餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

Amazon Musicライブラリの「アーティスト」と「サムネイル」の不一致が著しくて困る件

スポンサーリンク

ランニングのお供は、なんと言っても音楽だ。

僕は、大好きな音楽を聞き流しながら走るのが常で、もはや、音楽なしでは走れないと言った方がいいかもしれない。

僕は、Amazon Musicで、数千曲もダウンロードしている(サブスク最高!)から、その日の気分に合わせて、B.G.M.を選んでいる。

平日は、5km~10km程度の、短くてお手軽なランなので、アーティストごとのシャッフル再生をするのが常。

例えば、松田聖子の曲だけ…中島みゆきの曲だけ…さだまさしの曲だけ…と言ったように、お気に入りのアーティスト曲をシャッフルして聞き流している。

ただ…最近ちょっと困った事象が発生している。

それはいったいどういうことか。具体的に説明させていただこう。

Amazon Musicで楽曲をダウンロードすると、ライブラリのカテゴリで、アーティスト別に整理される。

f:id:ICHIZO:20200926032612j:plain
そう。こんな感じだ。

僕は、この整理の仕組みが、いまひとつよくわからない。

同じアーティストが、スペースのあるなしで2種類に表示(久保田早紀&久保田 早紀)されたり、サムネイルのないアーティスト表示があったりする。

いったいなぜなのだろう。権利問題(?)なのだろうか。

まぁ、たとえ2種類に分かれていても、サムネイルがなくても、アーティスト名が表示されていれば、大きな問題はない。

悩ましいのは、「アーティスト」名と、その「サムネイル」が一致しない現象が発生していること。

例えば…。

アーティスト名は「おニャン子クラブ」なのに、そのメンバーではないタレントが、サムネイルで表示される、というような事象である。

f:id:ICHIZO:20200926023157j:plain

この女性歌手が、誰だかすぐにわかる人は、僕と同世代かもしれない。

そう。

「狼なんか怖くない」の石野真子である。

いったいどういう理由かわからないのだけれど、なぜか、石野真子のサムネイルが、おニャン子クラブに流用されてしまっているのだ。

まぁ、このケースはまだいい。

石野真子が、実はおニャン子出身だったと思えばいいからだ。(←よくないだろw)

問題は、次のようなケース。

f:id:ICHIZO:20200926024641j:plain

アーティスト名は岩崎宏美なのに、なぜか、サムネイルは2人になってしまっている。

このサムネイルのタレントを「岩崎宏美」などと言ったら、うしろゆびをさされそうだ。

f:id:ICHIZO:20200926025937j:plain

これもやっぱり、岩崎宏美ではない。どう見ても、木村拓哉のかみさんだ。

そうかと思えば…。

f:id:ICHIZO:20200926030511j:plain

こんなところに岩崎宏美が登場。

THE TIMERSは、謎に包まれた覆面バンドであったため、岩崎宏美も、シークレットメンバーとして存在していたのだろうか?

混乱はまだ続く。

f:id:ICHIZO:20200926030949j:plain

性別間違ってるっての!

ただ、このサムネイルが松田聖子だということを考えると、別の意味も見えてくる。

松田聖子と原田真二は、デュエットをしたり、ツアーを一緒に行ったりもしている関係だから、あながち無縁ではないのだ。

だから、そんなイメージに基づいたサムネイルなんだろうと、言えなくもない。

しかし…。

f:id:ICHIZO:20200926031156j:plain

これはないだろ、これは!

いったいいつから、庄野真代が、ダスキンのオッサン(古いw)になったんだ!

現状、僕のAmazon Musicアプリでは、このような不一致状態があちこちで発生しているので、実に困る。

アーチスト選択の際は、サムネイルが目に入りやすいので、その画像をもとに選んでしまうと、「えっ」と思うような事態になるからである。

さだまさしワールドに浸ろうと思っていた朝ランで、いきなりイスタンブールへ飛ばされたら、やっぱりちょっとびっくりするではないか。

飛んでイスタンブール

飛んでイスタンブール

  • 発売日: 2013/12/04
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

マラソン・ジョギングランキングへ