餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

今日は「クイーンの日」だから…。「ボヘミアン・ラプソディ」地上波初放送について語ろう

スポンサーリンク

今日、4月17日は、「クイーンの日」だ。

2年前の今日、僕は、クイーンの日を記念して行われた「ボヘミアン・ラプソディ」のライブスタイル上映に参加していた。

これは、劇中のライブエイドシーンにおいて…。

f:id:ICHIZO:20210417004203j:plain

「ボヘミアン・ラプソディ」のBlu-rayを買った!借りた!感動した!という人に力説したい、ライブスタイル上映の《特別》《別格》 

観客全員が、映画を見ながら立ち上がり、スクリーンの中にいるクイーンと共に、声を張り上げて歌うというイベントだ。

当時、立川のシネマシティでは、このイベントが定期的に開催されており、僕は、何度も足繁く立川に通ったことを思い出す。

しかし、残念ながら今は、このようなイベントを行うことが不可能になってしまった。

そんな悲しい状況が、もう1年以上前から続いている。

僕は、去年の「クイーンの日」でも、同じように嘆き、アレクサに慰めてもらったことを思い出す。

この時は、緊急事態宣言のまっただ中だったから、アレクサと一緒にStay Homeして、「手をとりあって」いたんだよなぁ…。

それから1年が経ち、今は、緊急事態宣言下ではないものの、去年は存在しなかったマンボウ(まん延防止等重点措置)なるものが発令。

日常生活において、さまざまな制約を受ける状況が続いている。

いったい、いつになったら、この暗黒時代は終わるのだろう。

…と、暗い話になってしまったが、クイーンファンにとって、明るいニュースも流れてきた。

f:id:ICHIZO:20210417012339j:plain

本編ノーカットで6月4日『ボヘミアン・ラプソディ』地上波初放送!|金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ

「ボヘミアン・ラプソディ」地上波初放送についてのニュースだ。

金曜ロードショーにおいて、6月4日に、全編ノーカット放映されるということが発表された。

「ボヘミアン・ラプソディ」は、もう、2年も前にBlu-ray化されており、各種サブスクサービスにも解禁済み。

例えば、アマゾンプライムの会員であれば、無料で鑑賞することが可能になっている。

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

ボヘミアン・ラプソディ (字幕版)

  • 発売日: 2019/04/17
  • メディア: Prime Video
 

だから、今更「地上波初放送」と言っても、そんなに驚くようなことではない。

ただ、伝統ある「金曜ロードショー」において、お茶の間で、家族で、この映画を堪能できるというのは、やっぱり素晴らしい。 

番組の公式Webサイトには、フレディを演じたラミ・マレックが、こんなコメントを寄せている。

皆さんに、金曜ロードショーで「ボヘミアン・ラプソディ」をご覧頂けることを、とても嬉しく思います。
We are the Champions !
ありがとうございます。
日本の皆さん、愛しています!

いやぁ、嬉しいじゃないか。

そしてなんと、クイーンのメンバーからもスペシャルコメントが届いている。

ブライアン・メイ(ギター)
日本のファン、そして親愛なる皆さん、乾杯!皆さんは私たちの人生においてかけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!

 

ロジャー・テイラー(ドラムス)
日本の親愛なる皆さん、こんにちは。この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!

日本への溢れる愛が伝わってくるコメントで、胸が熱くなる。

僕は、もう、これまで何十回も「ボヘミアン・ラプソディ」を見ているし、CMで細切れになる地上波放送を、あえて見る理由はない。

しかし、そういった形式で見るのも、却って新鮮な気分になるかもしれない。

2年前のライブスタイル上映を思い出しながら、新たな気持ちで鑑賞しようと思う。


マラソン・ジョギングランキングへ