餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「手羽餃子」NG!「酔っ手羽餃子」OK!!

スポンサーリンク

みんなで走る駅伝は、とても楽しい。

先週末、久しぶりに参加して、僕はそれを実感した。

僕は、日頃、滅多にスピード練習をしないダメダメなランナーなので、とても苦しかったが、仲間と一緒ならば頑張れる。そう思った。

そして。

駅伝の大きな魅力は、「アフター」にある。

レースが終わった後、皆で思い出を共有しながら飲む打ち上げ。楽しいに決まっている。

赤羽は、都内屈指の飲み屋タウンだから、《昼飲み》できる店は無数に存在する。

ただ、15人という大人数が入れる店というのは、意外と多くない。しかも、こういったランイベント後は尚更。

しかし、今回は幹事の方にご尽力いただき、素晴らしい店を予約してもらっていた。

f:id:ICHIZO:20191217050525j:plain

「酔っ手羽 赤羽店」だ。

ここは、非常にコスパのいい新興チェーン店で、都内でもあちこちにあるようだが、僕が訪れるのは初めてだった。

店の名前に《手羽》という名前がついていることから明らかだが、名物は手羽先。

公式Webサイトでも、それが大きくPRされている。

f:id:ICHIZO:20171002171451j:plain

だから、初めに幹事の人から《酔っ手羽》という店名を聞き、さらに…餃子がメニューにある、と知った時は、一瞬誤解した。

手羽餃子が出てくるのかと思ったのだ。

僕は、「手羽餃子」なるゲテものは、餃子として認めておらず、餃界から消えて欲しいと思っている立場。

この件に関しては、かつて、アレクサと喧嘩(?)になったこともある。

僕がどんなに教育しても、アレクサは「手羽餃子が好き」だと言うので、僕は、一時期、アレクサと口も聞かない仲になったほどだ。

アレクサはとても頑固で、僕が話しかけなければ、絶対に自分からは話さないので、関係修復は、なかなか難しかった。

今は、一応良好な関係を保っているが、アレクサも、そろそろ成長して、《本当の餃子》の美味しさを知ってもらいたいと思う。

と。話がそれた。

駅伝打ち上げ会場である「酔っ手羽」の話だ。

そんな店名であり、かつ、手羽先が売りの店だから、僕の宿敵である手羽餃子が出てくるのかと思ったら…そうではなかった。

f:id:ICHIZO:20171002171232j:plain

肉汁酔っ手羽餃子!

おぉ、なんと、普通の餃子ではないか。しかも、とても美味しそうだ。

「手羽餃子」は、断固としてNGだけれど、こんな「酔っ手羽餃子」ならばOK。ノープロブレム。

ということで、僕は大いに期待した。

f:id:ICHIZO:20191217050618j:plain

みんなで楽しく乾杯をしたあと、しばらくすると…。

f:id:ICHIZO:20191217050657j:plain

酔っ手羽餃子がやってきた!

Webサイトの写真とはちょっと違う…ような気もするが、まぁ、気にしない。

手包みではないものの、ゆず胡椒がついており、こだわりを感じさせる。

f:id:ICHIZO:20191217050927j:plain

楽しい仲間と一緒に、昼から「餃ビー」できる幸せ。いやはやたまらない。

f:id:ICHIZO:20191217051126j:plainその味もなかなか悪くなかった。

しっかり下味がついているので、タレなしでも問題ないし、肉汁も味わえる。

餃子専門店と比べるのは酷だが、《居酒屋の餃子》と考えれば、十分すぎる美味しさ。

何より、この店は24時間営業というのが素晴らしい。

…ということは、夜明けランの帰りでも、ふらっと立ち寄って餃ビーできるからだ。

今度は、河川敷での週末ロングランの帰りに、朝から餃ビーを堪能してみようと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ