餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

シアトルで走りたい!

スポンサーリンク

昨晩、イチローが搭乗したシアトル行きの便は、搭乗口が51番に変更された。 

51番は、もちろん、イチローがオリックスやマリナーズ時代につけていた背番号。

全日空も、粋な計らいをするものだ。

そんな思い出深い番号のゲートをくぐって、《伝説の男》は、シアトルに戻ってしまった。

イチローは、今後、どのような人生を送るのだろう。

それは、記者会見で明らかにされなかった。

あれだけの戦績を残した選手だから、普通ならば、監督への道を思い描いてしまうのだけれど、そのつもりはないようだ。

日本に戻ってくれば、「引く手あまた」であることは間違いないが、そもそも、日本に戻ってくるのかどうかもよくわからない。

イチローの性格からして、まだしばらくは、シアトルに滞在しそうな気がする。

ならば。

f:id:ICHIZO:20190323150601j:plain

Seattle Rock 'N' Roll Marathon

そんなイチローがいるうちに、シアトルの地を走りたい!

という気持ちが、ふつふつとわき上がってきた。

「ICHIRO」にあやかった(?)「ICHIZO」のゼッケンは、シアトルのレースでつけてこそ、意味がある筈だ!…と、思えて仕方がなくなってきた。

単なるマラソンレースではなく、《ロックンロール・マラソン》シリーズのひとつ、というのもいい。

f:id:ICHIZO:20190323153707j:plain

 Rock 'n' Roll Marathon Series  

《ロックンロール・マラソン》は、米国を中心に世界7カ国、30都市以上で開催されているマラソンシリーズのこと。

大会のテーマは【音楽とマラソンの融合】であり、コース内では至るところでバンドの生演奏が流れ、その中を楽しく走ることができるのだ。

僕は思い出す。

10年以上昔、ニューヨーク訪問のついでに、フィラデルフィアを訪れた時。

ちょうど、このロックンロールマラソンが開催されており、まさに音楽とマラソンのお祭りだったことを。

フィラデルフィアの街じゅうで鳴り響く音楽の中、沢山のランナーたちが、僕の眼前を駆け抜けていった。

その時、僕はまだ、ランニングをしたことがなかったのだけれど、でも、「あぁ、楽しそうだなぁ。面白そうだなぁ」と思った記憶がある。

僕の人生において、初めて生で観戦したマラソン大会だ。

その後、数年経って…僕は自分でも走り始めることになる。

僕がランナーになった理由は多々あるが、そのひとつとして、《ロックンロール フィラデルフィア ハーフマラソン》の記憶があったことは間違いない。

だから。

僕は、いつかまた、フィラデルフィアを訪れてみたい、あの地で、ロックンロールにまみれながら走りたい、という夢を抱いていた。

そんなロックンロールマラソンが、フィラデルフィアに限らず、全米各地で行われているということは、つい最近知った。

そして、その都市の中に、シアトルが含まれていることを、今回知った。

しかも…。

シアトルの大会には、フルマラソンがある!

フィラデルフィアの大会では、フルの設定がなく、メインレースは、ハーフマラソンとなっていた。

僕は、ハーフよりも、断然フルが好きなので、ならばシアトルの方がいい!

おぉ、何としても走りたくなってきたぞ。

今年の開催日は6月9日となっており、時期的にはちょっと難しいのだけれど、ちょっと本気で検討している。

と、書きながら、いろいろと調べてみたところ…。

シアトルでは、冬の時期にも「シアトルマラソン」というものが開催されるようだ。

f:id:ICHIZO:20190323162451j:plain

SEATTLE MARATHON.ORG

しかも、こちらはなんと、今年が50回目の記念大会!ではないか。

ニューヨークシティマラソンの記念大会には出場が叶わなかったので、代わりにこちらを選ぶ、という選択肢はあるかもしれない。

ただ、Web上には、このマラソンに関する情報がなかなか見つからず、やっと見つけた情報での評価も、ちょっと微妙。

うーん、やっぱりロックンロールマラソンの方がいいのかなぁ…。

Rock n' Roll マラソンシリーズ ? 12ペグメダルハンガーディスプレイ

Rock n' Roll マラソンシリーズ ? 12ペグメダルハンガーディスプレイ

 

マラソン・ジョギング ブログランキングへ