餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

城北中央公園~赤塚公園ハシゴラン!…ならず(泣)

スポンサーリンク

最近、週末の夜明けランは、もっぱら都立城北中央公園のグラウンドで走っている。

ここは、とてもいいコースであることは間違いないのだけれど、ロングランをするには、精神的になかなか厳しい。

1周400mのコースなので、10kmならば25周、20kmとなると50周(!)も、走らなければいけないからだ。

僕は淡々と走るのも嫌いではないが、同じ場所を何十周も、しかも毎回そればかりでは心が折れる。

もちろん、城北中央公園に辿り着くまでの距離もあるし、公園全体はかなり広いので、グラウンドにこだわらなければ、それなりに距離は稼げる。

ただ、それでもやっぱりマンネリであることは否めない。

ということで、先週末は、久しぶりに「城北中央公園~光が丘公園」のハシゴランをしようかと思った。

この2つの公園は数キロ程度しか離れておらず、光が丘公園が、これまた素晴らしい公園なので、ハシゴするにはもってこい。

実際、過去何回も、僕はこの2公園のハシゴランを敢行していた。

ただ…。

先週、都内の地図をつらつらと眺めていたら、僕は、他の選択肢があることに気がついた。

城北中央公園から、北方5Km程度の場所に、割と大きめの公園があるではないか。

f:id:ICHIZO:20191117201618j:plain

赤塚公園だ。

これまで僕は、この公園を訪れたことがなかった。

昔、僕は、下赤塚駅の近くに住んでいたこともある*1し、ランナーとして、その近くを走ったことは何度もあったというのに、存在にさえ気がついていなかった。何とも不覚だ。

広大な光が丘公園(画像左)と比べると、かなり規模は小さいが、城北中央公園との比較ならば、半分程度(?)の規模に見えた。

ならば、走ってみる価値はある。

ランナーとして、公園の新規開拓もしてみたかったし、そして何より、「赤塚公園」の立地が素晴らしかった。

公園から少し足を伸ばすと、荒川河川敷がある。だから、余力があれば河川敷ランも楽しめる。

そして、公園のすぐ近くには、個人的に、見逃せないスポットが存在していた。

僕は、赤塚公園を走ったあとも十分に楽しめると確信し、昨日の土曜日、ワクワク気分でロングランを始めた。

城北中央公園をぐるぐる回っている時も、僕は、赤塚公園や、アフターランのことを夢見て、いつもより気分良く走れたほどだ。

ところが、僕の夢を一気に崩したのが…想定以上の寒さだった。

いや。

正確に言うと、夜明けの寒さに対する、僕自身の甘さだった。

その点は、昨日のエントリーで詳しく書いた。

僕は、赤塚公園に着いた時点で朦朧となっており、走るどころの状態ではなかったのだ。

思えば、Googleマップの指示に従って「赤塚公園」を目指し、辿り着いた場所が、僕の混乱に拍車をかけた。

僕は、何とかようやく目的地に着いたぞ!と、ホッとしたのだけれど…。

f:id:ICHIZO:20191117205523j:plain

公園は、とても小さくて、長細い。中に入ってみたが、ランニングできるような場所などない。

僕は、「思ってたんと違う!」と、笑い飯の西田ばりに叫びたくなった。

しかしそれは、単に僕が無知だっただけ。

その後、しばらく周辺をさまよい歩いていると、この案内板を発見。

それでやっと、僕は真実に気がついた。

f:id:ICHIZO:20191117210228j:plain

赤塚公園は、さまざまな地区が連なってできている、集合型の公園だったのだ。

そんなことは、事前にしっかり調べておくべきだったのに、それを怠った自分の甘さに泣けてきた。

f:id:ICHIZO:20191117210422j:plain

僕は、当初のランニングコースとして描いていた、中央公園(?)の部分にも、なんとか到着。

が….既にもう、僕には、公園内を走る余力など、僕には全く残っていなかった。

ハシゴラン、大失敗だ。

身体は寒さでブルブルと震えており、僕は、一刻も早く暖をとりたかった。

ランの計測は止めていたから、あとは、帰路に向かうだけ…とも思った。

が、どんなに頭が朦朧としても、どんなに身体が震えても、僕は、「ラン後の目的」を忘れていなかった。

ということで、這々の体になりながら、僕は、この日の最終目的地に向かって歩いた。

(以下、続く。)

*1:ただ、下赤塚駅と赤塚公園は何キロも離れており、近所、という感じではない。「赤塚公園」の最寄り駅は三田線の高島平駅になる。


マラソン・ジョギングランキングへ