餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「京都マルシン餃子」を「串かつ でんがな」で味わった、緊急事態宣言明けのフライデーナイト

スポンサーリンク

しばらく前から、店の前を通るたびに気になっていた。

f:id:ICHIZO:20200530023616j:plain

「串かつ でんがな」チェーンが、店舗限定で行っている《最強コンビ》セットだ。

いかにも美味しそうな餃ビーのセットが、税抜き598円。税込でも657円だから、リーズナブル。

しかも、その餃子は、京都で行列のできる店として知られる「マルシン飯店」のもの。

僕は行ったことのない店なのだけれど、Webで検索してみたところ、京都では行列のできる店として有名で、餃子の評判もいい感じ。

そんな店の餃子とビールが、お得に味わえるということで、僕は、この「串かつ でんがな」に惹かれたが、これまでは入店を見送っていた。

僕は、普段串かつを殆ど食べないからだ。

串かつ専門店に入って、餃子だけ食べて帰るというのは、ちょっと気が引ける。

さらに、新型コロナウイルスの影響で、外食を自粛するフェーズに入ってしまったため、尚更。(店も一時期閉店していた。)

ただ…昨日の会社帰りに、ふと、僕は、この店に立ち寄ってみたい気分になった。

ウイルス問題については、まだまだ油断はできないけれど、とりあえず、緊急事態宣言は解除になった。

しかも…。

f:id:ICHIZO:20200530042225j:plain

店内はガラガラで、「三密」の心配はゼロ。

おまけに昨日は、プレミアムフライデーではないか。

僕には全く関係のない行事だし、世間的にも死語じゃないかという気がするけれど、それでも、気分だけはプレミアムに過ごしたいと思った。

ならば、やっぱりここは餃ビーだ!

ということで、入店。

f:id:ICHIZO:20200530042909j:plain

店内には誰もおらず、厨房内の店員もスマホに夢中で、僕が呼びかけなければ気がつかない始末。

大丈夫か…?と思ったが、入店した以上は、やっぱり《最強コンビ》セットを味わわなければ。

ということで、僕は、「マルシン餃子とビール」を注文。餃子が出てくるまでのアテとして、ピリ辛ザーサイを頼んだ。

f:id:ICHIZO:20200530043354j:plain

お通し(無料)のキャベツと、ピリ辛ザーサイ。そして、生ビールがすぐに出てきた。

ビールはキンキンに冷えていて、実に美味しかった。昨日は暑かったこともあり、喉の奥まで染み渡る。

生ビール単体だと448円だから、それに150円プラスするだけでマルシン餃子がつくというのは、やっぱりお得だ。

餃子が焼き上がるまでの間、店内をつらつらと眺めてみる。

この店は基本的に「串かつ」店であるが、餃子推しも凄い。

f:id:ICHIZO:20200530043650j:plain

f:id:ICHIZO:20200530043930j:plain

店内でもこのように、各所でPRしていた。

f:id:ICHIZO:20200530044941j:plain

店員さんからは、餃子用の調味料セットが提供され、その際、「酢胡椒で食べるのがお勧めです。」と言われた。

それはいわゆる《餃子にはしっかり味がついている》という意味だから、僕の期待は大いに高まる。

そしてついに、待望の焼餃子がやってきた!

が…。

僕はちょっと戸惑ってしまった。

f:id:ICHIZO:20200530044327j:plain

餃子は、かなり小ぶり。

サイズ比較用に、iPhone SEを並べて見ると、寂しい印象が際立つ。

まぁ、餃子の美味しさは、サイズと無関係だけれど、そもそも見た目があまり美味しそうじゃない。

f:id:ICHIZO:20200530044715j:plain

うーん。

広告写真の餃子は、かなりジューシーっぽい感じなのに、この餃子には、ジューシーさが皆無。「これじゃない感」が満載なのだ。

囓ってみる。

f:id:ICHIZO:20200530045754j:plain

思ったほど悪くない。

それなりに味はついているし、野菜と肉のバランスもいい。ビールのアテとして、パクパク食べられそうな餃子だ。

僕は、餃子が出てくるまでの間に、1杯目の生ビールを殆ど飲んでしまっていたため、追加で、もう1杯注文。

f:id:ICHIZO:20200530050127j:plain

折角だから、餃ビー写真を撮ってみたが、うーん、やっぱり、なんか違う。

僕が、店に入るまでに描いていた、餃ビーのイメージは、これだったからだ。

f:id:ICHIZO:20200530050535j:plain

別物としか思えないw

まぁ、それなりに満足はできたけれど、期待値が高かっただけに、そのぶん、落胆も大きかった。

ただ…。

これは店員の「焼き方」にも原因があるのではないかと思う。食べているとき、皮がちょっと生っぽい部分もあったからだ。

餃子の素材はそんなに悪くないのだから、もっとしっかり焼いてくれれば、写真に近いものができる可能性もあり得る気がした。

マルシン餃子は、お取り寄せ販売もしているようだし、京都に行けば生餃子の持ち帰りもできるようなので、今後機会があれば、買って、自分で焼いてみようかとも思う。

餃子を食べ終わっても、ビールはまだ残っていた。

僕は普段ほとんど串かつを食べないが、折角だから、軽めに野菜系の串かつセットを注文。

f:id:ICHIZO:20200530051517j:plain

エリンギ、椎茸、レンコン、ナス、たまねぎ。

衣はサクサクだし、野菜もキノコも新鮮な感じで、とても美味しかった。

昨日、僕はなんとなく胃が凭れる感じだったため、軽めに野菜系のセットを注文したが、今度はしっかり肉や海鮮の串かつも食べてみたいなぁと思った。

僕の結論。

やっぱり、この店は串かつの店だ。

餅は餅屋。餃子は餃子屋(中華料理屋)で食べようw

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マルシン飯店 生餃子3箱セット 送料無料 1箱20個入×3箱 生餃子 餃子 ギョ...
価格:4820円(税込、送料無料) (2020/5/30時点)

楽天で購入

マラソン・ジョギングランキングへ