餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

究極のシンプル!「薄いマネークリップ」に痺れ続けた13ヶ月

スポンサーリンク

今から13ヶ月前。去年の9月。

僕は、それまで3年半使っていた「薄い財布」に別れを告げた。

「薄い財布」は、大人気の超ベストセラー商品であり、僕も3年半大事に使ってきたが、1つだけ大きな欠点があった。

長年の利用とともに、カード入れの部分が緩んで、脇からカードが落ちてしまう、ということだ。

緩んできたら買い換えればいい。それでしばらくはまた便利に使える。

…という考え方もあるのだろうけれど、僕は、違う選択肢をとった。

「薄い財布」の兄弟分。「薄いマネークリップ」に乗り換えたのだ。

そのファーストインプレッションは強烈だった。

いやはや何より、薄い、軽い。そして小さい。

「薄い財布」も十分に薄かったが、それを凌ぐ。とにかく、圧倒的にコンパクトだった。

ランのお供としては完璧で、どんな小さなポケットにも、すっと収まるのが素晴らしかった。

時には、持っていることを忘れてしまうほどの軽さで、ランニングの邪魔をしない。

僕のランニングライフを変えてくれたと言ってもいい逸品だ。

これは、超シンプルな「マネークリップ」なので、小銭入れは付属していない。

小銭入れがなくちゃ不便なのでは…?と思うかもしれないが、実際は、全く困らなかった。

今や、スマホとカードさえあれば、大抵のものは簡単に購入できる。

下手に小銭入れがあると、それを使ってしまうものなのだけれど、いざ「コインを使わない!」と決めてしまえば、何とかなってしまう。そんな時代だ。

特に、ランニングの時などは、コインなど持っていなくても全く問題ない。

コインの重さは、スムーズなランの邪魔になるだけだから、その点において、このマネークリップは、本当に素晴らしかった。

ランニング時以外のシチュエーション…例えば、町中華の店で飲んだりする場合は、「現金オンリー」という場合もあるが、その場合は紙幣で支払えばいい。

《お釣り》のコイン収納場所はないが、それで困るのは帰宅時までの短い間だけ。

貯まったコインは、スーパーなどのセルフレジでまとめて処理できる。

だから、何の問題もないのだ。

入手当時は、ちょっとちゃちな気がした外観も、いつの間にか味が出てきた。流石は革製品だ。

酷使しているにもかかわらず、ガタは見られないので、まだまだしばらくは十分実用的に活躍してくれそうだ。

Suicaを搭載できるGarmin 745を入手したことで、僕は、ますますキャッシュレス、コインレスの恩恵を感じている。

Garmin 745は、音楽を流すこともできるため、今後は、スマホさえも持たずに、Garmin 745と薄いマネークリップさえあれば、快適に走ることができそうだ。

超オススメ。

f:id:ICHIZO:20201023022029j:plain

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薄いマネークリップabrAsus
価格:9900円(税込、送料別) (2020/10/23時点)

楽天で購入

 


マラソン・ジョギングランキングへ