餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ランのお供に!「薄いマネークリップ」が「薄い財布」よりも凄かった!!

スポンサーリンク

購入当初は、ちょっと後悔していた。

f:id:ICHIZO:20190928045805j:plain

薄いマネークリップ abrAsus (アブラサス)

思い切って買ってはみたものの、値段の割にちゃちな気がしたからだ。

f:id:ICHIZO:20190928045326j:plain

とっても薄い筐体の中に、紙幣とカードがコンパクトに収まる。

が…逆に考えれば、機能はたったそれだけ。それなのに、価格が9,900円もする。コストパフォーマンスが悪い気がした。

f:id:ICHIZO:20190928050503j:plain

「薄い財布」との比較。

財布の方は、3年半も使ったので年期が入っているけれど、味がある、と言えなくもない。

「薄いマネークリップ」は、皮の加工が違うのか、ちょっとテカテカしており、その点も安っぽく見える。

うーん、やっぱり「薄い財布」をもうひとつ買った方が良かったかなぁ…と思った。

「薄い財布」は15,000円近くするけれど、値段以上の価値があることは、長年の利用経験で十分わかっていたからである。

f:id:ICHIZO:20190928051930j:plain

開いた状態。

「薄い財布」は、マネークリップの機能に加えて、小銭入れがついていて、お札を止めるポイントも1カ所を多い。さらに、鍵などを収納できる隠しポケットまでついている。

「薄いマネークリップ」に対しては、完全な上位互換のアイテムなのだ。

うーん、やっぱり「薄い財布」アゲインにすべきだったか…。

そんな後悔を抱きながら、僕は、この「薄いマネークリップ」を1週間使い続けて、こう思った。

最高!

いやぁ、とにかく薄くて軽くて申し分ない。特に、ランのお供としてはパーフェクト、と言ってもいい。

なんと言っても素晴らしいのは、「薄い財布」における、唯一のデメリットをカバーしている点。

その詳細はこのエントリーで書いたのだけれど、ひとことで言えば…。

f:id:ICHIZO:20190928060048j:plain

このカードポケット部分。

ここが、長年の利用でゆるゆるになり、財布からカードが抜け落ちやすくなってしまったことだ。

しかも、財布の側面からカードを取り出す形になるため、常にカードをパンパンに詰め込んでいないと、すぐに財布から落ちてしまう。

僕は、どうにもこれが大きなストレスだった。

しかし、「薄いマネークリップ」ならば、その心配はいらない。

f:id:ICHIZO:20190928061551j:plain

カードポケットが、財布の内側にあるからだ。

これが、「薄いマネークリップ」の最大のポイント。サイドから取り出すよりもカードの視認性がいいし、パンパンに詰め込む必要もない。

むしろ、カード数が少なければ、簡単に取り出せて使い勝手が増す。

いやはやこれが、僕にとっては、想像以上に大きなメリットだった。

「薄いマネークリップ」は、「薄い財布」と違い、小銭入れがついておらず、最初はそれが少し懸念でもあった。

しかし、考え方を変えたら、それもメリットになった。

少なくとも、東京で暮らしている限り、小銭は必須ではない。

街なかのちょっとした買い物はカード類で可能だし、最近は「○○ペイ」が使える店が多いので、スマホがあれば事足りる。

なんだ、小銭入れなんていらないじゃないか!

そう思った。

もちろん、「小銭があったらなぁ…」と思ったケースもあるが、小銭がなければ、ないと割り切ることで、何の問題もないことに気がついた。*1

そして。

小銭を持たない生活を心がけることで、もうひとつ、大きなメリットが生まれた。

ポケットが軽くなる!ということだ。

「薄い財布」には、小銭入れがついているため、僕は、いつも小銭をたっぷり詰め込んでいた。

f:id:ICHIZO:20190928063600j:plain

そう。こんな感じだ。

工夫すれば999円までは綺麗に入るらしいが、なかなかどうして、その工夫が難しく、僕は、いつしかそれもひとつのストレスになっていた。

ならば、「意識して小銭を入れない、使わないようにすればいいんじゃないの?」と思うかもしれない。

しかし、なまじ小銭入れがあると、やっぱり使ってしまうのが心情だし、使わないなら、小銭入れ部分が邪魔に思えてくる。

「薄いマネークリップ」に変えれば、そんな逡巡は不要になって、実にスッキリする。

いわば、小銭入れの断捨離、だ。

特に、ランのお供にしたときの薄さ、軽さは、感動的といえるほど快適。

最初は安っぽいと思った外装も、1週間経ったら、いい感じに思えてきたし、皮なので、使い込んでいけば、もっと味が出てくるだろう。

いやぁ、本当に買って良かった。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薄いマネークリップabrAsus SUPER CLASSIC
価格:9900円(税込、送料別) (2019/9/26時点)

楽天で購入

*1:最初のうちは、少し不安で、小さいがま口の小銭入れを併用していたが、それも結局使わなくなった。


マラソン・ジョギングランキングへ