餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

糀谷「朋友」で、真昼の餃ビーを堪能!

スポンサーリンク

喉が、いや、僕の身体じゅうがビールを求めていた。

その日僕は、大好きな「龍門」で、4年ぶりに絶品焼餃子を食べたのだけれど…。

ランチタイムは、ビールの注文が「不可」だと言われてしまったからである。

僕は、一瞬、目の前が真っ暗になったようなショックを味わった。

史上最強の餃ビーを味わうために、わざわざ大鳥居まで遠征したというのに…。

落ち込まずにいられるわけがない。

餃ビーできないことがわかった時点で、餃子ライスに切り替える、という手もあった。

それはそれで満足できた筈だ。

しかし、僕はその選択をしなかった。餃ビーの借りは、餃ビーで返す。

そう思い、絶品餃子の大盛り(9個)を食べただけで、「龍門」を出た。

本当ならば、ビールとともに、《お替わり》をしようかとも思っていたので、お腹に余力を残した形だ。

ただ、龍門の餃子は、揚げ焼きのような焼き方で、それなりにボリュームもあるため、9個も食べた僕は、それなりの満腹感があった。

だから僕は、腹ごなしもかねて、隣駅の糀谷まで歩くことにした。

僕が最初に餃ビーリベンジをしようと思っていた店は、ここ。

f:id:ICHIZO:20200808140308j:plain

「味一番」だった。

いかにも、《ザ・町中華》といった感じの、寂れた趣が素晴らしい。最近、僕は、町中華にハマっているので、尚更そう感じた。

なんとなく、店全体が傾いている、というのも魅力だ。

ということで、入店。

いざ、リベンジ餃ビーだ!と思い、餃子とビールを注文しようと、壁に貼ってあったメニューを眺める。

すると、こんな表示が目に留まった。

餃子(夜のみ)450円

なんと…。

僕は、再び大きなショックを受けた。

不幸中の幸いは、まだ、ビールを注文していなかったこと。

折角ビールを頼んでも、餃子が食べられなければ全く意味がないので、僕は途方に暮れるところだったからだ。

僕は、店員さんに「すみません」とお断りをして、店を出た。変な客だと思われたかもしれないが、仕方ない。

ということで、僕が次に向かった店は、ここだった。

f:id:ICHIZO:20200808141718j:plain

「朋友」である。

「味一番」ほどではないが、こちらも歴史を感じさせる佇まいになっている。

さぁ、この店で、今度こそ餃ビーリベンジだ!

…と思いながら、店に近づいていくと…。なにやら、入口に貼り紙が貼ってあるのを発見。

f:id:ICHIZO:20200808142443j:plain

ごはん終了しまた。

ん?

「し」がひとつ足りないんじゃないか?と思うのだけれど、まぁ、言いたいことはわかる。

営業中の札はついたままなので、要は、《ご飯類》が提供できなくなった、ということなのだろう。

ならば、僕的には問題ない。餃ビーにご飯は不要だからだ。

ということで、入店。

ドアを開くなり、おかみさんに謝られる。

「すみません、今日はご飯が終わってしまったんですけど…。」

しかし、僕はひるまず、「餃子はありますか?」と聞いた。

すると、「はい。あります。」とのこと。

ならば全く問題なかったので、僕は、ビールとともに注文し、カウンターに着席した。

ほどなくすると…。

f:id:ICHIZO:20200808152848j:plain

ビールがやってきた!

僕にとっては、まさに、待ちに待ったビールだったので、ようやくありつけてホッとした。

アテが一緒についてきたのも嬉しい。

たった胡瓜4切れだけれど、無料のサービスだし、餃子が出てくるまでの繋ぎと考えれば十分だ。

僕は、しばらくの間、喉をビールで潤しながら、主役の登場を待った。

そしてついに…。

f:id:ICHIZO:20200808155844j:plain

焼餃子、登場!

ついに、ようやく、念願の餃ビーが叶った。

ここに辿り着くまでに、紆余曲折があっただけに、僕は、嬉しくてたまらなかった。

f:id:ICHIZO:20200808160851j:plain

その味は、実にオーソドックスなものだった。

何しろ、「龍門」の餃子を食べてしまった直後だけに、それと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまうが、手造り感溢れる餃子だ。

その具は、野菜と肉がバランス良く、ニンニクは入っていない。あまり下味はついておらず、普通に酢醤油が合う。

カリッカリに焼けた皮が味わい深く、ビールとの相性は抜群だった。

待望の餃ビーを堪能し、僕は、十分にお腹が膨れてきたのだけれど、そんな僕の眼前に、サプライズが出現した。

(以下、続くw)

f:id:ICHIZO:20200808163713j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ