餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

イタリアムードの「ラ チッタデッラ」裏通りで、中国料理を味わう幸せ

スポンサーリンク

ビールに最強のお供が餃子であるということは、昨日決定した。

ただ、単に理屈をこねるだけじゃなく、実践的に証明することも必要。

僕は餃子ランナーだから、ランニングとセットで述べるべきなのだろうけれど、最近、残念ながら、アフターランの餃子とはご無沙汰だ。

ということで、今回は…。

このイベント後に堪能した、餃ビーについて書いてみることにしたい。

「ボヘミアン・ラプソディ」のライブ上映は、ランニングと同じぐらい、身体を熱くしてくれる。

立川での《プレモル&こだわり餃子》は、とにかく最高だったので、今回の川崎でも、同じような感動を味わいたかった。

僕は、クイーンライブに臨む前に、Webで調査を行ったところ…。

チネチッタのすぐ近くに、餃子の美味しい中国料理店があるという情報を入手。ならばこれは行くしかないではないか。

ライブ後、僕は、興奮冷めやらぬ思いを抱きながら、その店を目指した。

巨大シネコンであるチネチッタは…。

 

f:id:ICHIZO:20190205045912j:plain

ラ チッタデッラ

ラ チッタデッラと呼ばれる複合商業施設内にある。

今回、僕は、初めてここを訪れたのだけれど、ちょっと驚いた。

チネチッタを含む一帯が、洒落た街並のようになっていたからだ。

それもその筈、ここは《イタリアのヒルタウンをモチーフに作られたエンタテイメントの街》だった。

f:id:ICHIZO:20190205050654j:plain

以前のエントリーでも紹介させていただいたが、街全体はこんな感じ。

f:id:ICHIZO:20190205051032j:plain

チネチッタを出るとすぐに、イタリアのムードを堪能できるストリートもあった。

しかし、この日、僕が目指したのは《イタリア》ではなかった。

僕は、Googleマップの情報をもとに、その店を目指して歩く。

華やかな「ラ チッタデッラ」から、徒歩数分。

裏通りに出ると、そこは一気に日本っぽい(そもそも日本だってのw)情景に変わった。

飲食店などがあまりない、ちょっと寂しい通りだったため、「本当にこの通りなのだろうか…?」と思いながら見渡すと、すぐにその灯りが目に入った。

f:id:ICHIZO:20190205051923j:plain

見つけた!

店の名は、「中国料理 三鶴」

それほど立派な店構えではないけれど、食べログの情報では、地元民に大人気の店だと書かれていた。

「中華料理」ではなく、「中国料理」というところに、店の自信を感じさせる。

おそらくこの店は、《ラ チッタデッラ》などが生まれる前から、ずっとここにあって、そして、賑わってきたのだ。

f:id:ICHIZO:20190205052319j:plain

入口に掲げられていた、本日のオススメ。

いわゆる庶民的な中華料理店だったりすると、「麻婆豆腐」とか「回鍋肉」とか書かれていたりするが、それより、ちょっとゴージャスなムード(?)を感じる。

流石は《中国》料理店だ。

いや、僕は「麻婆豆腐」も好きだし、そもそも餃子を食べるのだから、高級である必要もないのだけれどw

入店。

f:id:ICHIZO:20190205052901j:plain

カウンターに案内されたので、とりあえずは、ビールを注文。

ライブで火照った身体には、清涼剤が必要だからだ。 

餃子を食べる前に、何で繋ごうかと、つらつら考えていると…。 

f:id:ICHIZO:20190205053111j:plain

店員の人が、《今日のオススメ》黒板を持ってきてくれた。

いやぁ、どれもこれも魅惑的だったけれど、餃子の前に食べるには、ちょっと重たい。

あえてここから選ぶなら、「ミミガーの香味和え」だろうが、あいにく、ミミガーは苦手。

ということで、通常メニューから選ぶことにした。

f:id:ICHIZO:20190205053315j:plain

各種前菜類の中から、「季節野菜の酢漬け」をチョイス。

あんまり中国料理っぽくない気もしたが、クラゲやピータンも苦手なので(苦手が多すぎ(^^;)仕方ない。

ほどなくすると、それが眼前にやってきた。

f:id:ICHIZO:20190205053505j:plain

ビールのアテに食べてみると、いやはや、これが実に美味しかった。

味付けも、歯ごたえも、絶妙。小品ながら、店の実力の高さを感じさせる料理だ。

これならば、他の料理も間違いなく美味しい筈。

僕は、そう確信し、いざ、メインメニューを注文することに決めた。

僕にとってのメインと言えば、もちろん…。

f:id:ICHIZO:20190205053806j:plain

焼餃子に決まっている。

そもそも、これを食べるために、この店を訪れたのだ。

価格は440円。他の料理群に比べて、なんだかとても安い。

そのため、焼餃子だけ注文するのは、ちょっと申し訳ないような気もしたが、そんなことでためらっていられない。

僕は、あとで色々注文しますから的なニュアンスを込めて、「まず、焼餃子をお願いします」と告げた。

f:id:ICHIZO:20190205054204j:plain

焼餃子注文後、店員さんが、僕の前に、これら一式を持ってきてくれた。

小瓶三種「辣油」「醤油」「酢」の前に置かれたのは、自家製の辣油で、これで食べるのがオススメとのこと。

僕は、ここが川崎であることから、定番の《かわさき餃子みそ》もリクエストした。

f:id:ICHIZO:20190127175451j:plain

店員さんはすぐに持ってきてくれたが、「うちの餃子にはあまりオススメじゃないんですけど…」と一言。

餃子に味がしっかりついているため、味噌とは合わないというのだ。

川崎の餃子店だから、仕方なく(?)常備はしているが、オススメはしない、と。

僕は、大いに期待が高まった。

店員さんがそこまで言うのだから、これは、間違いなく美味しい、絶品餃子に決まっている。

ということで、僕は、期待に胸を膨らませながら待っていると…。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ