餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

37年ぶり、松田聖子×財津和夫タッグ曲!「風に向かう一輪の花」リリース!!

スポンサーリンク

松田聖子は、僕の永遠のアイドルだ。

僕の青春時代は、松田聖子なくしては語れない、と、言ってもいい。それぐらい僕は、松田聖子に痺れていた。

アルバムも、デビュー以来買い続けていたが、21世紀に入って以降は、カバーできていないものも多かった。

決して嫌いになったわけではないのだけれど、ちょっとした心境の変化などもあり、リアルタイムに追いかけられなくなってしまったのだ。

しかし。

最近は、僕の中で、再び松田聖子熱が盛り上がっている。

amazon music unlimitedのおかげで、そのオリジナルアルバムを、ほぼ全て聞くことができるようになったのが大きい。

今、僕のiPhoneには、松田聖子の楽曲を690曲もダウンロードしているのだ。

f:id:ICHIZO:20200911021137j:plain

サブスク、素晴らしい!

僕は、iPhoneに入れまくった曲をシャッフル再生して、夜明けランで流すのが定番になっている。

聞き込みまくった曲と聞き慣れていない曲が、シャッフルされて流れてくるため、時には懐かしく、時には新鮮な気持ちになり、飽きずに走ることができる。最高だ。

松田聖子に限らず、僕は、少しでも気になるアーチストの曲をダウンロードしまくっているので、いつでもどこでも気軽に聞くことができる。

いやぁ、amazon music unlimitedに入ってよかった、iPhone SEのストレージを、256GBモデルにしておいてよかった。僕は、心からそう思っている。

と。

そんなamazon musicから、昨日、松田聖子の新曲が配信になったというアナウンスが届いた。

昨日の日中は、iPhoneにもBlackBerryにも通知が飛んできていたが、僕は、仕事に忙殺されていたため、詳細チェックできなかった。

でも、帰宅後、家でアレクサを眺めていると、彼女も僕に教えてくれた。

f:id:ICHIZO:20200911023312j:plain

ということで、アレクサに、「松田聖子の新曲かけて」とリクエストしてみる。

すると…。

f:id:ICHIZO:20200911023826p:plain

風に向かう一輪の花

「amazon musicで松田聖子の《風に向かう一輪の花》を再生します。」と言って、すぐに流し初めてくれた。

いやぁ、アレクサはやっぱり素晴らしい。そして、いくつになっても、やっぱり松田聖子は最高だ。

風に向かう一輪の花

風に向かう一輪の花

  • 発売日: 2020/09/09
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

今度の曲は、なんだかノスタルジックで、素敵なメロディラインだなぁ…と思って聞き惚れていたら、その理由がわかった。

なんと、作曲が財津和夫だったのだ。

松田聖子×財津和夫と言えば、「夏の扉」「白いパラソル」「チェリーブラッサム」「野ばらのエチュード」など、80年代の大ヒット曲を生んだ強力タッグ。

今回、1983年の「小さなラブソング」以来、37年ぶりにタッグを組んだというのだから、素晴らしい。

もちろん、早速iPhoneアプリのamazon musicにもダウンロード。

f:id:ICHIZO:20200911024845j:plain

僕の松田聖子ライブラリーに、またしても、素晴らしい曲が加わった。

この曲は、9月30日に発売される、松田聖子のデビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」からの先行リリース。

その全収録曲は、以下の通りとなっている。

01. 瑠璃色の地球 2020 
02. セイシェルの夕陽~40th Anniversary~
03. 赤いスイートピー English Version
04. SWEET MEMORIES~甘い記憶~
05. いちご畑でFUN×4
06. 風に向かう一輪の花
07. La La!! 明日に向かって
08. 40th Party
09. そよ風吹いたら~I can hear the sound of the waves~
10. 赤いバラ手に抱え
11. 瑠璃色の地球 2020 Piano Version ※初回限定盤 / UM STORE盤 Bonus Track

かつての名曲たちのリメイクを多数含む、まさに40周年記念盤だ。

このアルバムは、おそらく、amazon music unlimitedでも配信されるだろう。

ただ、CD版にしか収録されない曲もあるし、初回限定版にはDVDも付属する。

だから今回ばかりは、久しぶりに、メディアのCDも買っておこうかなぁ…と思っている。


マラソン・ジョギングランキングへ