餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

ニラの海に溺れる快感!「多来福@練馬」のニラそばが圧巻!

スポンサーリンク

【前回のあらすじw】

練馬駅から、徒歩約10分。寒風の中を歩き続けて、僕は、町中華の老舗「多来福」に辿り着いた。

ボリュームたっぷりの3点盛り(チャーシュー、メンマ、ザーサイ)に続いて、主役の焼餃子が登場。皮も具も、とっても甘くてジューシー。

ビールとの相性も抜群で、僕は思わず餃子のお替わりをしたくなったが、グッとこらえることに決めた。

f:id:ICHIZO:20210117022513j:plain

練馬の町中華「多来福」で孤独の餃ビー 

この日、僕が「多来福」へ遠征しようと決めたのは、餃子が目的ではなかった。

しかしもちろん、餃子を食べられることは楽しみだったし、それが、想像以上に美味しかったので驚いた。

最初に頼んだ3点盛りも、質量ともに申し分なかったので、おそらく、この店は、何を注文しても美味しいのだろうなぁと思う。

だから僕は、この店を訪問することになった目的の料理、この店の看板料理には大いに期待していた。

看板料理とは…ニラそば。

それは、マスコミなどでも数多く取り上げられており、店のHPでも大きくPRされている。

僕は、ニラそばのビジュアルを見て痺れ、以前から、「これは、絶対に行かなければ!」と思っていたのだ。

餃子のパートナーとして、ニラは欠かすことのできない食材。

だから、餃子好きであれば、ニラに愛着を覚えるのは必然だ。

そんなニラが主役になった、看板料理の「ニラそば」だから、期待せずにはいられなかった。

そしてそれは、満を持して僕の眼前に現れた。

f:id:ICHIZO:20210120012416j:plain

ニラ。ニラ!ニラ!!

まさにこれは、ニラの海だ。

僕はそのビジュアルを、何度も写真で見て知っていたが、いざ自分の目の前に現れると、驚きを隠せずにいられなかった。

この料理はラーメン類なのだけれど、麺が全く見えないぐらい、ニラで溢れかえっている。

それもその筈、この「ニラそば」には、ニラが丸々一束も使われているからだ。

具は、ニラとゆで卵だけ。実にシンプルで大胆な料理ではないか。

まずは、ニラとスープをすくって食べてみる。

うわっ。なんという香ばしさだろう。ニラは、ごま油で丁寧に炒められており、実に味わい深かった。

スープは、あっさりとした鶏ガラ出汁醤油味で、濃厚なニラの味をしっかりと受け止めていた。絶妙なバランスだ。

f:id:ICHIZO:20210120013425j:plain

麺はシンプルな縮れ玉子麺で、僕の好きなタイプ。

僕はラーメンに詳しくないので、他店との比較はできないのだが、普通においしいと思った。

具がニラとゆで卵しかないため、途中で飽きるんじゃないか?という心配も抱いていたけれど、それは全くの杞憂だった。

とにかくニラの存在感が強烈で圧巻なので、ヘタにチャーシューやメンマなどが入ると、味が喧嘩してしまう気がする。

この料理は、ニラを心ゆくまで味わう為の料理だから、シンプルがいい。

僕は、心ゆくまでニラの海に溺れ、陶酔しながら麺を啜った。

最後の最後までニラをすくい取りながら、麺を飲み干し、僕は大いに感動。

この日はとても寒い日だったのだけれど、僕は、このニラそばのおかげで、心も体も温まって帰路についた。

流石、看板料理はダテじゃない。

この店は、餃子もとっても美味しくて、お替わりしたくなったほどだから、是非ともまた再訪したいと思う。

 


マラソン・ジョギングランキングへ