餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

旅のお供に「iPad Pro」が最強すぎる件

スポンサーリンク

まさかこんなに便利だとは思わなかった。

それが僕の、iPad Proに対する正直な心境だ。

それまでのiPad Air 2でも、十分満足していたけれど、Proの発表時にビビッときた直感は、間違いじゃなかった。

もうAir 2には戻れない。そんな思いになっている。

今回の旅で、僕は大いにそれを実感したので、ちょっと書かせていただこう。

大阪へ向かうにあたり、僕は今回、新幹線を利用したのだけれど、最速の「のぞみ」を使っても、東京からは2時間以上かかる。

飛行機ならば、いざ飛び立ってしまえば1時間もかからない*1ので、それと比較すると、時間は結構ある。

僕は、その時間を有効に使いたいと思った。

f:id:ICHIZO:20181128052359j:plain

 iPad Proの筐体は、新幹線の狭いテーブルでもすっぽりと収まる。

純正のSmart Keyboard Folioは、持ち歩き時のカバー代わりにもなっているので、それを開いて使うだけ、だ。

iPad Air 2を使っていた時代、僕は、本体に保護ケースを装着し、長文の入力時などは、外付けのBluetoothキーボードを利用していた。

だから、新幹線などで使う場合は、「iPadを立てかけて、キーボードと接続させて、指紋認証させて…」という一連の操作が必要だった。

利用時、iPadの画面は横向きになっているため、「指紋認証させて…」というのが、ちょっとだけ面倒に感じていたことを思い出す。

しかし、iPad Proに関しては、そういった面倒は一切なくなる。

なんと言っても、Face IDが最高すぎるからだ。

液晶画面に一切触れることなく、単に、カバーを開いて、画面を「見る」だけで認証完了。いやはや便利でたまらない。

本体のみで使う場合は、認証後、画面の下からスワイプさせる必要があるのだけれど、Smart Keyboard Folioを装備していれば、それも不要になる。

開いて、iPadを立てかけて、何らかのキーを押すだけ。

f:id:ICHIZO:20181129050957j:plain
それでもう、すぐ、この画面が立ち上がるのだ。

Face IDにより、一瞬で認証が完了しているし、Bluetoothの接続も気にする必要はない。

いやぁ、もう、最高じゃないか。最高すぎる。

沖縄の海に向かって、せやろがいおじさんばりに、

お~い、iPad Pro最高や~!

と叫びたい気分*2だ。

Apple Pencilがあれば、SmartNewsの記事の「行ったり来たり」もペン先操作で楽々。

まぁ、SmartNewsは、iPadの画面で見なくても、iPhoneで気軽に見ることができるので、僕はすぐにブログの記事作成へ移行したのだけれど(^^;

iPad Proの画面は広くて快適だし、Apple Pencilの操作性が、これまた実に快適なので、思った以上に捗った。

 ということで、新幹線車内で書き上げたのがこのエントリー。 

内容の拙さについては(今更なので)目をつぶっていただくことにして、個人的には、2000字超の内容を、移動中でも気楽に書き切れたことが大きな収穫。

これまでは、Windows PCがないと、なかなか難しいと思っていたので、僕はiPad Proの便利さに酔いしれた。

そんな僕の思いは、大阪に着いてからも、ずっと継続する。

薄くて軽いので、どこにでも気軽に持ち運ぶことができるし、ちょっとしたスペースと時間があれば、すぐに広げて、一瞬で使い始められる。実にストレスフリーなガジェットだ。

ノートPCなどと違って、モバイルバッテリでの充電が可能だから、便利で快適。

USB Type-Cケーブルに対応したことで、活用の幅も大いに広がった。

いやはや本当に、実に申し分ない。最強すぎる。

今回の旅で、僕はそれを大いに実感した。 

f:id:ICHIZO:20181128052417j:plain

大阪から帰る車内では、Amazon Prime Videoで、素敵な映画をゆったりと鑑賞した。

いやぁ、本当にいい時代になったなぁ…ということを感じさせてくれるガジェット。

iPad Pro、やっぱり最高だ。

*1:この「いざ飛び立ってしまえば」というところがポイントで、搭乗までの手続きがやたらと面倒くさい。発車1分前でも飛び乗れる新幹線は、その点、断然楽。

*2:せやろがいおじさんの基本スタンスは「苦言を呈する」ことだと思うので、実際、こんなことは言わないと思うけどw


マラソン・ジョギングランキングへ