餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

青息吐息の30km走…。

スポンサーリンク

このブログの筆者は、一応ランナーでもある(ホントか?w)ので、たまにはランニングネタも、書いておこう。

いや。一応僕も、毎日走ってはいるのだけれど、同じようなコースを同じように、ダラダラと走っているだけなので、ブログに書くようなネタにはならないのだ。(言い訳^^;)

ただ、今日は久しぶりに書いてみようと思った。

なんと言っても、本当に久しぶりに30km超の距離を、ひとりで走ったからだ。

最近、僕はすっかりダメダメで、ひとりでロングランができない身体になっている。

以前の僕なら、フル距離だってたまに走っていたし、東京~宇都宮(100Km!)をひとりで走ったこともあったのになぁ…。

ただ、「今日はどうしてもロングランしたい!」と、一念発起。例によって、夜明け前に家を出た。

今にも雨が降りそうな天気だったし、天気予報でも雨だったので、雨装備も準備した。

カメラも、防水タイプのCyber-shot DSC-TX5を持って走った。

結局最後まで雨は降らなかったので、普通のコンデジで良かったんだけれど…。

f:id:ICHIZO:20190929195855j:plain

飯田橋交差点。なんだかんだで3週連続、この場所を通過している。

DSC-TX5は暗所に弱いのか、ちょっと写真がボケ気味。まぁ、9年も前のカメラだから仕方がないか。

先々週は、MGC下見ランだったため、この交差点を直進、先週は、東京マラソン落選記念ランなので、ここで右折した。

だから今回は左折…することも考えたけれど、そうすると、ロングランできないような気がしたので、やっぱり、当初からの目的地に向かうことにした。

そう。首都圏ランナーの聖地。皇居だ。

街なかを走るロードランと皇居外周のランは、全くタイプが違う。

だから、気分を切り替えて走れる(=ロングランできる)というのが、僕の経験則。

f:id:ICHIZO:20190929200805j:plain

皇居ランでの定点撮影地。半蔵門。1周目は、まだ薄暗い空。

f:id:ICHIZO:20190929201348j:plain

2周目。夜が明けたことで、空は一気に明るくなる。

f:id:ICHIZO:20190929201430j:plain

3周目。

日差しこそなかったものの、もう、完全に朝の情景だ。

この辺りで、ラン距離は25kmを超えており、僕は、もう、かなり苦しい状態になっていた。

僕は、ここ数ヶ月で、たぶん25km以上走ったことはなかった筈だし、座骨神経痛で一頓挫しているから、心も身体も限界に近かった。

半蔵門から桜田門までの道を下り、二重橋を過ぎて、僕は皇居コースを離脱。

しかし、僕のランは、まだ終わったわけじゃない。

もうリタイアしたい!という気持ちがふつふつと沸き上がっていたが、今日は…今日に限っては、「走り続けなければいけない」理由があったからだ。

f:id:ICHIZO:20190929202637j:plain

東京駅を通過。

この風景を見るたびに、僕は、東京マラソンへの思いが沸き上がってくる。

あぁぁ、出場したかったなぁ。

そんな思いを抱きながら、淡々とロードを走り続け、僕が辿り着いたのは…。

f:id:ICHIZO:20190929203244j:plain

上野公園だった。

f:id:ICHIZO:20190929203552j:plain

自宅~(ロードラン経由)~皇居3周~上野公園で、なんとか32km。

いやはや、きつかった。ほんと、つらかった。

上野公園をフィニッシュ地点にしたのは、「偶然」ではなく、「必然」。

僕にとって、今日のロングランは本当に青息吐息で、正直、何度も途中で止めようと思った。

しかし、フィニッシュ地点である上野の地に《ご褒美》が待っているから、心折れずに走れた、と言っていい。

家を出るときから、僕は、その瞬間だけを夢見て、なんとか走り続けてきたのだ。

果たして、そのご褒美とは…。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ