餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

爆安&瞬殺の OCN モバイル ONE「Mi 11 Lite 5G」スマホセット

スポンサーリンク

昨日、7/2は、「Mi 11 Lite 5G」の発売日だった。

このスマートフォンの魅力は、以前のエントリーで語った通り。

f:id:ICHIZO:20210703035902j:plain

  • 6.55インチの大画面ディスプレイを搭載しながら、たったの159gという軽量を実現。
  • CPUは、Snapdragon 780G。背面には最大6400万画素のトリプルカメラを搭載。バッテリー容量は4250mAh。リフレッシュレートも、90Hz
  • しかも、日本版は、グローバル版の仕様に加えて、FeliCaまで載せてきた。おサイフケータイに対応したのだ。

デカい、軽い、安い!超絶コスパの「Mi 11 Lite 5G」が、おサイフケータイ対応で、日本発売決定!! -

その価格は、税込43,800円。超ハイコスパのスマートフォンだ。 

SIMフリー端末であるため、その販売網は幅広い。

ビックカメラやヨドバシカメラなどの量販店でも発売されているが、主戦場はECサイトだろう。

f:id:ICHIZO:20210703033322p:plain

Xiaomi Mi 11 Lite 5G 6+128GB SIMフリー スマートフォン

amazonでは、もちろん早速発売されており、やっぱり売れているようだ。

僕は都内在住なのだが、これを書いている今(7/3早朝)注文して、なんと本日受け取れる。流石というしかない。

f:id:ICHIZO:20210703033940j:plain

Xiaomi シャオミ Mi 11 Lite 5G

楽天市場の各ショップでも、一斉に発売。

楽天の場合、ショップによって、価格差があったり、ポイントが違ったりすることが多いのだけれど、発売直後ということもあり、43,800円の横並びで販売されていた。

amazonでも楽天のショップでも、どこで買っても、今は43,800円か…と思いきや、ひとつだけ、圧倒的な爆安価格で販売しているところがあった。

そう。

f:id:ICHIZO:20210703041646j:plain

Mi 11 Lite 5G | 格安スマホセット | OCN モバイル ONE | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

OCN モバイル ONEだ。

回線契約とのセット販売になるが、OCN モバイル ONEは格安SIMを提供している業者なので、その契約料金もリーズナブル。

1GB契約なら、月あたり770円で契約可能だし、10GB契約でも、月額1,760円で済む。

格安で通信契約ができる上に、発売直後の超人気スマホが爆安で入手できるのだから、こんなに美味しい話はない。

昨日の11:00から販売開始という情報を掴んでいたため、僕も、もちろんチェックしていたのだけれど、昨日の昼休みにゲットしようとしたところ…。

f:id:ICHIZO:20210703032059p:plain

すでに品切れorz

いや。

正確に言うと、ランチ休憩に入った直後の11:45にチェックした時は、まだトリュフブラックの在庫が残っていた。

僕は、ミントグリーンが欲しかったのだけれど、「爆安だからブラックでもいいか」と思いながら手続きを進めた。

途中、認証関係などで少し手間取り、最後の確認ボタンにたどり着いたところ、《すでに品切れのため、ご注文できません》というような表示になってしまった。

僕は、あまりにショックで、画面をキャプチャするのも忘れてしまったほど。

あぁ、休暇を取るべきだったなぁ…。

昨日はかなり休みにくい状況ではあったが、それでも強行すべきだった。

と、思っても後の祭り。僕は自分のバカさ加減を呪った。

しかし、救いはある。

OCN モバイル ONEの公式Twitterによれば…。

在庫については、明日の7/4以降、随時入荷予定という情報が発信されていたからだ。

随時というのが、いったいどういうタイミングなのかは不明で、入荷のたびに、瞬殺は必至だろうから、ゲットするためのハードルは、かなり高い。

しかし、それを超えるだけの価値がある商品なので、何とかチャンスを掴みたい。


マラソン・ジョギングランキングへ