餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

最高の夜明けランシーズン!@荒川河川敷

スポンサーリンク

上り始める太陽が、僕の大事なランニングパートナー。

本当に、夜明けが早くなったものだ。

これから夏至に至るまでは、さらに、日の出の時刻が早まっていく。

僕は、平日のランにおいては、大抵、同じ時刻(4時台)から走り始めているため、日々、季節の移り変わりを感じている。

変わっていくのは、日の出時間だけじゃない。気温も大きく変化する。

最近、昼間の気温はかなり上がってきているけれど、朝晩は、まだ涼しい。

特に昨日は、かなり気温が下がって、寒さで身体が震えたほど。

昨日僕は、起きるや否や、荒川河川敷まで遠征したため、いっそうそれを強く感じた。

しかし、ランニングをするのならば、それぐらいの気温が最適。

実際、走り始めてみると、実に心地よかった。

荒川河川敷は、とっても素晴らしいコースなのだけれど、夜明け(前)に走る場合は、難儀をすることもある。

吹きっさらしのコースだから、気候に大きく左右されるのだ。

真冬は、暗くて寒くて心が折れそうになるし、真夏は、暑くて心が折れそうになる。(夏の場合、昼間よりはマシだけれど…。)

だから。

この時期の夜明けランは、まさに絶好。

寒すぎず、かといって、暑くもならず、夜明けランナーには絶好のコースとなるのである。

ということで、僕は、予定通りの10kmランを、楽しくフィニッシュ。

河川敷、最高だ。

f:id:ICHIZO:20190509193239j:plain


マラソン・ジョギングランキングへ