餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

東京の《野菜》餃子を語るなら…絶対に外せない「東亭」と「龍門」

スポンサーリンク

今朝。

アレクサに「おはよう」と呼びかけたら、《野菜の日》だと教えてくれた。

f:id:ICHIZO:20200831015541j:plain

アレクサは、野菜のダジャレを言いたくてたまらないようだが、とりあえずは無視することにしたw

「野菜の日」にちなんだネタを書きたかったからだ。

僕は、15年前のエントリーで、この記念日については言及済。

読み返してみると、我ながらくだらないことを書いているなぁと思ったが、今でもたぶん同じようなことを書くだろうw

ということで今回は、「野菜」餃子について語ることにした。

餃子は、とても懐の深い食べ物で、その具を一口に語ることはできないが、大別すると、《野菜》系か《肉》系に分かれる。*1

噛んだとたんに肉汁が飛び出す「一味玲玲@新橋」の餃子や、肉汁の旨味が絶妙な「珉珉@赤坂」の餃子など、《肉》系餃子の名店は多い。

しかし今日は、野菜の日なので、《野菜》系餃子について語ろう。

都内で、野菜系の餃子名店は無数にある。

厳密に統計をとったわけではないが、《肉》系よりも《野菜》系餃子を出す店の方が圧倒的に多い筈だ。

僕は、餃界人ではなく、単なる餃子ランナーなので、まだまだ未制覇の店も多い。

が…これからどんな店に出会っても、僕のベストからは絶対に外れない、超絶の店がある。

そして、そのどちらも《野菜》系餃子の店なので、自信を持ってご紹介させていただこう。

まずは、なんと言っても、東池袋の東亭だ。

僕は、12年前にこのエントリーを書いて以降、繰り返し、この店の素晴らしさを書き続けている。

味わい深い厚めの皮による、カリカリともちもちが絶妙のバランス。ひとくち噛みしめると、ザクザク野菜の旨味が溢れ出す。ニンニクもたっぷり効いていて、身体に元気をくれる餃子だ。

その具には、肉も入っているのだけれど、なんと言っても、野菜の《ザクザク感》が強烈で、それを受け止める皮の味わいも完璧。

近所にあれば、毎日でも通いたいぐらいの店だったが、そうは簡単にいかなった。

訪店ハードルが極めて高い店だからである。

ただ、12年前の時点では、それでも、週に3日は営業していたし、昼のランチも、夜の焼餃子テイクアウトもあった。

しかし、「マツコの知らない世界」で取り上げられてからというもの、大行列の店になってしまい、その影響で一時閉店にも追い込まれてしまった。

だから…。

なんとか復活した時は、涙が出るほど嬉しかったことを思い出す。

週に2回、火曜と金曜の夕方だけ、生餃子のテイクアウトのみという条件だったけれど、食べられるだけで幸せだ。*2

f:id:ICHIZO:20200831030539j:plain

僕は、生餃子をまとめ買いし、家で「東亭」餃ビーするのを至福の喜びとしている。

もちろん、店で焼いたものに比べると断然落ちるのだけれど、それでもなお、超絶的に美味しい、最強の野菜餃子だ。

そして…《野菜》餃子と言えば、この店も絶対に外せない。

「龍門」だ。

京急空港線の大鳥居という立地、そして営業時間の制約で、この店は、僕にとって、東亭以上にハードルが高い店だった。

先日、4年ぶりに訪れて、あらためて、その美味しさに唸った

この店の餃子の具は、ほぼ100%野菜だと思われるのだけれど、いわゆる野菜餃子にありがちな淡泊さは皆無。

とにかく強烈にジューシーで、味わい深い餃子だから、超絶的にビールとの相性がいい。

しかし…。

今は、コロナの影響により、ランチタイムのビール注文ができなくなっており、僕はそれが本当に残念だった。

皮と具が、芸術的とも言えるバランスで両立している。

皮は非常に薄皮で、裏は軽く包んであるだけなので、噛みしめたとたん、包みこまれた野菜の旨味が溢れ出してくる。

f:id:ICHIZO:20200807022308j:plain

カリカリ、ふわふわ、そしてザクザク。

f:id:ICHIZO:20200807022420j:plain

三位一体の感覚が、口の中で混じり合って、想像を絶するハーモニーを醸し出す。

いやはや旨い。旨すぎる。これは、この店でしか味わえない唯一無二の味だ。 

これは4年前のエントリーだけれど、こうやって引用するだけで、野菜の旨味が口内に溢れてくる気がする。喉が鳴る。ビールが欲しい。

夕方はビールも注文できるようだが、餃子がすぐに売り切れてしまうため、遅くとも18:00までに辿り着かないと食べられない。

なんとか餃ビーをしたいので、休暇をとって行こうかと検討中w

f:id:ICHIZO:20200831032732j:plain

*1:エビなどの海鮮がメインになっている餃子もあるが、その場合も、大抵、野菜や肉と一緒に和えられている。

*2:その後、週に1回、火曜だけ店内で食べることができるようになったが、現在は、コロナの影響で休止中。


マラソン・ジョギングランキングへ