餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

壮観!「このミステリーがすごい!」創刊30周年!

スポンサーリンク

ついに創刊30周年、か。

f:id:ICHIZO:20181212051205j:plain
このミステリーがすごい! 2019年版 

表紙は、ちょっと「このミス」っぽくないなぁ…と思ったのだけれど、それもその筈。

「このミステリーがすごい!」は、創刊以来、頑なに《イラストひと筋》の表紙だったから、このような形で、大きく写真が掲載*1されるのは、「このミス」史上初、という事件になるのだ。

僕は、最近のタレント事情に疎く、表紙写真の女性が誰なのかよくわからなかったのだけれど、ページをめくるとすぐに判明。

f:id:ICHIZO:20181212051230j:plain

彼女のスペシャルインタビューが掲載されており、そこには、「乃木坂46 高山一実」と記されている。

僕は、恥ずかしながら、今回初めてその名を知った(汗)

インタビューのタイトルは、「私とミステリー」。

どうやら、マニアの間では、読書家として知られ、自身で小説まで書いているタレントのようだ。

ついこの間、長編小説も刊行されている。

トラペジウム

トラペジウム

 

小説の内容についてはよく知らないけれど、長編小説を書ける、ということだけで凄いし、amazonでの読者レビューも高評価。

最近のアイドルは、幅が広いんだなぁ…。オジさんびっくりだよw

ということで、いきなり、「このミス」っぽくない企画で始まっているのだけれど、それ以降のページは、同誌ならではの魅力に溢れている。

通常の年間ベストテン企画、作家たちの新作情報などに加えて、30周年ならではの特別企画が満載だ。

キング・オブ・キングスとして、昭和63年~平成29年の30年間の歴代1位を決める企画や、平成デビュー作家たち(有栖川有栖、桜庭一樹、深町秋生、天祢涼)による座談会があり、読み応え十分。

さらに、特別付録として、素晴らしいものが挟み込まれている。

昨年の2018年版では…。

誕生号がまるごと収録されていて、凄いなぁと思ったのだけれど、今回もそれに勝るとも劣らぬ特別付録。

f:id:ICHIZO:20181212051342j:plain

この30年間の歴代ベストテンを、一覧にまとめた冊子である。

僕は、創刊以来、全ての号を持っている*2から、ランキングはわかっているのだけれど、一連の作品を簡単に俯瞰できるのは実に便利だ。

一覧には、単なるランキングの表示だけではなく…。

f:id:ICHIZO:20181212052648j:plain
作品の文庫化などに伴う「最新刊行年」「最新版版元」情報や、「品切重版未定」「電子書籍(の有無)」も掲載されており、資料的価値が高い。

何しろ30年前からの作品が並んでいるため、古い年度のものは、品切、重版未定となっていたりするのだけれど、電子書籍では《有》となっていたりして、時代の流れを感じる。

僕は、リストを眺めながら、あらためて思った。

今年は…いや、今年こそ、これらのベスト作品たちを制覇したいなぁ、と。

今、この時は、例年にも増してつらい生活を送っているけれど、それが落ち着いたら、何とか。

f:id:ICHIZO:20181212051627j:plain

創刊30年分、31冊の「このミス」は、まさに壮観で、僕の永遠の宝物。

それらの書評を読み返しながら、未読の傑作たちを読むことができる、というのは、考えただけでもワクワクする。

2019年版の付録小冊子をチェックリストにして、ひとつひとつ、じっくりと読み進めていこう。

このミステリーがすごい! 2019年版

このミステリーがすごい! 2019年版

 

*1:2010年度版の「このミス」に、堺雅人の顔写真が、小さな丸いくりぬきで掲載されている。

*2:2年間だけ買い損ねてしまった年があったが、それも今年に入ってゲットした。


マラソン・ジョギングランキングへ