読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

シカゴマラソンでも絶大だった「ICHIZO」ゼッケン効果

スポンサーリンク

シカゴマラソンが凄いのは、摩天楼だけじゃない。

何と言っても、応援が素晴らしかった。スタートからゴールまで、ほぼ途切れることなく、沿道には人波があり、数多くの応援をいただいた。

マラソンでの応援は、ただそれだけで嬉しいものだけれど、直接名前を呼んでもらえると、力がさらに漲るように思える。

ただ、海外マラソンでは、現地に知り合いでもいない限り、「僕」を「僕」と認めて応援してもらうことはなかなか難しい。

だから僕は、5年前のニューヨークシティマラソン前に、自分なりの対策をとって臨むことにした。

オリジナルゼッケンを専門に作成している、ゼッケンドットコムというWebサイトで発注し、《ICHIZO》ネームのゼッケンを作ったのだ。

f:id:ICHIZO:20161019042051j:plain

果たして、その効果は絶大だった。

f:id:ICHIZO:20161019042108j:plain

沿道で次々わき起こる「ICHIZO」コール。これが、スタート直後のブルックリン地区から、ゴール手前のセントラルパークまでひっきりなしに続いたのだ。

おそらく、100回以上は呼ばれたと思う。

これが、フルマラソンの疲れた身体にどれほど支えになったことか。

絶大だった「ネームゼッケン」効果 - 餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ということで、今回のシカゴマラソンでも、僕は、このゼッケンをつけて臨むことにした。

日本のレースでこれをつけるのは、ちょっと恥ずかしく、東京マラソンで試しにつけてみた*1ぐらいなのだけれど、海外ならば大丈夫。

大きな力になることは間違いないと信じて、僕はこれを装着。レースに臨んだ。

f:id:ICHIZO:20161019034152j:plain

結果は、想像以上だった。

ニューヨークシティマラソンと同じくらい、僕は、「ICHIZO」コールを受けた。

語呂を踏んでいるからなのか、「GO ICHIZO!」というものが圧倒的に多かったが、「LET'S GO ICHIZO!」もあったし、単に「ICHIZO!」と呼ばれることもあった。

どんな表現であっても本当に嬉しいし、実に力になる。

今回のシカゴで、僕はそれほどいいタイムを残せなかったけれど、もしも、この素晴らしい応援がなかったら、もっと悪いタイムだったことは確実。

それほど、僕にとっては、心の支えになった。

あぁ、海外マラソンっていいなぁ。応援最高!僕は、再び、心からそう感じた。

ひとつだけ残念だったのは、ニューヨークの時にあった、「ICHIZO,I LOVE YOU!」というコールが、シカゴではなかったこと。

シカゴの女性は、ニューヨーカーよりもシャイなのかもしれないw

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陸上レーンナンバーカード(選べる生地カラー腰用W18cm×H12cm)
価格:500円(税込、送料別) (2016/10/19時点)


 

*1:東京マラソンならば、仮装ランナーなども非常に多いので、違和感が少ない。予想以上に声援を貰えたので、力になった。


マラソン・ジョギング ブログランキングへ