餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

史上最強のカバーアルバム!宮本浩次「ROMANCE」が素晴らしすぎて、素晴らしすぎて…。

スポンサーリンク

僕はこれまで、宮本浩次の大ファンというわけではなかった。

宮本浩次は、エレファントカシマシのボーカリストであるが、僕は、エレカシのアルバムを1枚も買ったことがなかった。

もちろん、「今宵の月のように」や「悲しみの果て」といった大ヒット曲は知っており、僕のカラオケソング定番でもある。

僕は、宮本浩次というアーチストに好感を持ってはいたが、それほどのめりこんでいたわけではなかったのだ。

だから僕が、宮本浩次の「ROMANCE」に出会ったのは、ちょっとしたきっかけだった。

先週、つらつらとYouTubeを流し見していたら、ふとしたきっかけで、この動画がオススメに表示された。

それは…宮本浩次公式アカウントによる、「ROMANCE」の全曲ダイジェストだった。

僕はまず、その選曲に痺れた。

1.あなた (作詞:小坂明子 作曲:小坂明子)
2.異邦人 (作詞:久保田 早紀 作曲:久保田 早紀)
3.二人でお酒を (作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃)
4.化粧 (作詞:中島 みゆき 作曲:中島 みゆき)
5.ロマンス (作詞:阿久悠・作曲:筒美京平)
6.赤いスイートピー (作詞:松本隆 作曲:呉田軽穂)
7.木綿のハンカチーフ-ROMANCE mix-
(作詞: 松本隆 作曲: 筒美京平)
8.喝采 (作詞:吉田 旺 作曲:中村泰士)
9.ジョニィへの伝言 (作詞:阿久 悠 作曲:都倉俊一)
10.白いパラソル (作詞:松本隆 作曲:財津和夫)
11.恋人がサンタクロース (作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実)
12.First Love (作詞:宇多田ヒカル 作曲:宇多田ヒカル)

僕が、若い頃に惚れ込んだ歌たちがズラリと並ぶ。

このアルバムのサブタイトルは、《宮本が愛した、おんな唄》ということで、僕は得心した。

宮本浩次は1966年(昭和41年)生まれで、僕と、ほぼ同い年*1だからだ。

僕は、かれこれ40年間にわたり、中島みゆきを心から愛し、松田聖子に惚れ込み続けてきたから、ふたりの楽曲が含まれているだけで興奮。

そして実際に、この動画を見始めると、さらに痺れた。

それぞれの歌は、ほんのワンフレーズが流れるだけ。

しかし、実に圧倒的な、独自のミヤジ*2ワールドが展開されている。

《異邦人》は、別途、フルコーラス版のPVがアップロードされていたので、それを見て、僕はもう、唖然呆然。

いやはや、なんという表現力。なんという完成度。

僕は、子どもの頃、久保田早紀の「異邦人」に惚れ込み、痺れまくったが、そんな久保田早紀バージョンとは、全く異なる世界が構築されている。

まさに、世界中でここにしかない、ミヤジ版の「異邦人」になっているのだ。

エンドロールのクレジットを眺めていたら、まるでハリウッド映画を見ていたかのような錯覚に陥ったほど。

いやぁ、もう、これは買うしかない!

…と、思ったが、ふと、amazon music unlimitedをチェックしてみると、そのラインナップに入っているではないか。

発売されたばかりの新譜が、早速聴けるなんて。だからやっぱりサブスクは最高。

ROMANCE

ROMANCE

  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

ということで、早速ダウンロードしてみたが、全曲を通してみて、僕は、その素晴らしさに悶絶しそうなほどだった。

中島みゆきバージョンとは全く違う、しかし、超絶的な「化粧」の歌唱法。

岩崎宏美が、切ない乙女心を、透き通るような高音で歌った「ロマンス」が、まさかこんな風に歌われるとは!

そして…松田聖子の大ヒット曲、「赤いスイートピー」の驚愕アレンジ。

どれもこれも、《アーチスト》《表現者》としての宮本浩次の素晴らしさを存分に発揮しており、僕は1曲聞くたびに、唸り続けるばかりだった。

ということで、僕は、今これを、夜明けラン中にヘビーローテーションしまくっている状態だ。

…これはあとで知ったことなのだが、なんと、unlimitedを契約していなくても、通常のamazon musicで公開されているらしい。

ということは…amazonプライム会員であれば、誰でも、追加料金なく、この超絶アルバムを堪能できることになるわけか。

いやはや、素晴らしすぎる。

こんな大盤振る舞いをしてしまったら、肝心のディスク版が売れなくなってしまうのではないか?

と、僕はちょっと心配したが、それは杞憂だった。

オリコン1位!

これだけ素晴らしいアルバムなのだから、当然・必然の1位とはいえ、サブスクリプション配信が出回った上での結果だから、驚くばかりだ。

僕は、その凄さに驚嘆しつつ、ディスク情報をチェックしてみて、理由がわかった。

ディスクには、28pのブックレットが付属する上に、初回限定版には、以下の曲たちを収録した特典CDが付属するからだ。

 「宮本浩次弾き語りデモ at 作業場」
1. September (作詞:松本隆 作曲:林哲司)
2. 思秋期 (作詞: 阿久悠 作曲: 三木たかし)
3. 私は泣いています (作詞:りりィ 作曲:りりィ)
4. あばよ (作詞:中島みゆき 作曲:中島みゆき)
5. 二人でお酒を (作詞:山上路夫 作曲:平尾昌晃)
6. 翼をください (作詞:山上路夫 作曲:村井邦彦)

竹内まりやの「September」!

岩崎宏美の「思秋期」!!

研ナオコ(中島みゆき)の「あばよ」!!!

しかも、《弾き語りデモat 作業場》というのが、魅力に拍車をかけている。

いざ、本編の12曲を聞いてしまったあとで、この楽曲リストを見せられたら、これらを聞かずにいるのは拷問と言えた。

これは、サブスクでは得られない、まさに、CD注文者のみの限定特典。

ということで、いてもたってもいられなくなり、もちろん注文することにした。

f:id:ICHIZO:20201125031911j:plain

ROMANCE(初回限定盤)(2CD)

amazonでは、現在メーカーお取り寄せになっており、12月1日以降の到着になってしまっている。

が…楽天市場を探すと、在庫品のあるショップを発見。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宮本浩次/ROMANCE(初回限定盤)
価格:3850円(税込、送料無料) (2020/11/25時点)

楽天で購入

このショップ(イーベストCD・DVD館)では、楽天通常ポイントに加え、6倍のボーナスポイント付与。

しかも今日は楽天恒例の「5のつく日」セールが実施されているため、さらに5倍のポイントもつく。

楽天ポイントの大盤振る舞いだ。

僕は、その僥倖に感謝し、もちろん注文。今から到着が楽しみで仕方ない。

f:id:ICHIZO:20201125032648j:plain

*1:僕は1965年生まれの「昭和40年男」なので、僕の方が若干上。

*2:宮本浩次の愛称


マラソン・ジョギングランキングへ