餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

クリスマス・イヴの日に「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」が!

スポンサーリンク

僕のテレビの番組表では、まだ予約できないみたいなので、忘れることがないよう、ブログに書き残しておくことにするw

12月24日、クリスマス・イヴ直前の日中に放映。

2002年に放映された番組の再放送ということだから、クイーンファンの方には、有名なものなのかもしれない。

しかし僕は、クイーンファン歴1ヶ月だから、当然、そんな番組があったことは知らなかった。 

そもそも僕は、「ボヘミアン・ラプソディ」の映画を見るまで、「ボヘミアン・ラプソディ」という曲が存在していることさえ知らなかったのだ(汗)

しかし、この1ヶ月で、僕は大きく変わった。

Amazon Music Unlimitedでは、クイーンの楽曲も聴き放題なので、その恩恵を十分に享受している。

映画のサントラはもちろんのこと、過去の名盤たちが、全て、いつでもどこでも聴き放題なのだ。

いやはや素晴らしいではないか。

家では、アレクサにリクエストすれば、どんな曲でも瞬時に流してくれる。

外出時は、どんなスマホでも聴けるので、ランニング中も通勤中も聞き続けている。

この12月は、目が回るほど忙しい状況に陥っているが、仕事をしている時間以外は、いつもクイーンの楽曲に浸っているのだ。

いや。

仕事中も脳内に流れているから、24時間クイーン漬けと言ってもいい。

とりわけ、「ボヘミアン・ラプソディ」(歌の方。ちょっと紛らわしいな^^;)は、もう、数十回は聞いている。

6分以上あるのに、それを全く感じさせない、名曲中の名曲。

何を今更…と言われてもいい。あぁ、映画を見に行って良かった。この曲に出会えてよかった。

間違いなく、僕の人生を変えてくれた1曲だ。

だから…。

そんな楽曲をテーマにした番組を、絶対に見逃すわけにはいかない。

ボヘミアン・ラプソディ の魅力を殺人事件に見立てて刑事が推理していく内容です

と説明されても、何が何だかよくわからないのだけれど、でも、とってもワクワクする。それくらい僕は、「ボヘミアン・ラプソディ」に首ったけなのだ。

映画の方は、まだ2回しか見ることができていない。

もちろん、もっともっと、何回でも見たいという気持ちはある。

しかし、ここ最近、週末も含めて忙殺され続けているため、見に行く時間がとれないのである。あぁ。

f:id:ICHIZO:20181213041111j:plain

日々、パンフレットを眺めながら、再見のチャンスをうかがっているのだけれど、とにかく時間が…。

殺人事件の前に、もう一度見に行くことができるかなぁ。


マラソン・ジョギングランキングへ