餃子ランナーは電子機器の夢を見るか?

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画や雑誌の話。言いたいことを言い捨てるブログ。

ランと餃子とデジタルガジェット。ときどき、映画やクイーンの話。言いたいことを言い捨てるブログ。

スポンサーリンク

僕がモバイルバッテリーを買い換えた理由

スポンサーリンク

2代目iPhone SEは、その価格を考えれば、実に優秀なスマートフォンだ。

iPhone 8の筐体を流用しているため、一昔前のデザインであることは否めないが、その頭脳は最新だから、日常的な利用においては、十分に活用できる。

ただ…。

そんなiPhone SEにも弱点はある。

バッテリーがもたないことだ。

筐体サイズがコンパクトだから仕方がないとは思うのだけれど、バッテリーの大容量化が進んでいる中で、1,821mAhという容量はいかにも少ない。

僕は、ゲームや動画鑑賞などは全く行わないのだけれど、それでも、丸1日もつかもたないか、といったところだから、やっぱりどうにも不安だ。

ということで、必然的に、モバイルバッテリーは手放せないことになる。

僕は、いくつかモバイルバッテリーを持っているが、主に使っているのは、これ。 

かつて、はてなブログお題キャンペーンの賞品として、はてな事務局からプレゼントされたもので、長い間気に入って使ってきた。

ただ、最近は、色々と面倒に感じることが出てきた。

僕は、毎日、通勤時に、このモバイルバッテリーを持ち歩いているが、勤務時間中は、これでiPhoneやBlackBerryを充電し続けているため、必然的に毎日その容量は減る。

気がつくと、モバイルバッテリーの容量がなくなりそうになって、焦ったことがあった。

ということで、毎日、帰宅後に、このバッテリーも充電を行っているのだけれど、その際、悩ましい事態が発生する。

このバッテリーを、ケーブルでAC充電器に繋がなければいけない、ということだ。

バッテリを充電するために、いちいちAC充電器やケーブルを準備しなければいけないというのが、なんだか馬鹿馬鹿しく思えてきたのである。

iPhone SEの方は、Qi急速ワイヤレス充電に対応しているから、そんな手間はいらない。

このように、ワイヤレス充電器にポンと置くだけで済むため、尚更だ。

いや。自宅での対応ならば、まだいい。

例えば、旅行や出張などの場合を考えると、僕はちょっと憂鬱になってきた。

出先でPhone SEを快適に使うためには、以下のものが必要になってくるからだ。

  • iPhone SE
  • モバイルバッテリー
  • ライトニングケーブル
  • モバイルバッテリー充電用ケーブル
  • AC充電器

僕の場合、その他にいくつかスマホを持って行くので、そのぶんだけケーブルの数が増える。

できれば今後は、そういった煩雑さをなくしていきたい。

ということで…。

僕は、これを買おうと思った。

f:id:ICHIZO:20200712181341j:plain

Anker PowerCore Fusion 5000 (モバイルバッテリー 搭載 USB充電器 5000mAh) 

モバイラーの人にとっては、「今更何を言ってるんだ」と笑われそうな、超ベストセラー商品。

その名も、Anker PowerCore Fusion 5000だ。

バッテリーの筐体に折りたたみ式プラグを内蔵しているため、ケーブルなしで、そのままバッテリーを充電。しかも、USB充電器としても使えるという優れものである。

これさえあれば、AC充電器とモバイルバッテリーを繋ぐという作業が不要になるため、そのぶん、省力化とケーブルレスが実現する。

同種のバッテリーは、他にも多数出ているが、なんと言ってもこの商品は、信頼できるAnker社製だから、これを買っておけば《無難》だと思った。

しかし…。

僕は結果的にこれを選択しなかった。

折角、iPhone SEを購入したのだから、iPhone SEの特徴を「より生かすことのできる」バッテリーを選びたかったのだ。

ということで、僕は、その条件を満たすバッテリをゲットした。

(以下、続く。)


マラソン・ジョギングランキングへ