餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Cosmo Communicatorが欲しい!…けど、買えないので、Nokia E90 Communicatorを起動させてみたw

スポンサーリンク

今週末、実に魅惑的なスマートフォンが発売される。

 

f:id:ICHIZO:20191218032953j:plain

Cosmo Communicator | 株式会社リンクスインターナショナル

Cosmo Communicatorだ。

海外市場では既に発売されているが、満を持して、待望の日本上陸となる。

リンクスインターナショナルが代理店となり、ビックカメラ、TSUKUMO、ヨドバシカメラ、PCワンズなどで販売される予定。

店頭予想価格は、税込で96,800円とみられており、ビックカメラのWebサイトなどでは、既にこの価格で予約受付が始まっている。

Cosmo Communicatorは、最近では非常に珍しい、クラムシェル型のスマートフォン。

いかにも入力がしやすそうなQwerty物理キーを搭載し、シェルを閉じても、小さな液晶で通話ができたり、通知などが確認できると言うのが大きな特徴だ。

一昔前の僕ならば、飛びついていたスマートフォンなのだけれど、今月は、Unihertz Titanが届く予定になっているし、そもそも、資金に余裕がない。

ということで、湧き出る物欲を、何とかグッと抑えることにした。

Cosmo Communicatorは買えないけれど、僕には、NokiaのCommunicatorがあるじゃないか!と。

そう。

名機中の名機。Nokia E90 Communicatorだ。

この端末の素晴らしさについては、過去何度もエントリーで書かせていただいている。

f:id:ICHIZO:20191218041753j:plain

f:id:ICHIZO:20191218042339j:plain

Nokiaの名機たちよ、再び!(その1:Nokia E90 Communicator)

だから今回は繰り返さないけれど、とびきりの質感と操作性を有した、Nokiaのフラッグシップ端末だった。

もう10年以上前のスマートフォンなので、スペック的には使い物にならないし、そもそも日本では普通に使えない。

けれどその素晴らしい質感は、10年経った今でも、全く古びることなく、フラッグシップとしての貫禄を保っている。

そして、今でもしっかりと起動する。

f:id:ICHIZO:20191218045149j:plain

Nokia E90 Communicatorは、閉じた状態でも物理キーボードを有しているため、電話としての使い勝手は、Cosmo Communicatorよりも優れているように思える。

僕は、久しぶりにE90に触れてみて、その素晴らしさをあらためて実感した。

あぁ、これが日本で、普通に電話として、スマートフォンとして使えていればなぁ…登場するのが10年遅かったらなぁ…。と思わずにいられない。

いや。諦めるのはまだ早い。

Nokiaは、日本市場に復活しているのだし、今はSIMフリーの時代だから、キャリアにとらわれず、自由な端末を発売できる筈だ。

Android OSを搭載した、Nokia E90 Communicatorの後継機が発売されることを、僕は願ってやまない。


マラソン・ジョギングランキングへ