーできなかった時も、僕は東亭の餃子に救われた。

f:id:ICHIZO:20211013031545j:plain

東亭の焼餃子とビール。史上最強の至福コンビ。

日常どんなに疲れたことがあっても、この組み合わせを味わうだけで、僕は、本当に幸せな気分になれる。

最近は、水餃子もお気に入りだ。(焼餃子とは具が異なり、全く違った美味しさがある。)

シュウマイは、数えるほどしか食べたことがない(僕は、餃子とシュウマイの二択だと、圧倒的に餃子を選んでしまうため)のだけれど、これも、もちろん絶品。

買い置きしてあった餃子が切れてしまったので、近々また買いに行くつもりだったのだけれど、果たして無事に購入できるだろうか…。


マラソン・ジョギングランキングへ