餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

平成の餃ビー納め!にふさわしかった「三組の焼餃子」

スポンサーリンク

来たーーーーっ!

f:id:ICHIZO:20190503040728j:plain

僕は、心の中で快哉した。

豪快な羽根を纏った「三組の焼餃子」登場だ。

三組と言っても、餃子が3セット出てくるわけじゃない。これは、店名(餃子のさんくみ)に由来している。

なぜ店名が「さんくみ=三組」なのかについてはよくわからないけれど(店員の人に聞いておけばよかった^^;)

この日の僕は、立川シネマシティでの「ボヘミアン・ラプソディ」ライブ帰り。

その余韻に浸りながら入店し…。

餃子登場までの間、お通しと前菜で繋いでいた。

だからこれは、まさに待望の瞬間だった。

ということで、「平成最後の餃ビー with クイーン」記念に、競演写真を撮影。

f:id:ICHIZO:20190503041112j:plain

いやはや、なんともやっぱり羽根が圧巻だ。

決して美しいとは言えないが、豪快。そんな無骨なところが、却って気に入った。

僕は、あまり、餃子の羽根にこだわるたちではなく、「別になくてもいい」派なのだけれど、このインパクトにはちょっと惹かれた。

f:id:ICHIZO:20190503042240j:plain

テーブルには、酢醤油ベースの《餃子のタレ》が用意されていたけれど、まずは、何もつけずに囓ってみた。

f:id:ICHIZO:20190503042902j:plain

旨い! 

肉とキャベツが中心のオーソドックスな具材だけれど、しっかりと下味がついており、何もつけなくても十分美味しい。

肉は、鹿児島産のブランド豚であるアベル黒豚を使っているとのことで、味わい深かったし、細かく刻まれた野菜とのバランスも抜群。

ニンニクも適度に効いており、僕の好みのタイプの餃子だった。

皮と具のバランスも絶妙。それに加えて、豪快な羽根がいい仕事をしている。

パリパリの薄皮で、その食感がなかなか乙なのだ。

ちょっと油っぽい感じはするものの、その分、ビールには最高に合う。

平成の餃ビー納めとして、ふさわしい餃子だと思った。

僕は、とても感激したので、他の餃子も食べてみることにした。

f:id:ICHIZO:20190503044246j:plain

炊き餃子や水餃子も気になったのだけれど、ビールとの相性を考えると、僕は、もう少し焼餃子が食べたかった。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20190503044220j:plain

変わり種餃子を含む、「焼き餃子の盛り合わせ4種」を注文することにした。

それからしばらく、クイーンライブの余韻に浸りながら、飲んでいると…。

f:id:ICHIZO:20190503044614j:plain

盛り合わせ餃子、登場!!

餃子は、基本的に皮で包まれているため、こういった盛り合わせの場合、どれがどれやら?になってしまうのが常。

しかし、この店は提供方法で少し工夫をしていた。

下段の2種類(左2つが三組餃子、右2つがニンニク餃子)は、ちょっと見分けにくい。

しかし上段は、裏返しになっていることで、判別しやすくなっている。

左の2つは、内側の青い具材が透けて見えることから、明らかに「しそ餃子」。

そして右の2つは、黄色がかった羽根が「チーズ餃子」であることを如実に示している。

いやぁ、これはどれもこれも美味しそうだぞ。

僕は、大いに期待が高ぶってくるのを感じた。

ここで、ちょうどビールもなくなってしまったので、追加注文。

f:id:ICHIZO:20190503045640j:plain

ビールは、引き続きラガービール(なぜラガーなのかについては、前回のエントリー参照。)としたが、「キリン・クラシックラガー」から、「サッポロ・赤星」に変更。

このビールを置いている居酒屋はそれほど多くないと思うので、貴重だ。

それでは、各2個づつ四組ある餃子のうち、三組餃子を除いた三組の餃子(なんのこっちゃw)についても、レポートさせていただくことにしよう。

店員の方から、「餃子につける調味料はお好みですが、しそ餃子だけは、《うめず》で食べてください」というお話があった。

「うめず…?」

それを聞いて、僕は驚いて叫んだ。

f:id:ICHIZO:20190503053229j:plain

楳図かずお 動いて叫ぶスタンプなのら~!

楳図かずおのドリンクかと思ったのだ。

というのは嘘で(おぃ!)…。

f:id:ICHIZO:20190503051915j:plain

この梅酢だった。

日本語の場合、そもそも、「楳図」と「梅酢」はアクセントが違うので、間違えようがないのだけれど、つい筆が滑った。

若気の至り(いくつなんだよw)ということで、許していただきたい。

f:id:ICHIZO:20190503054127j:plain

確かにそれは、梅酢とぴったりマッチした。

たっぷり入った紫蘇の味わいに、梅の風味が加わって、まさに、絶妙のハーモニーを醸し出す。おぉ、これは合う。美味しいぞ。

今度、他のしそ餃子を食べるときも試してみることにしよう。

f:id:ICHIZO:20190503054710j:plain

ニンニク餃子も最高。

その具は、一見、ノーマルの三組餃子と変わらない具材なのだけれど、実際は大違い。

ニンニクのパンチがガッツリ効いているのだ。僕はニンニク好きなので、たまらなかった。

そして。

f:id:ICHIZO:20190503054948j:plain

チーズ餃子がこれまた抜群。

具材の中から溢れ出すチーズもさることながら、羽根が逸品。

羽根にもしっかりとチーズが溶け込んでいて、クリスピーなピザを食べている気分にもなるからである。

いやぁ、どれもこれも、本当に美味しかった。

そして何より、ビールには最高に合う餃子たちだ。

まさに、至福の餃ビータイム。

平成最後の夜に、素晴らしい餃子に出会えて、本当に良かった。

LCB-291 楳図かずお 25mm缶バッジ04 楳図かずおグッズ 缶バッジ

LCB-291 楳図かずお 25mm缶バッジ04 楳図かずおグッズ 缶バッジ

 


 


マラソン・ジョギングランキングへ