餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

iPhone SE(初代)→(第2世代)乗り換えに伴う、たったひとつの不満を解消する《簡易アクセス》機能の秀抜

スポンサーリンク

僕は、つい先週まで、初代iPhone SEのユーザーだった。

すべてを片手で操作できる、iPhone 5のコンパクトさに惚れ込み、iPhone 5S→iPhone SEと乗り換えてきたのだ。

僕は、iPhone 6以降、拡大してしまった筐体サイズを容認できなかった。

だから当然、iPhone X以降のフルモデルチェンジは、遠い世界の話。

年々、iPhoneシリーズがバージョンアップいく中で、初代SEユーザーの僕は、《置いてきぼり》状態だったが、それでもいいと思っていた。

何よりも、そのコンパクトなサイズ感が、他に代えがたいものと思っていたからだ。

初代iPhone SEの、とにかく素晴らしいところは、全てが片手で操作できること。

右手にすっぽり収まって、その画面全てに、親指ひとつで簡単にアクセスできる。

僕にとって、これが、唯一にして最大の、iPhone SEにこだわるメリットだった。

僕の手は、それほど大きくないため、iPhone 6以降のサイズだと、片手操作ができなくなってしまう。

だから僕は、これまで、初代iPhone SEにこだわり続けてきたと言っていい。

僕は、コンパクトなiPhone SEの後継機が出ることを、ずっと夢見続けてきたから、いざ、その第2世代が発表された時は、衝撃だった。

一瞬、これはiPhone SEじゃない!と思ったほどだ。

しかし僕は、ようやく気がついた。

iPhone SEは、《Special Edition》サイズだからSE…なのではないということに。

第2世代のiPhone SEは、iPhone 8の筐体に、最新のCPUと技術を詰め込んだ、まさにSpecial Edition。

それを知った時、僕は、ビビッときた。

これでもう、初代SEサイズのiPhoneが出ることは永遠にないと思ったため、乗り換えるなら早いほうがいい。

ということで…。

f:id:ICHIZO:20200424145751j:plain

「iPhone SE 第2世代」(PRODUCT)REDが届いた!…ので、まずは開封インプレッション

発売日にゲット!

以降僕は、その凄さ、素晴らしさに感動しまくっている。

それはそうだろう。

初代のiPhone SEが発売されたのは、もう4年も前。

僕は、4年間にわたって、iPhoneの進化を見送ってきたのだから、感動の連続になるのも当然だ。

初代iPhone SEと2代目iPhone SEは、単に《SE》というネーミングが共通なだけで、完全に別物だから、比較するのはナンセンス。

iPhone 8の強化版と言える2代目SEは、ほぼ全ての面において、初代を凌駕しているのだ。

ただ…。

初代SEを使い続け、こだわってきたユーザーとして、唯一、初代の方が優れていると思っていた部分があった。

それが、全てを片手の掌中で操作できる筐体サイズだ。

前述の通り、僕は、それが本当に気にいっていたので、だからこそ、4年間も使い続けてきた、と言っていい。

今回、2代目のiPhone SEを掌に抱えてみて、最初に思ったことは、「やっぱり片手操作はできなくなっちゃったなぁ…」ということだった。

掌の上でiPhoneを軽く動かせば、片手でできないことはないが、それはそれでやっぱりちょっとストレスに感じた。

ただそれも、大幅な機能アップに伴うトレードオフと考えれば、妥協すべき点だと思った。

しかし、ちょっと使っているうちに、その点も、ほぼストレスなく使うことができるようになり、僕は、さらに感激している。

その理由は…。

f:id:ICHIZO:20200430040742j:plain

iPhoneでタッチの設定を調整する - Apple サポート

「簡易アクセス」機能が利用できるようになったからだ。

AppleのWebサイトでは、face ID搭載モデルの画像とともに紹介されているが、ホームボタン搭載モデルでも利用可能。

具体的には、iPhone 6s以降の機種に搭載されており、2代目のSEも対象機種に含まれている。

f:id:ICHIZO:20200430041514j:plain

iPhone「設定」画面の《アクセシビリティ》機能のひとつになるが、デフォルトでは「オン」になっており、2代目SEの画面ではこのように案内されている。

f:id:ICHIZO:20200430041942j:plain

曰く…。

ホームボタンをダブルタップして、画面の上部を届く範囲に移動させることができます。

とのこと。

僕は最初、無意識にその操作を行って発見し、以降は、その便利さに痺れまくっている。

この機能があれば、片手で簡単に操作できるじゃないか!

例えば…Yahoo!ニュースの閲覧時。

f:id:ICHIZO:20200430043834j:plain

この一覧ページにアクセスし、個々の記事詳細を読みたくなったとしよう。

f:id:ICHIZO:20200430043919j:plain

一通りこの記事を読み、ニュースの一覧ページに戻りたい場合、左上の「Y!ニュース」部分をクリックする必要がある。

筐体が小さい、初代のiPhone SEならば、右手で持って親指操作が簡単にできるけれど、2代目SEでは(僕の場合)微妙に届かない。

しかしここで、ホームボタンを軽くダブルタップすれば…。

f:id:ICHIZO:20200430044521j:plain

指の届く範囲に下りてきてくれるので、片手操作も楽勝だ。

この例に限らない。

iPhoneの場合、画面の左上部分に「戻る」系の表示が出ているケースが多い。

そのため、親指の移動操作にはストレスがかかるのだけれど、画面を下げれば解決する。

この《簡易アクセス》機能は、iPhoneの全画面に対応しているので、メニュー画面のアイコンクリック時にも便利。

f:id:ICHIZO:20200430045209j:plain

上の方にあるアイコンのアプリを開きたい場合は、こうやって画面を下げれば、簡単にアクセスできる。

いやはや便利じゃないか。

iPhone 6s以降のユーザーにとっては、「今更何を言っているんだ」と冷笑されるかもしれない。

また、「ダブルタップするのが面倒だろ!」と思う人もいるかもしれない。

でも僕は、軽くダブルタップするだけでいいなら、ストレスに感じないし、今や、無意識で行っているので、その便利さだけを享受している。

こんな便利な機能が搭載されていたなら、筐体サイズにこだわらず、もっと早く乗り換えていても良かったと思っているほどw

でも…。結果的には乗り換えなくてよかった。

4年間も辛抱していたからこそ、最強コスパのiPhone SEで、4年分の進化を味わうことができるからだ。

いやぁ、本当に素晴らしい。


マラソン・ジョギングランキングへ