読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

彩りも、味も絶妙コンビ!「一番五郎」@仙台の相盛り餃子

スポンサーリンク

 仙台国際ハーフマラソンのレース後。

僕は、はてブロランナーのMacRunさん、びあーさんと、あおば餃子&ビールをご一緒させていただき、感動のひとときに酔いしれた。

それぞれご予定があったお二人と、仙台駅で別れの挨拶。

僕は、街へ繰り出すことに決めた。

本当は、仙台国際ハーフマラソンの参加案内一式に、クーポンが同封されていた、この店に行きたかった。

f:id:ICHIZO:20170517035402j:plain

が、あいにく、日曜・祝日は休業。

ただ、まぁ、市街に繰り出してみれば、どこかいい店が見つかるだろう…ということで、無計画、無調査で彷徨ってみることにした。

当日は、祭りが行われていた商店街を、ひたすら巡る。

途中、何軒かめぼしい店をみかけたものの、午後2時過ぎという(ランチタイム終了~ディナータイム開始前)という微妙な時間だったこともあり、準備中になっているところが多かった。

しかし。

天は僕を見捨てていなかった。

f:id:ICHIZO:20170517033944j:plain

この店を見つけたからだ。

その名は、「一番五郎」。ラーメン屋っぽい風情で、味噌ラーメン一押しの暖簾がかかっていたが、「仙台あおば餃子」という文字もあったので、僕は入ることに決めた。

カウンターに着席。

f:id:ICHIZO:20170517033956j:plain

メニューでも、やっぱり、「野菜たっぷり味噌ラーメン」が一押しだった。

…が、もちろん、僕の目はこれを見逃さなかった。

f:id:ICHIZO:20170517034007j:plain

相盛り餃子。

一番餃子3個とあおば餃子3個のセット。390円。安い。

ラーメンとのセットならば、「ライス&一番餃子3個」で+140円、「ライス&あおば餃子3個」で+200円という、さらにお得な値段設定だったのだけれど、迷いはなかった。

餃子を食べるときは、餃子に集中したい!というのが僕の信条だし、仙台では、もう1軒ぐらいハシゴをしたかったので、お腹に余力を残しておきたかったからだ。

ということで、相盛り餃子と…もちろん、ビールを注文。

注文後、すぐにビールが運ばれてきてしまい、ちょっと失敗したなぁと思った*1が、待つこと5分程度で…。

f:id:ICHIZO:20170517034021j:plain

相盛り餃子がやってきた!

iPhone SEとの比較でおわかりのように、それほど大きな餃子ではない…が、一口餃子というほど小さくもなく、これで390円なら上々だ。

緑と白のコントラストは、見た目も美しくて、食欲がわく。

f:id:ICHIZO:20170517034240j:plain

仙台あおば餃子。

レース後のフードコートで食べたものも美味しかったが、揚げ餃子になってしまっていたため、「オーソドックスな」あおば餃子に出会えて嬉しかった。

f:id:ICHIZO:20170517034100j:plain

 店内にも、「仙台新名物」として、あおば餃子の案内が掲示されていた。

曰く…。

仙台産雪菜をベースに6種類の野菜を加えたヘルシー餃子です。野菜のうまみが、噛んだ瞬間に広がります。

とのこと。期待が高まる。

f:id:ICHIZO:20170517034117j:plain

実食。

おぉ、確かに、野菜の旨味がしっかり感じられる。ほんのり甘くて、優しい味だ。

仙台に来てよかった。あおば餃子に出会えてよかった。そう思った。

そして。

f:id:ICHIZO:20170517034318j:plain

 一番焼餃子。

こちらは、ごく一般的な見かけをしているが、決して「あおば餃子」のおまけではない。店の名前を冠していることからわかるように…。

f:id:ICHIZO:20170517034344j:plain

 この店の看板餃子なのだ。

こちらの宣伝コピーは…。

ジューシー感を出す為に、豚肉の割合は具の6割以上にしてさらにこれを10種類以上の調味料で味付けし、ラーメンと合うように仕上げた具だくさんジューシー餃子。

とのこと。

僕は、ラーメンを注文していないので、「ラーメンと合う」かどうかは判断できないが、それを抜きにしても十分美味しそうなコピーだし、これは期待が持てる。

ということで、齧りついてみると…。

f:id:ICHIZO:20170517034331j:plain

旨い!

確かに、とってもジューシー。

あおば餃子が、とても優しい野菜の味わいだっただけに、その後に食べると、肉の旨味が際立つ気がする。

そして、ニンニクがとっても効いている!

僕はニンニク好きなので、これはたまらなかった。肉とニンニクでパンチ十分。いやはやとても元気が出そうな餃子だ。

とても満足して、食べ終えた後に店内を見回すと、「一番餃子」についての大きな掲示があることに気がついた。

f:id:ICHIZO:20170517034403j:plain

なんと。味噌ダレがあったのか。

僕は、それに気がつかず、食べきってしまって痛恨。追加注文しようか…とも思ったが、諦めざるを得なかった。

時刻は午後3時に近くなっており…。

f:id:ICHIZO:20170517034434j:plain

この店の営業終了時刻が近づいていたからだ。

会計時、店員の人に「餃子、美味しかったです」と話したところ、「夜は、餃子居酒屋になって、種類も沢山増えるんですよ」とのことだった。

なんと、二つの顔を持つ店だったのか。

f:id:ICHIZO:20170517034449j:plain

店を出ると、準備中のボードとともに、「餃子専門店」の垂れ幕まで掲げられていた。

f:id:ICHIZO:20170517034502j:plain

 確かに、店の外には、「ネギポン餃子」など、昼のメニューにない餃子名もあった。

あとで調べて見ると、そもそもこの店は餃子専門店で、仙台市が「あおば餃子」などを売り出す前から、餃子を売りにしていた店だということがわかった。

f:id:ICHIZO:20170517060522j:plain

f:id:ICHIZO:20170517060529j:plain

仙台餃子酒場 | 株式会社食むすび|一番五郎・仙台餃子酒場・中野五郎

この他にも、水餃子、蒸し餃子はじめ、多種多彩なメニューがあり、どれもこれも魅惑的。

いやはや、これは、是非、今度は夜に再訪しなければ!と思った。

来年の仙台国際ハーフは、前日入りして、ここの餃子でエネルギーチャージをしようかなぁ…。

 

 

*1:熱々の餃子と同時に、冷たいビールをクイーっと飲みたかったためw


マラソン・ジョギング ブログランキングへ