餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

皇居ラン経由、東京駅ゴール!で思い描いた、2週間後の夢

スポンサーリンク

東京マラソンまで、あと2週間。

そんな日曜日は、皇居へ繰り出すことに決めた。左腕にはギプスを巻いたままだが、それでも走れるということは、前日の月見ランでわかっていた。

ただそれは、あくまで「走ることが可能」というだけのことであって、きつい練習はできない。座骨も心配なので、今は、手探りで走る必要がある。

皇居外周は、そういう練習にはもってこい。1周5kmというキリのいいコースだし、気になってきたら、周回途中で、どこからでも離脱し、電車に乗ることが可能。

だから僕は、身体と相談しながら、無理のない範囲で走ろうと思った。

f:id:ICHIZO:20180213044802j:plain

1周目。半蔵門から見下ろした情景。

まだ、夜は明けていなかった。今の時期、この時間はとても寒いのだけれど、僕はやっぱり、この時間のランが好きだった。「夜から朝に変わっていく」情景の変化が楽しめるからだ。

半蔵門から見下ろす景色も、周回ごとに、その彩りを変えていく。 

f:id:ICHIZO:20180213044901j:plain

2周目。

空はすっかり明るくなった。のろのろと1周走っている間に、夜が明けていたからだ。

f:id:ICHIZO:20180213045012j:plain

まだ、この時間の皇居外周は、ガラガラ。

夕暮れ時などに走ると、ランナーでごった返していることもあるので、そういった点を考えても、夜明けの皇居ランは魅力的だった。

僕は、これで終わりにしようか…とも思ったのだけれど、身体に聞いてみると、「まだ大丈夫」という答えが返ってきた(ような気がする)ので、継続。

f:id:ICHIZO:20180213044945j:plain

3周目。

すっかり上った朝日は、分厚い雲越しでも、その存在を大きく主張していた。

僕は、ここまで気持ちよく走ることができた喜びを噛みしめながら、皇居コースを離脱。

外堀沿いを少し走っていると…。

f:id:ICHIZO:20180213045033j:plain

優雅に、ゆったりと動く白鳥が二羽。

f:id:ICHIZO:20180213051819j:plain

水鳥たちも、静かな朝を楽しんでいた。

そんな情景を横目に見ながら、僕は、この日のゴール地点に辿り着いた。

f:id:ICHIZO:20180213045058j:plain

東京駅だ。

その駅舎は、朝日をバックにして、素敵に輝いていた。

2週間後…僕は、ここに辿り着けるだろうか。辿り着けた時、どんな気持ちでいるだろう。

とりあえず、あと2週間の過ごし方が、とても大事だと思うので、僕は、最後の目標を心に描いた。

まずは何より、これ以上、新たな病気や怪我を重ねないこと。

そして…。

(以下、続くw)

 

初めての方にもオススメ   「皇居ラン」が10倍楽しくなるDVD

初めての方にもオススメ 「皇居ラン」が10倍楽しくなるDVD

 

 


マラソン・ジョギング ブログランキングへ