餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕が旅に出る目的

スポンサーリンク

旅に出る目的は、人によってさまざまだろう。

最近の僕は、マラソンレースに伴う旅が多いけれど、それが目的の全てじゃない。

旅先での情景や出会い、もちろん餃子を楽しむことも、旅の目的。

それぞれの重要度は、旅によって異なるが、ひとつだけはっきりしていることがある。

全ての旅において、「日常のストレスから解放されること」が、僕の最大の目的であり、喜びだ。

旅は、僕をリフレッシュさせてくれる大きな要素。

次の旅があるから、今、頑張れる。毎日を乗り切っている。

旅の間は、そう、旅の間ぐらいは、完全にストレスフリーでいたい。

そう思って、僕は生きている。

しかし、今までの旅では、それが結構難しかった。

僕は、ちょっとしたことでも、すぐに気になって悩む厄介な性格なので、旅の途中にストレスが発生してしまうからである。

旅に帯同させる電子機器類の山に溺れ、「やたらと荷物が多くなりすぎる」ことも、そのひとつだった。

結果、全てを使いこなせず、旅の終わりに後悔することがしばしば…。

だから今回の旅で、僕は、帯同する電子機器を、大きく絞り込むことに決めた。

電子機器中毒とも言える僕にとって、これはひとつの賭け。

日常使っているものが「ない」ことによるストレスが、発生する可能性もあったからだ。

ただ、旅先において、日常と全て同じ生活環境を求めるのは所詮無理。

ならば、旅先ゆえの割り切り、旅先ならではの装備、絞り込みが必要だと考えたのである。

結果、僕の目論見は大成功だった。

今回の旅は、身軽に、ストレスフリーで、実に気持ちよく過ごすことができた。

僕にそれをもたらしてくれたMVPは、なんと言っても、「あの」端末だ。

 (以下、続くw)

【蛇足】

今回のエントリーとは直接関係ないけれど、僕にとって、「旅」と言えば、この本。

f:id:ICHIZO:20181128041452j:plain

深夜特急〈第一便〉黄金宮殿

若い頃に出会って痺れまくり、それから数十回と読み返している本だ。

旅をイメージした《第一便》《第二便》《第三便》という表現が、何とも格好いい。それぞれの便ごとに、世界や感情が移ろっていくのも素晴らしい。

あぁ、僕は、この本に大きな刺激を受けて、アジアのさまざまな国に行ったんだよなぁ…。思えば、あの頃はストレスなんてあまりなかった。

「深夜特急」は、文庫化もされているが、その際なぜか6巻ものとなり、《第一便》などの便表示がなくなってしまった。実に残念。ここは単行本のスタイルと連動させて欲しかったなぁ…。

ということで、僕は、文庫化後もそれを入手せず、この単行本を読み返し続けてきた。

ただ、単行本はあまりに嵩張って荷物になるので、「旅先に持ち出しにくい」のが難点だった。

旅行中に読めるよう、いつか文庫本も買っておこうかなぁ…と思っていたのだけれど、今回、ちょっと調べてみて驚いた。

文庫本の全6冊が、「合本版」としてKindle化されているではないか。

深夜特急(1?6) 合本版

深夜特急(1?6) 合本版

 

これを買えば、さまざまな電子機器で読めるため、全く荷物にならない。いやぁ、便利な時代になったものだ。

「電子化」された書籍において、巻数の概念など無意味だと思うから、《合本版》という名目で、文庫版6冊分程度の金額になるのは、ちょっと納得できないのだけれど…。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ