餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

土星と月と太陽と。スタミナ補給ラン IN 荒川河川敷

スポンサーリンク

必要なのは、スタミナだ…と、僕は強く感じていた。

東京マラソンは、制限時間が7時間もあるレースなので、おそらく、完走はできると思う。

しかし、僕は今回、楽しく走り終えたかった。タイムは全く狙えないが、東京の街を、楽しみながら、走り抜けたい。

となると、やっぱり、今の僕にはスタミナが足りない…と思っていたのだ。

座骨神経痛の発症に伴い、長い距離を走れない身体になっていたため、昨秋の大阪マラソン以降、ロングランは皆無。

鍼の効果で光明が出てきて、30km走でもしようと思っていた矢先に転倒…ロングランどころか、丸々1週間、全く走ることができなくなってしまった。

そんな状態でフルマラソンに臨むのは、とてもリスキーだと思っていた。

だから、整形外科の先生から「ランOK」の許可が出たとき、僕は心に決めていた。

この3連休で、せめてフル距離を走っておこう。

…と、思ったのだ。

スピードは出せないので、単にだらだら走るだけ。でも、それでいい。

今回、僕にとっての目的は、「長距離を走れる身体に戻すための」スタミナ補給ランだったからである。

翌週末だと、レース1週間前になってしまうから、ロングランは、身体にとってむしろマイナス。

となれば、この連休が最後のチャンスだった。

もちろん、身体と相談しながら行う必要があるから、僕は慎重に作戦をたてていた。

復活初日は、近所で、月と火星に癒やされながらの10kmラン。

2日目は、皇居3周&東京駅ゴールの15kmラン。

初日も2日目も、思ったよりきつくなくて、当初の想定より長く走れたのが嬉しい誤算だった。

フル距離まで、あと17.195km。これならば、十分達成できる。

ということで、3日目の夜明け前。

僕は、ここに佇んでいた。

f:id:ICHIZO:20180214040024j:plain

荒川河川敷、だ。

この日の天気は快晴。僕は、天空の情景を堪能しながら走りたかったので、そう考えると、「ここしかない」という結論だった。

この時間帯は氷点下で、カメラを取り出してシャッターを切るだけでも指が痺れた。

現状、左手がまともに使えない状態なので、何度もカメラを落としそうになってしまったほど。

ここで落下させてしまったら、泣くに泣けない(というか、笑い話の域w)なので、僕は、震えながらカメラを握り、撮影。

何も、こんな時間から走らなくても…という気が一瞬よぎった。

しかし、僕はやっぱり、この情景を撮影したかったのである。

f:id:ICHIZO:20180214041124j:plain

月と土星のコラボレーション。

土星は、肉眼だとなかなか探しにくい惑星なので、月に寄り添う、このタイミングは見逃せなかった。

f:id:ICHIZO:20180214041252j:plain

月は、有明月。

月齢25日目となり、2日前の下弦の月から、さらに大きく欠けていた。

満月以降、毎日、夜明け前に、変貌する姿を見せてくれる月。

僕は、そんな月が大好きだから、この期間の夜明け前ランがやめられない。

ましてや今回、土星もコラボレーションしてくれているのだ。

となれば、走るしかないではないか。

僕は、そんな月と土星に見惚れながら、荒川沿いを下った。

f:id:ICHIZO:20180214041900j:plain

江北橋下。

河川敷ランにおける、僕の定点撮影地だ。スカイツリーの上空に浮かぶ、月と土星。いやはや素晴らしい。

それからしばらく、下流に向かって走り続けていくと…。

f:id:ICHIZO:20180214042341j:plain

空が赤く染まってきた。美しい朝焼けの情景だ。

この「夜から朝に変わる景色の変化」を楽しめるのも、夜明け前ランの大きな魅力。

それを堪能する舞台として、荒川河川敷はまさに絶好だと思う。

この辺りで、走り始めてから10kmになったため、僕は、上流へ折り返す。

f:id:ICHIZO:20180214042652j:plain

明るくなってきた天空でも、月と土星のコラボは続いていた。

ただ、この時間帯がギリギリ。

次第に、太陽の存在感(陽光)が勢いを増してきて、天空にある星たちをかき消してしまう。

この日も、ほどなくすると、土星→月の順に見えなくなってしまった。

f:id:ICHIZO:20180214043458j:plain

再び、江北橋下。

つい1時間前、月をバックにして、自らも光を放っていたスカイツリーが、一転、朝焼けに照らされながら、静かに佇んでいた。

それからしばらく走っていくと…。

f:id:ICHIZO:20180214044227j:plain

 太陽がぐんぐん登ってきた。

f:id:ICHIZO:20180214044400j:plain

荒川河川敷ラン、終了!だ。

f:id:ICHIZO:20180214044851j:plain

終わってみれば20kmラン。

赤羽駅から河川敷までの往復2kmは、調整ジョグとして差し引くとしても18km。

この日のラン目標は17.195km(=連休累計42.195km)だったので、

なんとか目標達成することができた。嬉しい。

元気だった時は、1日でフル距離を走ることもたびたびあったし、2日連続30kmランなどということも頻繁に行っていた。

そう考えると実に心許ないが、現状の僕ではこれが精一杯だし、やれるだけのことはやった、と、思う。

実に久しぶりの3日連続ラン、そして、合計フル距離ラン。

その割には、身体も座骨も、それほど疲れていないように感じた。

ただ、油断は禁物。

のんびりランとは言え、病み上がりの(いや、まだ上がっていない)身体にとっては、「見えない疲れ」を発生させてしまっている可能性があるからだ。

そんなダメージがあるといけないので、僕は、連休最終日の午後、次の作戦へとりかかることにした。

(以下、続くw)

土星: 第六惑星写真集

土星: 第六惑星写真集

 

 


マラソン・ジョギングランキングへ