餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

「初代iPhone SE」後継機バトル。「iPhone 12」5.4インチモデルの噂に、心乱れる「2代目iPhone SE」ユーザーの心境

スポンサーリンク

2代目iPhone SEは、僕の、2020年上半期ベストバイだ。

僕は、初代iPhone SEのデザインやサイズ感に心酔していたから、最初は、かなり戸惑いがあったが、もう慣れた。

今、あらためて初代iPhone SEを使ってみると、そのデザインやサイズ感はやっぱり素晴らしいと思うものの、「画面の狭さ」がどうしても気になってきた。

ひとたび、2代目の4.7インチディスプレイに慣れてしまうと、初代SEの4インチディスプレイで見る画面は、どうにも窮屈さを感じる。

だから僕は、2代目のiPhone SEがとにかく気に入った。

デザインもサイズも、初代SEからは大きく変わってしまったけれど、これはこれで、やっぱり最高のスマートフォンだと思ったのだ。

ところが…。

iPhone12の噂が流れ初めてからというもの、心は千々に乱れている。

iPhone12シリーズでは、再び、初代SEのような角張ったデザインに戻り、しかも、その5.4インチモデルは、2代目iPhone SEと同等サイズになるというではないか。

2代目SEでは、ディスプレイの上下にベゼルがあるけれど、iPhone 12はフルディスプレイになるため、液晶サイズの大型化とコンパクト化を両立したというのだ。

 僕は、「いやいや、それはまだ噂に過ぎない」「みんなの期待値が作り出した妄想だ」などと思いながら、見て見ぬ振りをしてきたが、無駄な抵抗だった。

気がつけば、iPhone12における5.4インチモデルの発売は、《ほぼ確定》と言えるような状況になってきたからである。

ただ、筐体サイズに関する情報は、若干揺れ動いているところもあった。

僕は、「なんだかんだで、結局2台目iPhone SEと同じか、それより若干大きくなるのではないか?」と思い、何とか心を静めてきた。

しかし…。

だんだんとリーク情報も固まってきて、僕の心は落ち着かなくなってくる。

iPhone 12の5.4インチモデルは、当初流れていた情報よりも、さらにコンパクト化されるという可能性が高くなり、なんと、2代目iPhone SEよりも小さくなるというのだ。

僕は、その噂だけでも目眩がしそうになったのだけれど、ついには、こんな比較画像まで出てきて、ノックアウト寸前。

f:id:ICHIZO:20200711031911p:plain

iPhone 12 Sizes Compared with iPhone SE, SE 2- MacRumors

うぉーっ。

初代SEのデザインを受け継ぎ*1、かつ、2代目SEよりも断然コンパクト。

それでいながら、液晶サイズは2代目SEよりも大きい。

僕は、この5.4インチiPhone12こそが、真の初代iPhoneSE後継機なのではないかと思えてきた。

ただ…。

iPhone12は、フルディスプレイになってしまうため、Touch IDモデルとは使い勝手が異なる。

また、コストパフォーマンスという点においても、2代目のiPhone SEは実に優秀。

その点においては、やはり、2代目SEこそが初代SEの後継なのだと考える人もいるだろう。

初代SEの後継機バトル、勃発だw

僕は、2代目のiPhone SEを買ったばかりだし、とにかく気に入っているので、今のところは、買い換えるつもりはない。

しかし、いざiPhone 12が噂通りのデザインで発表され、そのスペックやパフォーマンスなどを見てしまうと、我慢できるかどうか…。

*1:この比較画像では、初代SEライクには見えないのだけれど、実際はもっと初代SE的なデザインになると予想されている。


マラソン・ジョギングランキングへ