餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

感動と興奮のクイーンナイト!「ボヘミアン・ラプソディを語る会」に参加!!

スポンサーリンク

f:id:ICHIZO:20190802043107j:plain

扉の向こうに、夢空間が広がっていた。

f:id:ICHIZO:20190802043143j:plain

店の中には、大きなスクリーンが設けられ、フレディの歌声が響いていた。

おぉ、これはライブエイドの映像ではないか。

僕が訪れた時には、既に、10人近くの、コアなクイーンファンの方々が揃っていた。

そう。

この日は、クイーンファンが大集合したイベント。「ボヘミアン・ラプソディを語る会」だったのだ。

僕は、このイベントが待ち遠しくて仕方がなかったので、本当に嬉しかった。

店内には、リアルタイムでクイーンを追いかけ続けていた方もおり、僕は、貴重なお話を沢山聞かせていただくことができた。

f:id:ICHIZO:20190802043806j:plain

お店では、新宿御苑前で連日行列の出来るレストラン、「ハンバーグ ウィル」の特製弁当も用意してくださっていた。

f:id:ICHIZO:20190802043848j:plain

ハンバーグは肉厚。野菜もたっぷりで、最高に美味しいお弁当だった。

そんなお弁当に舌鼓を打ちながら、まずは、皆で、「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞。

僕は、まだ新米のクイーンファンだけれど、この映画を見た回数だけは参加者で一番多かった(劇場鑑賞15回^^;)ので、上映中は、僕的な《トリビア》コメントを挟ませていただいたりした。

ただ、僕が気がついていなかったトリビアも指摘され、まだまだ僕は甘いなぁと思った。

映画館の大スクリーンで見る「ボヘミアン・ラプソディ」はとにかく最高だけれど、みんなでわいわい語り合いながら見る「ボヘミアン・ラプソディ」もこれまた格別だった。

2時間超の上映時間は、夢のように過ぎ、僕らは、あらためて、その素晴らしさに感動。

映画の余韻に酔いしれながら、熱いクイーンナイトは、その後も続いた。

f:id:ICHIZO:20190802045930j:plain

「グレイテスト・カラオケ・ヒッツ 」のDVDに合わせて歌ったり…。

f:id:ICHIZO:20190802050424j:plain

さまざまなクイーン本やメディア(僕のコレクション^^;)を楽しんだりした。

f:id:ICHIZO:20190802050609j:plain

この日のベストショット(^^;

コアなクイーンファンの方が持ってこられたフレディのフィギュアと、僕が持ち込んだ本とのコラボレーション。その構図がぴったりハマっていて、最高だ。

f:id:ICHIZO:20190802051004j:plain

お店では、ちょっとしたおつまみも作って下さり、これがまた素晴らしく美味しかった。

f:id:ICHIZO:20190802051307j:plain

f:id:ICHIZO:20190802051113j:plain

ハンバーグ弁当で、お腹はそれなりに満たされたのに、いくらでも食べられる。

とびきり熱く語りあい、そして歌ったので、エネルギーを消費したせいかもしれない。

f:id:ICHIZO:20190802051444j:plain

宴のエンディングは、お店のカラオケ設備を使って、再び、「ボヘミアン・ラプソディ」の大合唱。

気がつけば、時刻は23時をとうに過ぎていたが、あっという間の、夢のようなイベント。

参加できて、本当に良かった。

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

S.H.フィギュアーツ フレディ・マーキュリー 約140mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア

 

マラソン・ジョギングランキングへ